雨の紅葉狩り

_1100871.jpg
日塩道路・大曲のモミジ



無事に七五三の行事も終わり、私たちはまたまた日光へ。
2日(月曜)をお休みにしました。
そして、一緒にあそぼ、と やまとそばさん、Laylaさんと出かけよう!としたのですが、
何日も前から、予報は雨模様、しかも、前後は晴れマークにはさまれた、この日だけの雨。
当日が近づくにつれて、雨くもりマークは、1日雨マークへと・・・・・・・・


さすがのやまとそばさん、それでも、紅葉狩りの素敵な計画をたててくださいました。
しかも、お昼は、行ってみたかった南ヶ丘牧場で、ということで、雨ながらも期待が高まります。


矢板道の駅で集合後、やまとそばさんの車で出発!
まずは、矢板名産品のリンゴ園ですよ~
_1100674.jpg

リンゴ園、晴れていれば、高原山をバックに、たいそうきれいな風景・・・・だそうですが、それは残念、
でも、シナノゴールド、名山、王林、陽光、の試食もさせていただいて、一番好きな味の 名山を購入~
名山は、青りんご系です。 初めて見た銘柄です。



リンゴ園、傘をさして、しばらくブラブラ。 
_1100663.jpg
たわわに実ったリンゴが重そうです。


次に向かったのは、県民の森、 以前、別の季節に立ち寄ったことがありますが、
とてもきれいに整備された地域で、あちこちに遊歩道が点在しています。
宮川溪谷遊歩道のPに停めて、散策開始。
_1100681.jpg
Pの脇には、紅葉も真っ赤に色づいています。



宮川溪谷、傾聴の滝、
_1100704.jpg



少しだけ上流へ
_1100713.jpg
濡れた道に気を付けながら、進みます。
雨が降ってなければ、もう少し奥へ行きたかったけれど、今日はちょっとだけ。
静かな溪谷、今度は、もう少し歩きたいな。



そのあと、山の駅たかはらへ寄り、私は初めての、牧場や八方池方面へ。
広大な牧場を見下ろし、向うには、大入道や剣ヶ峰が。
_1100769.jpg
手前に柵があるのですが、柵が写っていないと、ここが牧場とはとても思えません。
本当に広大で、素晴らしい所、冬はスノーシューができるとか。



八方池周辺の紅葉はすでに葉が落ちてしまっていましたが、周辺では
_1100781.jpg
まだまだきれいな林です。


_1100799.jpg



山の駅たかはらから、冬期閉鎖になる道路を、今度は、スッカン沢を目指します。
雨の平日、とあって、通りすぎる車もなく、きれいなところ、ところで、車を停めてもらい、
3人で、撮影会
_1100814.jpg



折り重なる黄葉
_1100822.jpg



この道路、今年の1月、スッカン沢の氷瀑を見に行った時に、延々と歩いたなぁ。
塩原まで行くの~と思うくらい長くて、今回車で通っても、十分に長かったです(笑)
そんなことを思い出しながら、 スッカン沢を眼下に見下ろす3連カーブに到着、
_1100830.jpg
目的地が見えた、と思った時には、どれほど嬉しかったか。



今年1月のスッカン沢遠望
_1000915.jpg



雨にけぶる景色も悪くないですね。 
_1100836.jpg


_1100837.jpg
スッカン沢溪谷は、9月の豪雨で、遊歩道が流されてしまい、通行禁止となっています。
あちこちにどれほどの被害があったのでしょう。



さて、大沼園地や、その脇にそびえる富士山を見たりして、いよいよ日塩道路のクライマックスへ~



大曲のもみじ、です。
_1100865.jpg
思わず、歓声をあげました。それほど見事です。



足元も真っ赤。
_1100867.jpg


_1100869.jpg



さすがにここは名所、雨ですが、紅葉狩りの車はひっきりなしにやってきます。
_1100895.jpg



_1100882.jpg
日塩道路は、スキーの時に途中まで来ることが多いくらいで、ここは知りませんでした。



真っ赤な紅葉を堪能し、撮影時間もたっぷり取っていただいたので、雨だけど、まったく気にならない~
カメラに気を使う以外は、もう気持ちも大満足でしたが、そろそろお昼時間近く。
食事予定の南ヶ丘牧場は、まだ遠い・・・・・ その前に、塩原温泉を案内していただきました。



