志津峠から男体山

_1260736.jpg二荒山大神が見つめる空



男体山の登山口は、言うまでもなく二荒山神社ですが、
もう一つ、裏男体林道からも登山道があります。  
数年前に、登山口の志津峠に車の乗り入れが出来なくなって
入山する人は、ぐっと少なくなりました。


裏男体林道は、途中に設置された駐車場までしか入れず、その先は志津峠まで
一時間半あまり、延々と林道を歩きます。
林道歩きは、どこの山でもあるし、一時間半が特別長いわけでもないのですが、
やはり、きちんとご祈祷を受けたお守りをいただいて、登拝門から入山する、という神様のお山、
裏から登る、というのは、いけない事なのでしょうか?


男体山の麓に住んでいる私ですが、今までなぜか男体山には一回しか登ったことがない、
それも、ヘロヘロになった記憶、ただ、登るにつれ、中禅寺湖の素晴らしいパノラマが
背後に広がってくるのは、とても感動的なものでした。


さすがは神様の山・・・・・・・ でも・・・・・・・反対側からの景色はどうなのだろう? と
次はなんとか志津峠から登ってみたいものだと思っていました。


一日中、梅雨の大雨が降り続いた翌日、どうやら曇りの日が約束されました。
ただ・・・・・ 風が強いらしい・・・・・ 風速12m? てんくらは当然  「C」 


そんな日でしたが、トレッキングさんをお誘いして、行ってきました。


2017年7月2日(日) 志津峠から男体山


表に対しての裏、裏口・・・ なんだかマイナスイメージが付きまといますが、
表があまりにも華々しいので、それも仕方ないか、だけど、あえて、 とは言いたくなくて、
志津峠から、と 言ってみました。


三本松に集合した時は、かなりの雨、だけど、雲の動きは早く、見た目にも流れている、
時折、穴のような青空も見える、それにこの後、雨はやみ、一日天気は持つ、という予報を信じて、
とりあえず、梵字飯場跡まで行ってみると、不思議なことに雨は降っていませんでした。


まずは一時間半の林道歩きから始まります。 地味にゆるい林道を登って行くのも
案外きつく感じられる頃、やっと志津峠に着きました。 
道標もしっかり、さて、林道から分け入って登山道に入ります。
_1260662.jpg


すぐに 小さな祠の神社があり、志津宮、とありました。
その脇には、 志津小屋、避難小屋です。


昨日の雨で、かなりの泥濘、のっけから、スパッツも泥だらけ、


振り返ると、太郎山、右手の大きいのは、大真名子山です。
大真名子へは、同じく志津峠から登山道があります。
数年前、まだ志津峠に入れた頃、やまとそばさんとここから女峰山に登ったことがありました。
この山の配置が 新鮮です。
_1260666.jpg



一合目、二合目、と導かれて、もう三合目、登山口の標高は、おそらく1600mはあるので、
どんどん進む感じがします。
_1260667.jpg



すると、緑一色の中、イワカガミのピンクが目立つようになりました。
_1260671.jpg



もう半分来た
_1260673.jpg



道標もリボンもあるけれど、やや少なめなので、道を確認しながら登る・・・・
なかなかの傾斜で、険しいです。
_1260678.jpg


あちこちにイワカガミの群生が見られます。
_1260679.jpg


と、いきなり眼前が開けたかと思うと、ナギの先端に出ました。
グズグズと滑りやすい砂礫がずっと下まで続いていて、なかなかスリリング
_1260681.jpg


今まで樹木にさえぎられていたので、いきなり!、という感じに、こちら側が見えてきました。
大真名子山と、奥に女峰山です。 山頂は雲の中。
ここらから、強風が容赦なく吹き付けてきました。 予報通りです。
_1260683.jpg


と、足元には、こんなお花が・・・・・ なんだろう?
_1260692.jpg



強風の中、尚も登って行くと、もう8合目、
_1260695.jpg



火口壁の端っこに出てきました。
金精峠から良く見える、男体山の火口、巨大な火口ですが、中はすっかり緑で埋め尽くされています。
向う側が、火口壁の反対側となります。
_1260700.jpg
危険なので、ロープで仕切られていて、中を覗き込むことは出来ません。



火口の方角からものすごい風が吹き上がり、木々が盛大になびいています。
_1260701.jpg



9合目、もうすぐ。
_1260703.jpg



火山らしい赤茶けた砂礫 
そういえば、表側も9合目あたりからは、こんなグズグズの砂礫で、登りにくかった、と思い出す。
_1260704.jpg



火口から吹き上げる霧、 その向うには、山頂のお社が見えています。
_1260711.jpg



そして、剣のある、三角点到着! 
_1260713.jpg
こんな天気でも、たくさんの人が登ってきていました。
中には、半袖半ズボン姿も!!  こんな風と低温なのに大丈夫?


