GW始まり〜

与那国島から、5人が帰省してきました〜

写真は我が家の玄関に横付けされたリムジンバス、



では、なくて、😁笑笑
近くの東京ドームホテルに着いた所。
サプライズお迎え〜でした。


私のマンションに着いた時、まず、迎えに行ったGAKUが現れ、
その次に、ちょっと大きい、よく似た(同じ顔?)KUNI が現れ、
ちょっと小さい YUUSAKU が 現れ、
よく似た顔がづらづらっと。



夕方には HANA、YUI も帰ってきて、
なんと12人の夕食でした。



顔交換ソフトで遊ぶ6人、みんなおおきくなった!




3年の KUNI と、1年の HINAは 1〜2日は平日だけど、
学校をお休みして来ました。
そうしないと来られないからね。



それを知った HANA たち、

「ズルすぎる〜」

と、大騒ぎ、、 まぁ、今日は学校に行ってください、


与那国組は、97歳の ひいばあちゃんを訪ねて来ます。



今年のさくら

_DSC6369.jpg



日光で、啓翁さくらの鉢植えを買ってきました。
このところの陽気で、早くも咲いています。 
部屋の中が一気に春!!



_DSC6381.jpg







おまけ
HANA と YUI が作ってきたプチケーキ、 可愛いもの扱いで一緒に。
_DSC6343.jpg


久しぶりに都会へ

fc2blog_20161201141539ca4.jpg
ダリ展



うかうかしていたので、もうそろそろ終わりそう、慌てて「ダリ展」を見て来ました。

この日は午後から病院の診察日、ちょうど良いので午前中に行ってこよう!
だけど、国立新美術館ってどこ? と調べたら、六本木でした。

慣れない場所に降り立つと、あれ? 以前に来た フジフイルムスクェアがありました。
ちょっと覗くと、牛腸茂雄さんの写真展、後でゆっくり見ることにして、まずはダリ展へ。


fc2blog_201612011416142db.jpg

きれいなところですね〜

fc2blog_20161201141646715.jpg


fc2blog_20161201141833b5c.jpg


人気のあるダリ、平日だというのにかなりの混雑です。
今回は、展示数がとても多く、ごく初期の ダリとは思えないものから、
たくさん展示してあり、映画「アンダルシアの犬」も上映されていて、
ざっくり見て回るだけで、時間が来てしまいましたが、
見応え十分でした。 恒例の絵葉書を数枚買って、今回はおしまい。


fc2blog_20161201141724ea6.jpg

fc2blog_20161201141753987.jpg

なかなか楽しかったー


六本木駅までブラブラ
fc2blog_20161201141926df4.jpg
バーニーズの向かいはミッドタウンです。


フジフイルムスクェアで、写真展も見て来ました。
バラの花壇やアーチなどの写真展もやっていたけど、あまり興味なし。
お隣で、牛腸茂雄さんの写真展が、ひっそりと開かれていました。


何気ない街、ごく普通の人々、優しい眼差しを感じる写真、
才能がありながらも、胸椎カリエスという病を背負い、36歳で急逝されたそうです。
人は死んでも、作品は残るのだな、と、何となくまた、意欲も湧いて来て…


まぁ、趣味レベルの私だから、全部捨てられてしまいそうですが。笑


外に出たら、クリスマスツリー

fc2blog_201612011420056ec.jpg

大都会のクリスマス

fc2blog_201612011420298cb.jpg


人だかりがしているなと思ったら、赤い二階建てのロンドンバス!
fc2blog_20161201142101287.jpg
バスの制服を着た美男美女の外国人クルー(と言うのかな?)が、談笑してました。
何かのイベントだと思うけど、このモダンな街でも、ロンドンバスは似合っていました。



たまには都会に出るのもいいな、と思った日。



この名前は?

開運、楊貴妃、冬の谷、未開紅、花座輪、八重松島、


なんだろう?  と思うあなた!
梅、ですよ、梅の花です。

もう、紅白やら八重かどうか、枝垂れ?なんて言ってる場合ではない!

全部が梅の種類なんです、が、素人にはせいぜい、色や形の違いしかわからない~。

本当に久しぶりですが、小石川植物園へ行ってきました。なにせ、この体(笑)  
なんともない足までなんとなくヨロヨロしてます、私。


お散歩しないといけないね、という事で、歩いて20分、久しぶりの、小石川植物園は梅がたくさん咲いていました。


くぅ~、ほぼ片手での iPhoneカメラ操作はきつい!