ものがたり館。
IMG_8206mb_convert_20151105231108.jpg
(photo by Laylaさん)



ものがたり館そばの橋
_1100929.jpg



色のグラデーションがきれいです。
_1100935.jpg



お二人を。
_1100939.jpg




川の脇が、この先、ず~っと遊歩道になっているようですが、今日はあまりのんびりも出来ません。
_1100966.jpg



次の橋まで行って、引き返すことにしました。
あちこちに、大根が干してありますが、塩原の風物詩ですね。
_1100980.jpg


IMG_8235mb_convert_20151105231131.jpg
(photo by Laylaさん)



やまとそばさんのプランでは、この先、まだまだ塩原の紅葉を愛でる予定でしたが・・・・
のんびり撮影隊、時間が思いのほかかかってしまい、この後は、大幅にカット!
那須高原の南ヶ丘牧場を目指しました。


yosiさんは、あいにく出張でご不在でしたが、美味しいBBQで、お腹も大満足でした。
_1100998.jpg
今度はお会いできたらいいな!



牧場は、とてもいい雰囲気、このころはもう傘もいらない程度となって、食後ブラブラ、
牧場にいる、山羊や羊、馬、牛、触れるウサギさんをなでたり。
_1110996.jpg



近くの殺生石に寄っていただきました。
ここは、昨年、東北旅行に行った帰り、最後に宿泊した北温泉を出てから訪れました。
硫黄のニオイがする荒涼とした殺生石周辺、
_1120001.jpg



小さなお地蔵さんを、上から俯瞰します。
_1120009.jpg



温泉神社の屋根
_1120010.jpg
本殿では結婚式が行われていました。
とても立派な神社です。


_1120012.jpg



アジサイが咲き残っています。
_1120007.jpg



前回来たときは、この神社に気が付かなかったので、驚きました。
_1120017.jpg



最後に、那須高原のベーカリーカフェ、ペニーレイン、
_1120038.jpg
パンをお土産に。


那須高原のこのあたり、とてもきれいなオシャレなカフェやレストランが多くて、軽井沢のようでした。

朝から夕方まで、本当に盛りだくさんの紅葉狩り、地元を知り尽くしたやまとそばさんの ご案内があればこそ、
雨もなんのその、撮影隊3人で、一体何枚撮ったのでしょう。
本当に楽しい一日でした。 ありがとうございました。




会津は雪国だった~

スキー部の今年の滑り始めは、会津桧枝岐村の高畑スキー場でした。
スキーヤーズオンリーの高畑、いつかは行ってみたい!と思っていたところなので、嬉しい!
そのうえ、今回、yosiさんが参加!という情報が。 ワクワクしてましたが、
ご用事で、また次回に・・・・ということでした。 次回、是非きてね~


1月11日(日曜日)
朝7時に 道の駅たじまで待ち合わせ・・・・ 念の為4時半出発したら、早く着きすぎた!
次回は5時出発でよさそう。  ほどなくトレッキングさんも到着~
部長のやまとそばさんも到着して、トレッキングさんの車で桧枝岐村に向かいます。



どんどん雪も深くなり、まさに 「ザ・ユキグニ」 の雰囲気に、約一時間で高畑スキー場に到着しました。
_1000601.jpg


ゲレンデが見えます。 なかなかの傾斜です・・・・・ 
_1000600.jpg
ゲレンデ下部には、レストランやレンタルがあるロッジが一つ、リフトも一つ、こじんまりしているな?という印象。


ところが!!、そのリフトで上に上がると、なんだかゲレンデが横に広々~、そのうえ、人が少ない、
上部には3本、合計4本だけど、一つ一つの幅が広い、圧雪してあるところと、新雪バーンが共存してるし、
傾斜も急、一本のリフトの両側にインとアウトの二つのバーンがあったりで多彩、
というわけで、奥の深いスキー場なのでした。
おまけに! リフト券が安い、のが一番嬉しかったりして。(50歳以上シニアで一日券が2500円でした)
連休で、高畑にしては大混雑、という人出も、普通のスキー場の平日並みで、最初の一滑りで
まっさらの雪にシュプールを付ける、という、もう泣きそうに気持ちの良い滑降をして、ウハウハと楽しみました。


