FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクッと白根山

_1360830-2.jpg
日光白根山山頂から中禅寺湖を望む



ヨットレースの翌日、白根山に登ってきました。


2018年6月25日(月)



前日の忘れ物を探しに、ボートハウスに寄ったりして、時間もあまり取れなかったので、
今回は丸沼高原ロープウェイから (笑) 
帰りの電車の都合で、菖蒲への帰宅予定時間は午後3時です。
_1360669.jpg
菖蒲からだと、正味35分くらいの丸沼高原、駅に行くのと同じくらいの時間で到着、
なので、近い~



天気は昼近くから晴れそう、ということで期待して歩き出します。
_1360677.jpg



_1360685.jpg

_1360695.jpg

_1360699.jpg

P1360727.jpg

P1360734.jpg



砂礫帯へ、足元が歩きにくい~
_1360740.jpg


_1360745.jpg


_1360750.jpg


_1360753.jpg


_1360757.jpg


_1360758.jpg


一番端の岩峰に着きました。 
_1360765.jpg


_1360768.jpg


久しぶりに山頂写真  前回、白根山に登ったのはいつだったかなぁ・・・・
_1360776.jpg



日光連山ももやもや~っと。
_1360793.jpg



五色沼と前白根山。
_1360804.jpg



_1360830.jpg



丸沼、菅沼、弥陀ヶ池と 並んで見えるのが好きです。
_1360859.jpg



岩峰の向こうに、ロープウェイ山頂駅
_1360880.jpg



こちら側の景観が好きなので、弥陀ヶ池の方へ下ります。
_1360888.jpg


_1360890.jpg


_1360897.jpg



途中から振り返る。
_1360901.jpg



五色沼と弥陀ヶ池が両方見えるポイント。 でも、広角レンズでないと入りません。
_1360907.jpg


弥陀ヶ池分岐から、今日は行ったことのない座禅山の方へ。
と、なんと火口があるんですね! 木々に覆われていて、写真ではうまく撮れませんでしたが、
こんな穏やかな山容に、急に開いた深い穴、びっくりです。
_1360931.jpg



山頂にはたくさんいた人も、ほとんどはロープウェイ直行ピストンか、あるいは菅沼へ下り、
座禅山に来る人は皆無、静かな山道で、とってもいい感じでした。
_1360934.jpg