こちらは珍し目の しだれ梅、下の写真がその名前です。



名前がすでに読めず、  と、や、で、の、たか? 









晴れの予報が、なかなか晴れなかったけど、着いた頃は青空
まだまだつぼみも多いので、ずっと楽しめそうです。



あら、
ピンボケ(笑) iPhoneを上に向けて撮るのが大変なんじゃ。












椿は季節柄たくさん、冬の椿を見ると、決まって、近松心中物語の舞台を思い出す。
 
年を取る、と言うことは、いろんな場面で思い出す引き出しが多くなることなんだなぁ、と思ったり。


こんなところも好きだけど、全然、うまく撮れないな~  

あっちが切れたり、こっちが足らなかったり。 今回は勘弁。


帰りは路線バス、一時間に2本しかない超ローカル路線で。
そしたら、一時間に3本のコミュニティバスが、利用したいところを通っているのをあとで発見、
料金は半額の100円。
普段は自転車なので、その存在しか知らなかったけど、いろいろ発見もあるものです。
さっそく、路線図や時刻表をもらってこよう。
もちろん、ネットでも見られますが、紙を広げて一度に全部見る、といういうのもいいものです。





丸の内・昼と夜

母方のいとこ会を企画していただいたので、久しぶりに丸の内に出かけて来ました。


2月に母方の叔母さんが亡くなり、葬儀やその後の法事で 久しぶりにいとこたちと顔を合わす機会があって、
それでは、たまには 「いとこ会」 をやりましょう、と H君が企画してくださいました。


叔母さんの百か日忌のために、バンコクからT君が帰国するので、決まったこの日、
丸ビルの魚料理屋さんが会場です。
_DSC7425.jpg


総勢8名、初めから和気藹々、幹事のH君の人柄そのものの、明るく楽しく、にぎやかに~
_DSC7438.jpg
子供のころの記憶を共有してるって、すごい!
自分が忘れていたり、知らなかったりしている事がポンポンと出てきて、盛り上がる盛り上がる~


少しずつ年を取るにしたがって、親にますます似てくるのが面白い~(笑)
あ、叔父さんにそっくりだ~とかね、 私もそう思われているのかな? 


大笑いしながら、会もお開きになりました。


丸ビルの吹き抜け
_DSC7441.jpg


ひさしぶりに きれいな所に来たので、ドキドキです。 
_DSC7443.jpg


会場を出てから、東京駅舎の見物へ
_DSC7475.jpg
まさか、夜にもこの光景をみることになるとは!


すっかり夏支度の東京、暑いはずです、30度を超えています。
_DSC7479.jpg


暑さにも負けない、ノリノリのいとこたちです。
_DSC7469.jpg



すぐそばの中央郵便局、「KITTE」のビルに入りました。
6階屋上のカフェ
_DSC7487.jpg


_DSC7497.jpg


このテラスからは、駅舎と人がジオラマのように見えました。
_DSC7517.jpg



駅舎ごしには、線路や新幹線も見えるビューポイントです。
_DSC7489.jpg



ここでも記念写真~(笑)
_DSC7508.jpg



時刻はすでに4時半、笑い過ぎたからか、なんとなく小腹が空いてきて~、
それなら、と、5時まで待って、またお店に入り、二次会となりました。
KITTE ビル内の、もつ鍋屋で、7時前まで大騒ぎ(笑)



KITTEビルも、きれいな所です。
_DSC7524.jpg

_DSC7527.jpg

_DSC7528.jpg



やっぱり夜の散歩に行ってしまうよね
_DSC7536.jpg



丸の内の夕暮れ
_DSC7545.jpg



そしてまたここに(笑)
_DSC7576.jpg
夜の方がずっときれい



二重橋方面
_DSC7592.jpg



夜の手持ち撮影は・・・・・ちょっと厳しいです・・・・・
_DSC7580.jpg



ひさしぶりの街歩き、それも大好きな夜景
_DSC7587.jpg

_DSC7598.jpg

_DSC7599.jpg
楽しくて、時間を忘れそう・・・・・




さぁ、そろそろ本当に解散しますか~(笑)
_DSC7608.jpg



幹事役のH君、本当にありがとうございました。
おかげで、楽しい一日となりました。
また、企画してくださいね~


ところで、この日、解散後の20時半前、大きな地震に見舞われました。
東京は震度4、かなりの横揺れとなり、帰宅していた私は、おもわずものにつかまった・・・・


みんなまだ帰宅途上だったので、駅でかなり待たされたりもあったようですが、
その時間、高層ビルにいなくて良かった~
みな、ご無事でなによりでした。




プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