早速、記念撮影~
DSC01337_(1)_convert_20170704144450.jpg
だけど、飛ばされそうで怖いよぉ~


なんとか体勢を整えて~
DSC01339_(1)_convert_20170704144559.jpg
(photo by トレッキングさん)



トレッキングさんはばっちり
_1260714.jpg



そして見下ろすと、麓もよく見えています。
右には、湖畔の中宮祠の町、 真ん中の山の中腹の建物は、明智平
左には清滝の町。 天気が悪いのに、これだけ見えています。 
_1260719.jpg


_1260721.jpg


そしてお社のある表の登山道の方へ移動すると・・・・・ 続々と登ってくる人が見えています。
_1260723.jpg
表道は、中禅寺湖を背に、黙々と直登するので、振り返ると絶景です。



二荒山大神に御挨拶~
_1260727.jpg


DSC01355_(2)_(1)_convert_20170704144632.jpg
(photo by トレッキングさん)



さすがに男体山、ここから見下ろす中禅寺湖は本当に箱庭のよう。
正面の社山が まるで丘のようなでっぱりに見えるほど。 低いねぇ・・・・・・
_1260730.jpg




少し先のお社に行ってみます。 ここから先には行かれないようです。
_1260747.jpg



太郎山神社、だそうです。 ん?どうしてここに?
DSC01367_(1)_convert_20170704144730.jpg
(photo by トレッキングさん)




手前の北岸、中央やや右の赤い屋根はおそらく金谷ホテル、 その先の白く見える砂州は菖蒲ヶ浜、
暗いのですが、プリンスホテルや、千手ヶ浜、その向うの西の湖まで見えました。
_1260751.jpg
すべてが ギュッと濃縮されたようで、コンパクトに見えています。
つまりそれだけ、ここが高い、ということですね。
なにも見えない雲の中~、も予想していたので、この天気でこれだけ見えれば、大収穫!



山頂に戻り、冒頭の写真を撮っている私
DSC01364_(1)_convert_20170704144659.jpg
不穏気な雲が、なかなかいい感じ。
(photo by トレッキングさん) 



さて、今日はピストン、下ります。
IMG_4213_(1)_convert_20170704144811.jpg
(photo by トレッキングさん)



その前に・・・・・ 強風をさけて、9合目まで戻り、お昼ごはん。
ここは風がさえぎられていて、暖かくさえ感じました。




火口壁ごしに見えるのは、戦場ヶ原と 湯ノ湖、右には、光徳アストリアホテルの赤い屋根
湯ノ湖が一段と高いのがはっきりとわかります。 この方角から見るのは初めてなので感激!
_1260757.jpg



向う正面の太郎山のすそ野も広大です。
_1260760.jpg



ぐんぐんと下ります。
_1260762.jpg



ザレザレを慎重に渡りますが、本当に風が強いので、バランスを崩さないように・・・・・
_1260763.jpg



このあたりから、再び、イワカガミ登場~
_1260765.jpg



火口壁の反対側にある ナギまで下ってきました。
さっきは見えなかった女峰山が見えています。 
_1260767.jpg



樹林帯をどんどん下ると
_1260770.jpg



もうそろそろ志津宮が近い。
_1260774.jpg


_1260776.jpg


志津宮、  あまりお手入れされていないようで、大きく育った雑草どころか木が生えている・・・・・
ちょっと寂しいです。
_1260777.jpg



そうして、志津峠まで下ってきました。 登りでは3人が先行、下りでは誰にも会わず。
_1260780.jpg



林道途中の ゆどの橋から見える男体山、
_1260782.jpg



駐車場までの間に会ったのは、太郎山から下ってきた男性一人だけ、


ところが・・・・・・ 駐車場に着いてみたら・・・・ 朝はなかった車が5台ほど、
その内の一台は、大きなタクシーで、お客さんの到着を待っていました。
登りでも人に会わなかった、ということなので、どうやら、表~裏への縦走をする人が
車をデポしてあった、ということのようですね。


この日は、日曜日ながら、前日はかなりの大雨、当日は曇りで強風だったけれど、
山頂には、予想以上の登山客がいました。 後から聞いた話だと、表からは300人以上登った・・・・とか?
うう~ん、さすがは男体山、これだけ天気が悪くても300人超え?
これから本格的な夏になったら、一体どれほどの人が登るのだろう?
ちなみに登山料は1人500円、単純計算で・・・・・ ですね。 すごいもんだ!