だいぶ下まで降りてきて、あれ?人が来るのかな? と思ったら、鹿さん、
熊でなくてよかったけど・・・・ 
_1360937.jpg


まだ子供みたいで、こちらが写真を撮っていると、どんどん近づいてくる~
4mほどまで近づいてきて、どうするの?と思っていたら、のんびりと脇の方へ登っていきました。


_1360946.jpg



あとは、森林浴をしながら、終了~
_1360961.jpg


_1360962.jpg


_1360968.jpg



山頂駅ロックガーデン、午後になり、やっと晴れ渡ってきました。 残念!
_1360966.jpg


と、向こうに、真新しいウッドデッキが見える、なんだろう? カフェでした!
_1360975.jpg


せっかくなので、こちらのカフェで、白根山を見ながら休憩~
_1360980.jpg


_1360988.jpg


_1360993.jpg


あまり気合を入れなくても、サクッと登ってこられました。
おまけにオープンしたばかりのカフェで、のんびりタイムも取れて、満足~


さぁ、帰らないと。

スポンサーサイト

初ワールドカップ? 天空レガッタ開催

_1360464.jpg

天空レガッタ 13 / 14 戦が開催されました。

2018年6月24日


_1360620-2.jpg
天空の湖に浮かぶ、カラフルな aqu@muse




レガッタ参加のために、菖蒲ヶ浜から出航する2艇、
夫っとと友人のS氏艇です。
_1360375.jpg


前日の雨に洗い流されて、この日はさわやかな空となりました。
_1360376.jpg


この日は、フランス製のヨット、TIWALの参戦とあって、観戦するのが楽しみ~


ボートハウスに着いてみると・・・・・・


す!、すごい!! これがTIWAL、かっこいいですねぇ
_1360387.jpg


そして、いつのも場所には、われらが aqu@muse  が並んでいます。
今日は青い空に白い帆が映える~!!
_1360395.jpg



スキッパーズミーティングが始まりました。
_1360405.jpg



今日は 天空レガッタの13/14戦ですが、いつもの aqu@muse メンバーに加えて・・・・
_1360403.jpg


フランス製ヨット TIWAL隊 との親善試合、となりました。 
_1360416.jpg



今年、男体山ヨットクラブJr. として正式に発足したクラブ、
なんと今日は初の国際親善試合‼



JR東日本のCMに登場したり、先日はNHKの取材を受けたり、と、
確実に広がりを見せているクラブですが、今日はまた楽しくなりそう~



ボートハウス前を出航して、ブイを廻り、3周して戻ります。
_1360453.jpg



ワタチも乗れるのかなぁ・・・・・ と エコロちゃん。
_1360450.jpg



素敵な青空となりました。
_1360466.jpg



みなさん、準備に余念がありません。
_1360467.jpg



こちらは TIWAL 隊
_1360469.jpg


おしゃれなテントも設営してありました。 さすがです。
_1360470.jpg


_1360534.jpg



11時スタートに備えています。
_1360471.jpg



出航前の記念撮影~
_1360487.jpg



恥ずかしがりやさんです。
_1360490.jpg


かっこいい!
_1360499.jpg


貫禄十分!
_1360575-2.jpg



こちらも素敵!
_1360523-2.jpg



TIWAL 隊 と NYC
_1360524.jpg



エコロちゃんはどうやらお留守番。
_1360535.jpg



スタートは湖上からなので、出発のホーンが鳴るまで・・・・
みなさんそれぞれ待機~
_1360564.jpg



こちらは移動して・・・・
_1360586.jpg




ボートハウスのテラスから観戦することにしましょう。
全艇が岸を離れました。
_1360589.jpg



湖上で待機もなかなか大変
_1360599.jpg



_1360600.jpg



この黄色のブイと、もう少し向こうにあるブイの間を通って、スタートとなります。
_1360601.jpg



_1360605.jpg



ホーンが鳴って、スタートしています。
_1360612.jpg


おお~、なかなかきれい! みなさんは必死でしょうが、見ていると楽しい~
_1360615.jpg


aqu@muse の船体は カラフルできれい!
_1360620.jpg



観光船との間合いもOK 
観光船から見て、男体山をバックにたくさんのヨットが浮かぶさまは 絵になるはず。
_1360630.jpg


さて、沖合のブイを廻り、岸辺のブイめがけて、戻ってきました~
_1360634.jpg


先頭は aqu@muse www!!
大差をつけて TIWAL  その後ろに 6艘ほどの aqu@muse
_1360635.jpg


慎重に・・・・
_1360636.jpg



そして見事にターン!
_1360637.jpg


二番手の TIWAL、手を振っています。
_1360639.jpg


三番手は 6艇が団子状態。
_1360641.jpg



二番手のTIWALがターンします。 お見事!
_1360642.jpg



続いて、 aqu@muse 6艇も
_1360644.jpg



その後も続々と
_1360646.jpg



ブイを廻っていきました。
_1360652.jpg



_1360653.jpg


ここまで見届けて、私はSさんの奥様と、片品村へドライブへ。
_1360659.jpg


今季初出艇のSさん、頑張って なんと「敢闘賞」 をいただいたそうです。
夫っと は??(笑) でも、びりではなかったから良いでしょう。



TIWAL隊も、みなさんとても楽しんでいらして、またレースをしましょう!という約束をされたとか。
fc2blog_20180628011927682.jpg


ますます発展しそうな勢いの NYC(男体山ヨットクラブJr.)、楽しい一日となりました。

男体山2018

_1360195-2.jpg
男体山山頂の大劔


2018年6月14日 男体山



麓に住まいを構えてから、まだ2回しか登っていない男体山、
神様の山でもあり日光の象徴ですが、なんとなく登山には縁遠い存在でした。


週末は混んで駐車もままならない、というのをいつも目にしていたので、
平日のこの日、梅雨のさなかながら 天気が良さそうなので、行ってきました。


その前日、お友達の晴れさんご夫妻が 奥日光でウェディングフォトを撮るという素敵な一日、
私も是非見てみたい、と思いながらも、どうしても都合がつかず、夕方日光に到着・・・・
でも、もしや? と金谷ボートハウスに近づくと、駐車場に一台だけポツンと、
見覚えのある車が・・・・ 