とはいえ、お正月の食べ過ぎと運動不足、加えて、しばらく間があいたので、感覚がつかめず、
滑り自体は、どうもねぇ、でしたが。


そのうち、どんどん天気も回復し、もう「晴れ!」と言えるほどの青空になってきました。
風もなくコンディションは最高です。



80f8df01fbc715b40056e3577ba7f4a6[1]
(やまとそばさんからのいただきもの)



たかつえスキー場方面
bd379ff29ffa7c8d65a5cfe887d1942a[1]
青空が気持ちいい~ (やまとそばさんからのいただきもの)


ゲレンデに人がいない(笑)
9917214a77f6bad3f2ea3f1a31be89a2[1]
(やまとそばさんからのいただきもの)



時間はあまりたってなくても、傾斜が急なゲレンデ、ガラガラのリフトでバンバン滑り、
疲労困憊、太ももが痛い~、昼食後また滑り、「じゃぁ、休憩しましょか」のあとは、
「もう、帰りましょか?」となりました(笑) シニアは無理せず、ね。



帰り道には、雪深い「前沢曲屋集落」を見学。
_1000622.jpg


一階部分は半分ほど埋もれています。
_1000637.jpg



道の脇には水路があり
_1000630.jpg


消火栓でしょうか? きちんと雪が除けてありました。
_1000669.jpg


寒そうな やまとそばさんと トレッキングさん
_1000658.jpg


この奥の山際には神社があるけれど、たどりつけません。
_1000660.jpg


雪国の暮らしも大変そうだなぁ
_1000664.jpg


_1000667.jpg


入り口付近からみた前沢集落
_1000670.jpg


人の背丈ほどの雪の壁です
_1000672.jpg


雪国の暮らしは厳しいですね
_1000675.jpg


国道に沿って流れるたていわ川、雪のオブジェみたい
_1000680.jpg


道の駅たじまに到着して、大人のスキー部はソフトクリームはなしですよ(笑) 売っていたのかな?
それぞれの車に分かれて、また来週~!!楽しい例会でした。 
計画して下さったやまとそばさん、一番遠いのに、車出しを引き受けてくださってるトレッキングさん、
ありがとうございました。


帰り着いた奥日光、今日は午前中は快晴、午後から風が強まり、雪も降りだし、だったそうですが、
イロハでは雪なしだったのが、明智トンネルを抜けると、いきなりの吹雪状態、
湖畔道路は、もうプチホワイトアウトでした。 ソロソロと走り、回りも見えず、やっと到着。


夜になり、風は止んだけどまだまだ雪は降り続いています。
_1000686.jpg
一日で15センチは積もりました。
オラフファミリー?も、もうなにがなんだか、と言う感じですが、まだ頑張っていますよ~









新そば祭り

冬期閉鎖になる前に、と、日光から山王林道を抜けて、川俣温泉に行ってきた
渓流の露天風呂を楽しみ、帰ろうとすると、「新そば祭り」の看板が!!
時刻は11時、おなかもすいてきた、行こう!!!






会場では、「そばの早食い競争」が始まるところだった
6人の挑戦者の前には、5枚のもりそば
もちろん、一番早く食べ終わった人が勝ちで、商品は川俣商品券(笑)5000円
川俣でないと使えない(爆)
_1630782.jpg








スタート!! さぁ、始まった~
_1630794.jpg







そば一枚分を、一気につゆにつっこんで食べた、左端の男性が優勝
最後の一枚を食べるところ
_1630798.jpg
優勝者が決まると、司会者いわく「さぁ、ほかの皆様はごゆっくりどうぞ」と言うのには笑った
ちなみに、早食いの参加費は 500円、これで5枚のそばが食べられる計算です







日光のそば祭りは有名だけれど、奥鬼怒の本当に秘境ともいえる川俣温泉、
_1630780.jpg







好天の空のもと、大好きな栃木のそばをたくさん食べて、幸せ
また、来年!
_1630806.jpg













プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