決して、500円をケチったわけではないのですが(笑)
私は、志津からの登山道、気に入りました。 まぁ、次回があったら、表~裏 
あるいはその逆回りもいいかもしれないけど、
登山らしい山のたたずまい、加えて、女峰山方面の山の深さを感じられるこのルート、好きです。
なかなか楽しい一日、となりました。



悪天候の中、お付き合いいただいたトレッキングさん、サポートありがとうございました。


湖畔はすっかり夏の色  社山とかヨットレースとか

_1250986-2.jpg
イタリア大使館近くから 夏色になった中禅寺湖



2017年6月11日(日)



金谷ボートハウスで行われるヨットレースに出る、という二人がまだ寝ている時間、
私は社山に登りに出てきました。  早めに戻りたいので、今回は近場で。
_1250752.jpg




梅雨に入ったけれど、今日は青空、湖も空の青を映して、きれいな夏の色です。
_1250772.jpg




阿世潟の浜辺から、 緑の額縁に収まった男体山
_1250778.jpg



ちょっと上から見下ろすと、水の色がるり色に見えます。
_1250780.jpg



湖畔を離れ、阿世潟峠に向かう途中、ヤマツツジが現われました。
_1250786.jpg



足元には、可愛い花
_1250789.jpg



向う側が青空!! いい感じです。
_1250792.jpg



あちこちにヤマツツジ
_1250794.jpg



雨量計のあるあたりから、いよいよ稜線歩き 
_1250810.jpg



まだアカヤシオが?
_1250813.jpg



社山の稜線はほんとうに大好き!
_1250816.jpg



シロヤシオ発見!
_1250832.jpg



_1250825.jpg



高度が上がってきました。
_1250840.jpg



ミニオベリスク
_1250843.jpg




_1250852.jpg




山頂です
_1250853.jpg



_1250854.jpg



終りの石楠花越しに 白根山
_1250860.jpg



帰り道、すぐ手前のマツの木のあたりから、夫っとに電話をかけると・・・・・・
_1250874.jpg



もう二人とも、浜辺で準備をしている、とか。 望遠最大でみると、白い帆が二つ並んでいますが、
さすがに人影までは見えません。  真正面にいるのだけれど、むこうからも見えないって。
_1250886.jpg



こちらも下山にかかります。 途中で見ると、白い帆が二艘、金谷ボートハウスに向かっています。
浜辺には、たくさんのヨットが待機中。
_1250906.jpg



その時の写真をボートハウス側から撮ったもの。 ヨット仲間のS藤さんからいただきました。
湖上から、小さく 二艘が近寄ってくるのが写っています。
fc2blog_2017061509141089b.jpg


fc2blog_20170615124504797.jpg
いやぁ、カラフルできれい!
夏!という感じですね。



さて、私は下山します。 段々と 登ってくる人も増えてきました。
息をきらしている人に、 もう少し登ると、シロヤシオがきれいですよ~と。
私だったら、嬉しくて頑張る。
_1250923.jpg


上から順に、白、ピンク、オレンジと・・・・・


_1250955.jpg



_1250978.jpg



木漏れ日がきれいな季節になってきた
_1250983.jpg



歌が浜に帰り着いてちょうど12時前でした。
レースは12時スタートと聞いていたので、ちょっと見に行くことにします。




金谷ボートハウスのテラスに上がると・・・・・・ おお!、白い帆が一面に
_1250992.jpg



風はそこそこ穏やかで、青い湖面に白い帆がきれいです。(見ている分には)
_1250997.jpg



ですが、みなさん、真剣 
_1260018.jpg



浜辺にはカヌーも並び、すっかり夏の雰囲気一杯です。
_1260042.jpg



しばらく待って、やっと夫っと発見!!、 一番右の赤いフネです。
白いブイを迂回して、湖上を三周するレース、 沖にはあと二つあって、
それを回るのが難しいそう。 岸辺に近いこのブイは、廻りやすいのだ、とか。
_1260059.jpg



時間からして、まだ一周目かな? 
_1260062.jpg


レースの結果は、夫っとはまたも ビリ を飾りましたが、友人のS氏は、ブイの不通過で、失格~
それでも楽しいレースだったそうですよ。

いいよね、参加することに意義があるのだから。



_1260070.jpg



これから本格的な夏に向けて、ヨットも始まりました。



6月が始まった

_1250716-2.jpg
6月の遊覧船



6月に入り、梅雨入りもしましたが、奥日光は林間学校シーズン、
同時にクリンソウシーズンとなりました。
毎日、小学生、中学生の団体さん、クリンソウの観光ツアーなどなど、
目の前の船着き場から、乗り込んだり、降りてきたり・・・・・・賑やかです。