やっぱり晴れさんたちご一行でした。


わぁ、間に合った~ (((o(*゚▽゚*)o)))


ということで、ほんの15分ほどでしたが、湖畔の夕景をバックに
プロの撮影を見学させていただきました。 感激しました!!
また何かのご縁がありましたら、お近づきになりたいです。



さて、翌日朝、見上げる男体山はすっきりと晴れています。 さぁ、頑張ろう。
_1360069.jpg



麓からほぼ直登なので、きついながらもどんどん高度は稼げます。
樹林の間から中禅寺湖が見えてくると、嬉しい!
_1360076.jpg



上野島と社山
_1360093.jpg



4~5合目あたりに来ると、花が終わったシロヤシオの代わりにドウダンツツジ
_1360096.jpg



花もいいけど、やっぱり展望第一の私です。
手前の桟橋は、船の駅中禅寺、向こう側は立木観音の桟橋と、歌ヶ浜
_1360114.jpg




山の稜線に白く見えるのは、半月山スカイラインの第一展望台です。
_1360116.jpg



登山路は観音薙を直登するので、大岩がゴロゴロした急傾斜ばかり、
苦しいけれど、どんどん登って9合目を過ぎると、火山礫ザクザクの道
このあたりから 景色が良すぎて嬉しくて、立ち止まってばかり。
レンズを広角に替えました。
_1360131.jpg
それまで、中宮祠の町の方が見えていたけど、このあたりから、
千手ヶ浜の方が見えてきます。 
白い千手ヶ浜と 遠くに皇海山


千手ヶ浜と右には戦場ケ原、その上には日光白根山
中禅寺湖と戦場ケ原の高さの違いがよくわかります。
_1360140.jpg


登りにくい砂礫・・・・
_1360150.jpg


華厳渓谷の方から雲が押し寄せる・・・・
_1360154.jpg


ようやく山頂です。
_1360157.jpg


到着~  まずはお詣りをしました。
_1360158-2.jpg


二荒山大神
_1360160.jpg


雲の上にいる実感
_1360169.jpg


太郎山の方が見えてきました。
光徳アストリアホテルと光徳牧場、光徳の林は広大だなぁ・・・・
遠くに燧ケ岳の双耳峰と、そのずっと右手に白くなだらかな会津駒
_1360180.jpg



大劔に行ってみよう
_1360184.jpg



大劔はピッカピカです。
_1360195.jpg
麓の中宮祠の学校のあるあたりから、この劔が見えて、キラキラ光っていました。
なかなか見られなくて、見えた時には、感激したものです。



雲海に見ほれるお兄さんをモデルにして、
_1360212.jpg



何枚も何枚も・・・・
_1360228.jpg



やっぱりこういうのが好きだなぁ・・・・
_1360246.jpg



_1360254.jpg



太郎山に大きな雲の影
_1360257.jpg



千手ヶ浜のアップ  奥に見えるのは西ノ湖でしょうか。
手前の赤い屋根は、旧プリンスホテルです。 桟橋も見えます。
_1360259.jpg


山頂はほどよい風が吹き、暑くもなく寒くもなく、心地よい晴れでした。
居心地よく、景色も最高、写真もたくさん撮って、昼寝でもしたくなるほどですが、
下りが待ってる・・・・・


登ったら、降りる、当たり前だけど、下りは気を付けないとね。 
特に今日は単独行、転ばないように、ゆっくり下りましょう。


_1360279.jpg



ゴツゴツの溶岩と雲と眼下の中禅寺湖
_1360283.jpg



いいなぁ、好きだなぁ、と写真を撮り、後で見たら、レンズにゴミ・・・・・ Σ(゚д゚|||)
_1360289.jpg


ゴミ・・・・ 
だけど、渓谷の方から上ってくる雲が、この男体山で押しとどめられているのがよくわかります。
_1360295.jpg



中宮祠の町が雨や曇りでも、奥日光戦場ケ原は晴れている、
今日もそんなお天気です。
_1360298.jpg



樹林帯に入り、歩きにくく急な観音薙をひたすら下る。
さすがに標高差1200mは長い、もう飽きたよ~疲れたよ~
普段痛くならないスネまでちょっと痛くなってきたころ、
5合目あたりに可愛いドウダンツツジ、



たくさん撮っていたけれど、誰も足を止めません。
_1360319.jpg



こんなに可愛く咲いているのに、もっと見てやって~
_1360318.jpg



さらにずっと下りは続き、やっと四合目を過ぎて、林道の途中に
一本だけのヤマツツジ
_1360342.jpg



登拝門に到着しました。
_1360346.jpg



山頂はもう雲に隠れ気味でした。
_1360350.jpg



無事に登ってこられたことを感謝して、本日は終了です。






蓼科山は怖いか

_1350799.jpg
大河原峠から見た佐久平の雲海


2018年6月9日(土曜日) 蓼科山周回



梅雨入りしましたが、なんとか土曜日は晴れそう、
いつものようにトレッキングさんと、北八の蓼科山に行ってきました。
_1350804.jpg



大河原峠から入山します。
佐久インターからずっと山道を登り、別荘地など景観がよい大河原峠、
ずっと以前、もう40年以上前ですが、白樺湖に泊まり、蓼科山に登った??? 記憶が・・・
大河原峠の名前も記憶していたけど、いったいどこから上ったのかな?
記憶をたどる登山となりました。


蓼科山もそうだけど、双子池や天祥寺ヶ原も廻ったらしい・・・・
その時、蓼科山を右手に見て

山が「にやりと笑っているような・・・・怖いし気持ち悪い・・・・」  という記憶がありました。

さぁ、その道はどこなんだろう?



北八の苔の森、でもないけれど、樹林帯の中は、いい感じです。
_1350819.jpg


少し明るくなってくると、縞枯れ現象を見られるあたり
_1350832.jpg


おおお!!、南八ヶ岳だ!!
手前の大きなのは、北横岳です。
_1350836.jpg


正面の阿弥陀岳から左に、中岳、赤岳、横岳、硫黄岳の火口に雲がかかってる~
その手前の耳のようなのは、天狗岳の西と東でしょうか。
ここも行ってみたいな。
_1350838.jpg



蓼科山荘を過ぎると、いよいよ円錐形の蓼科山に登ります。
ここは火山なので、岩だらけ、しかもずっと急傾斜・・・・
_1350845.jpg



ストックをしまい、手も使ってよじ登る感じ  なかなか急ですね。
_1350849.jpg



山頂に近づくと、ミネザクラが咲いてた~
そのほか、シャクナゲもありました。
_1350859.jpg

_1350867.jpg


山頂ヒュッテに到着です。 
_1350872.jpg


少しガスってきましたが、トレッキングさんにポーズをとってもらいました。
_1350887.jpg


蓼科山頂はプリンのような形、火口は凹んでいますが、それが全部岩岩、また岩~ 
_1350902.jpg


_1350909.jpg


残念ながらガスっていて展望はありませんが、ふもとの白樺湖が見えた!
天気が良ければ、北アルプスも見えるはず・・・・
_1350915.jpg


でも、時々南八ヶ岳が見える~ !! やっぱり嬉しい。
_1350926.jpg
山頂らしい山頂のない蓼科山ですが、標高は高くて2530m。
なんと男体山(2486m)よりも高いのですね。



山頂の岩場には、コイワカガミがたくさん咲いていました。
_1350920.jpg



蓼科山は登山口が複数ありますが、まずは大河原峠、
女神湖の方から入る七合目登山口、
そして、蓼科高原やピラタスに通じる道路のスズラン峠の三か所です。
夫っとにラインして聞いてみたら・・・・・


どうやら40数年前は、白樺湖からバスでスズラン峠まで行き、そこから登山したらしい・・・・・
ということがわかりました。 


でも、蓼科山を右手に見て歩いた記憶は???


とにかく山頂から下り、天祥寺ヶ原に出ることにしましょう。
昼近くなる時間ながら、どんどんと登ってくる人がいます。
ここまで多いとはびっくり。


再びミネザクラ、
_1350930.jpg



蓼科山中腹にある蓼科山荘から分岐して、北横岳との間に向けて下ります。

と、周囲にあれほどいた人が全然降りてこない!! 誰一人いない!!?? 
ルートは間違っていませんが・・・・ そのうち、枯れた沢を下り、歩きにくいことこの上なし。

「もう二度と来ないっ!!」  とトレッキングさんが言うほど、嫌な歩きにくい道でしたが、
始まれば終わりもかならずあるわけで(笑) 

やっとのことで、鞍部まで出てきました。 時間的には短いけれど、本当に嫌な道でした。

_1350943.jpg


天祥寺ヶ原   ここはなかなか気持ちが良い笹原です。
_1350953.jpg



後ろを振り向くと!
_1350946.jpg
蓼科山どぉ~ん、
でたなぁ、!