2017年6月10日(土)

シニアの二人も、ヨットの初合宿です。
_1250699.jpg
夫っとは、先日一回乗っていましたが、友人のS氏は本当に久しぶり・・・・
なので、セットアップを忘れてしまったようです。



セットアップを待つ間、目の前の菖蒲ヶ浜遊覧船発着所からは、小学生の団体さんが乗船
_1250707.jpg



子供は船室に入らず、みんなデッキに並びます。
_1250711.jpg
大人の団体だと、下の船室から埋まります。



発着所のSさんは、釣りのお客さんを乗せて、対岸へ。
聞けば、夜明け前からお客さんを乗せて運び、昼ごろになると、もう釣れないので、迎えに行き、
夕方からの釣りに備えて、また送り、日没ごろに迎えに行く、というハードなスケジュールだそうで、
Sさん、こころなしかげっそりしてました。
_1250720.jpg



そうこうするうちに、やっとヨットの準備も整ったようで・・・・記念撮影~
_1250722.jpg



頑張って、いってらっしゃい~
_1250726.jpg
とまぁ、送り出したので、私はちょっと歩きに行こう。




時間も遅いし、天気もイマイチ、ということで、どこへ行こうかな? 
やっぱり高いところに来てしまった・・・・・
金精トンネル前です。
fc2blog_2017061508410436a.jpg





天気が良ければ、金精山、とも思ったけど、どうやら雨の心配もありそうなので、
30分登って、金精峠で、お昼をたべることにしました~ 
_1250729.jpg




ここの急登は本当にすごいけど、どんどん景色が良くなるので、だらだら登りが苦手な 私好みです。
_1250732.jpg




ということで、30分ゼイゼイと登り、絶景いただきに来ました。
_1250735.jpg



雪が消えてからは 初めての金精神社、今年もよろしく~ とお詣りしてから
お昼ごはん。
_1250737.jpg



やっぱり日光はいいなぁ。
_1250742.jpg



なんとなく、群馬の方から、怪しい雲がやってきたので、下りにかかります。
_1250745.jpg



あと、もう少し、というあたりで、雨が降り出し、
_1250746.jpg
トンネルの車に着くころは、本降りとなりました。



薄暗くなった金精峠を下ると、徐々に明るくなり、中禅寺湖は雨は降っていない・・・・
ヨットの二人を待っている間、一気に暗くなり、雨が降り出しました。



ヨット組は、S氏がまさかの沈、それも早い時間に水に浸かったので、すっかり意気消沈、
温かいうどんで生き返ったそうでした。
でも、このままではいけない!! と思い直したS氏、
予定を変更して、明日のヨットレースに出場する、と前向き発言!
どうやら、夏休みに、お孫さんを乗せたい、という計画があるようです(笑)







収穫祭 と 午後のハイキング

_1250304.jpg
2017年6月4日



鹿沼のモモクリさんちの農園にお邪魔して、収穫祭~



スナップエンドウの花
_1250287.jpg
スナップエンドウとキヌサヤを収穫しました。



キウイの花 
_1250281.jpg



真ん中がぷっくりと膨らんでいるのが、雌花、ここがキウイフルーツに育つのだそうです。
_1250279.jpg
立派な雌雄の木が一本ずつ、ここにたわわにキウイがなるのを、見てみたいです。




続いては、玉ねぎ~
_1250295.jpg



大きそうなのを選んで、ズボッと抜きます。 
_1250299.jpg
採れたての玉ねぎは、甘いよね。




続いては、山椒の実~
_1250303.jpg
この間、山椒の若芽はたくさん採ったし、冷凍もした。
山椒の実も大好きなので、気合を入れて採ります。
ふと・・・・・ モモクリ家の分はどうなるの? と思い出す。