まだ覗いている・・・・蓼科山の坊主頭。
ここだ!この道、
_1350959.jpg



この先は、亀甲池を経由して、双子池に向かいます。
大昔の私は、蓼科山山頂から、大河原峠に下り、双子池からこの道を通り、
右手に見える蓼科山にビクビクしながら、スズラン峠に向かった、と判明しました!
かなり長い周回コースです。


左手には北横岳が大きく迫り、右手には坊主頭の蓼科山、大きな山に挟まれた、
つまり閉塞感のあるところが嫌だったのではないか? 
北横岳の記憶はないのに、坊主が怖かったのは、その形もあるかもしれません。


これはずっとあとに、奥日光の涸沼でも同じ経験をしました(笑)
涸沼は、後ろに三岳と、目の前には於呂俱羅岳がどぉ~んと迫った地形です。
この天祥寺ヶ原に酷似しています。



昔のルートがわかってすっきり。
亀甲池です。
_1350967.jpg
 


そして北八らしい森を通り抜けると、美しい双子池に出ました。
_1350978.jpg
ここはキャンプのできる雌池



そして隣の雄池は、なんと飲用できるそうです。 驚きました。
_1350998.jpg
透き通っていてきれいな湖水でした。


双子池からは、最後の登り、双子山、この山頂もなかなか捨てがたいです。
_1360003.jpg


双子山から、北横と坊主の蓼科山の鞍部を見ながら、
_1360005.jpg


大河原峠に出てきました。
_1360023.jpg


休憩も入れて9時間半かかりましたが、なかなかいい周回コースでした。


このあとは、トレッキングさんおススメの、佐久の「見晴らしの湯」で温泉と夕食を。
高速道路から見える高台の施設、なんだろう??と思っていましたが、
なんと温泉施設でした。
新しくてとてもきれい、天気がよければ、文字通り みはらしが出来る場所にありました。


楽しい一日となりました。



新潟へ小旅行

_1350444.jpg
清津峡 



夫っとと新潟へ小旅行してきました。
2018年5月28日~29日

とりあえず行ってみてから行き先を決める いい加減旅行です。



小出の宿の手前から見た巻機山
_1350266.jpg
大昔登りましたが、記憶はあいまい・・・・・


翌日、八海山ロープウェイに向かう。
_1350308.jpg
八海山といえば、有名な日本酒です。
間近で見るのは初めて、岩場がすごそう・・・・・


ロープウェイ山頂駅 ・ 絶景のテラス
正面は苗場山辺りらしいけど、かすんでいて見えません。
_1350356.jpg
ここはスキー場のロープウェイですが、見下ろした斜面は激急傾斜
これはとても滑れないなぁ



お昼を食べてから、清津峡へ。 渓谷に沿って掘られているトンネル
吸い込まれそう
_1350401.jpg



途中、繰りぬかれている展望所が数か所、
見事な柱状節理の岩盤
_1350416.jpg


第二展望所 ・ このステンレス製の建物はなんとトイレでした
_1350428.jpg



第三展望所を過ぎて・・・・・
_1350430.jpg



最深部までくると、こんなものが眼前に・・・・
_1350455.jpg
不思議系が大好きな私は、大興奮 (=゚ω゚)ノ



周りはぐるりと通路になってます。
_1350446.jpg



通路以外はひたひたに水が張ったプールになっていて
_1350495.jpg




見事な水鏡
_1350516.jpg


ごくごく浅いプールなので、靴を脱いで入ることもできますが、
いったん入ると水の波紋が収まるまで時間がかかりそう・・・・
夫っとに 「入ってくれ」 と頼むも、却下されました・・・・・・



見下ろした渓谷
_1350556.jpg



出口までやってきました
_1350562.jpg


トンネル施設は一部はまだ工事中でしたが、7月下旬に完成だそうで
観光地ですが、なかなか面白い清津峡でした。






プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。