山椒の実は、まずはキャラブキに入れたい!、ということで、少し離れたところへ蕗を採りに行きます。
_1250312.jpg



蛇がいるかも~、と脅されながらも、そんなことも忘れて、日蔭の林の中で、蕗の採り放題 笑
_1250314.jpg



ツユクサ
_1250317.jpg



再び、モモクリ農園に戻り~
_1250319.jpg



今度は、ジャガイモですよ
_1250321.jpg
花は、薄紫やら白やら、 いろいろな種類が植えてあるようです。


 
これもズボッと抜けます。
_1250325.jpg



小ぶりだけど、ジャガイモだ~
_1250323.jpg



モモクリ農園の納屋
_1250311.jpg



いい感じです。
_1250332.jpg



その後、ちょっと 晴れさんたちの用事にお付き合いしたあと、奥日光へ。



快晴の日曜日、クリンソウシーズンも始まったので、赤沼駐車場は当然のように満車。
なので、三本松に車を停めて、プチハイキング、さぁ、どこへ行こうか? 笑
_1250334.jpg



とりあえず、歩き出します。
_1250336.jpg



エンレイソウ
_1250339.jpg



ひっそりと 山の神さま
_1250343.jpg



シロバナヘビイチゴの花
_1250346.jpg



この赤いのは、むしこぶ? 
_1250349.jpg



_1250351.jpg



ちっちゃいキノコ、うまく撮れない・・・・・・・
_1250357.jpg



激写する人たち 笑
_1250360.jpg



空気は乾いていて、ひんやり~  気持ちがいい
_1250362.jpg



シャクナゲ
_1250365.jpg



コヨウラクツツジ
_1250373.jpg



再び、シャクナゲ 発見!
_1250383.jpg



と、もっと上にあるシャクナゲを撮ろうと、崖をのぼる晴れ夫さん
_1250386.jpg



タラの芽は 遠い・・・・・・・・  
_1250400.jpg



ものすごいトゲトゲに守られているのでした。
fc2blog_2017060910141971d.jpg



じっとしていると寒いくらいでしたが、よいお天気のもと、
気持ちの良いハイキングが出来ました。



たくさんの野菜も収穫させていただいたし、午後のハイキングも楽しかった~
皆様、お世話になりました。  いい一日でした。

ズミと虹

_1250181.jpg
菖蒲ヶ浜のズミの花




夫っとも やっと仕事を減らせるようになったこの頃、一番いい季節にもなったことだし、と
できるだけ木曜日には日光入りしたい! と 今週もやってきました。



東京との二重生活も、日光の方が少し長くなるにつれ、私は忙しくなりました。
仕事をわずかな日数で仕上げ、種々雑多な東京での用事も全部済ませ、
今週は熱中症にもなったりして、少々無理してるかな? 



色々考えることもありますが、まぁ、やってみよう。



毎週、日光に来ていると、花の咲く順番がよくわかります。
以前は、それほど来られなかったので、庭のヤマザクラを見逃したり、スモモやズミの花も
知らない内に散っていたりしましたが、今年はしっかりと見ることが出来ました。



庭のシャクナゲも開花していましたが、これは、シカに食べられて、木が弱っている、ということで、
大家さんが別の場所に移植するために、庭から掘り出されました。
シカは、冬場、食べ物がなくなると、シャクナゲも食べてしまうそうです。



今は、ズミです。


2017年6月2日
_1250186.jpg



_1250195.jpg



_1250237.jpg



_1250183.jpg



_1250203.jpg



キャンプ場内にも、ズミの林があります。
_1250211.jpg



旧桟橋の先、砂州が緑になってきました。
_1250213.jpg



_1250246.jpg



お隣のHさんが、立ち寄って、「さっき捕れたばかりだから」 と 立派なヒメマスをいただきました。
Hさんは、漁師さんです。
_1250251.jpg
早速、塩をして、夜に備えます。


この日は、大荒れのお天気、午後になり、かなりの強風が吹き荒れて、湖面は三角波が立ちました。
そのうち、一時、外が真っ白になるような雨となり、短時間で止んで、青空に戻りましたが、
気温は急降下。



夕飯の支度をしていると、 「虹だよ!」 


外に出ると、淡い虹の橋がかかっていました。
_1250258.jpg
16:59


先端は雲の中に吸い込まれています。
気温がかなり下がって、寒い! 段々と消えて行きました。
_1250260.jpg



約15分後、 再び、虹が現われました。 しかも二重の虹です。
今度は長くアーチを延ばし、くっきりとしています。 
_1250267.jpg
17:14



見ている内に、薄らいできてしまいました。
こんな見事な虹を見たのも久しぶり、 きりっとした気温の中、壮大なショーでした。
_1250275.jpg
17:16



ヒメマスは、その日の夕食に、シンプルに塩焼きにしました。
薄紅色の身の味は、上品で優しいコクもあり、今まで食べたヒメマスの中でもかなり美味しくて、
驚くほどでした。



涼しい中で、ゆっくりできたので、熱中症もすっかり回復しました。



プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