新潟へ小旅行

_1350444.jpg
清津峡 



夫っとと新潟へ小旅行してきました。
2018年5月28日~29日

とりあえず行ってみてから行き先を決める いい加減旅行です。



小出の宿の手前から見た巻機山
_1350266.jpg
大昔登りましたが、記憶はあいまい・・・・・


翌日、八海山ロープウェイに向かう。
_1350308.jpg
八海山といえば、有名な日本酒です。
間近で見るのは初めて、岩場がすごそう・・・・・


ロープウェイ山頂駅 ・ 絶景のテラス
正面は苗場山辺りらしいけど、かすんでいて見えません。
_1350356.jpg
ここはスキー場のロープウェイですが、見下ろした斜面は激急傾斜
これはとても滑れないなぁ



お昼を食べてから、清津峡へ。 渓谷に沿って掘られているトンネル
吸い込まれそう
_1350401.jpg



途中、繰りぬかれている展望所が数か所、
見事な柱状節理の岩盤
_1350416.jpg


第二展望所 ・ このステンレス製の建物はなんとトイレでした
_1350428.jpg



第三展望所を過ぎて・・・・・
_1350430.jpg



最深部までくると、こんなものが眼前に・・・・
_1350455.jpg
不思議系が大好きな私は、大興奮 (=゚ω゚)ノ



周りはぐるりと通路になってます。
_1350446.jpg



通路以外はひたひたに水が張ったプールになっていて
_1350495.jpg




見事な水鏡
_1350516.jpg


ごくごく浅いプールなので、靴を脱いで入ることもできますが、
いったん入ると水の波紋が収まるまで時間がかかりそう・・・・
夫っとに 「入ってくれ」 と頼むも、却下されました・・・・・・



見下ろした渓谷
_1350556.jpg



出口までやってきました
_1350562.jpg


トンネル施設は一部はまだ工事中でしたが、7月下旬に完成だそうで
観光地ですが、なかなか面白い清津峡でした。






横浜中華街へ

_DSC3812-2.jpg
中華街関帝廟


2018年4月5日

夜景撮影の練習に横浜中華街に行ってきました。
急に決まった補習で、主婦はなかなか夕方からは出にくいものですが
たまたま行けそうだったので、それっとばかりに行ってきました。


19時に元町・中華街駅にて待ち合わせ、外に出ると、すぐに中華街の朝暘門です。
fc2blog_201804091645516e8.jpg



アジアン雑貨の店、何枚か撮っていますが、意外に難しかった。
_DSC3617-2.jpg


中華街のお店は、どこもこれでもか、といわんばかりの満艦飾
これはもはやなんの店だかよくわからない
_DSC3618.jpg


少し上品な雰囲気
_DSC3625.jpg


夜の撮影会なので、レンズはどうしよう? 
考えましたが、まだあまり使っていない単焦点の明るいレンズにしてみました。
いつもは望遠は欠かさず持っているものの、今回は機動性も考えて、
単焦点一本勝負。



F値1.4にしてみたけど、やはりピントが難しく・・・・・
何パターンか撮ってみればよかったな・・・・・
_DSC3646.jpg


繁華街だけど、ちょっとうら寂しい感じのところもあって、
なんとなく心惹かれます。
_DSC3657.jpg


派手さはないけれど、こういう店は安定の美味しさかも。
_DSC3678.jpg


路地裏もいい感じ
_DSC3697.jpg


これでも中ぐらいの大きさの店
_DSC3704.jpg



_DSC3804.jpg



街の真ん中にある関帝廟に出ました。
ライトアップされていて、ド派手ですが、もう閉まっていました。
_DSC3822.jpg


柵越しに見る本殿? 
_DSC3812.jpg
後ろぼかしの練習です。 これはF値が2.2


こちらは1.4 
_DSC3733.jpg


2.2
_DSC3811.jpg


こちらは1.6  
_DSC3774.jpg


全く同じ条件ではないし、背景によっても変わります。
なかなか奥が深い・・・・・



この日の参加者は3名、小雨が降り始めたので、フードをかぶっています。
fc2blog_20180409164624ee0.jpg



_DSC3817.jpg


手前のマンホールの蓋をもっと光らせたかったけど、
なかなか思うようにはいきません。
_DSC3836.jpg


大通りに出てきました。 一気に人が増えた~
_DSC3858.jpg


肉まんの湯気と ソフトクリームを売る店
_DSC3861.jpg



小雨でしたが、ほどよく路面も濡れて、いい感じの滲み具合
_DSC3875.jpg


雨もまたたのし
_DSC3879.jpg


大学のサークルの歓迎会かな? 楽しそう。
_DSC3885.jpg


夜遅めの時間でも、子供がたくさん
_DSC3908.jpg


夜の街歩きも楽しい
_DSC3915.jpg


パーキングもやっぱり中華風でした。
_DSC3921.jpg


楽しい2時間半でした。
_DSC3927.jpg


もっともっと場数を踏まないといけない、という夜景撮影でした。
ピントも含めて、思うようにいかない部分も多く、課題満載ですが、
でも、なにより楽しく撮影できました。


またテーマを絞った勉強をしたいです。




ハズレな1日

久しぶりにカヌーを組み立てました。


年季モノのこのフジタカヌー、もうなんとなくあるのが当たり前になって久しく、
2年前から、アクアミューズのヨットを始めたこともあって、組み立てたまま放置状態、
昨年の夏、船の持ち出しが簡単になるようにと、トレッキングさん指導の元、
ルーフキャリアも付けました。


ところが、またしばらく放置していたせいもあり、
木製の内部の骨組みの一部が、ボロボロになっているのを発見!
これまでも何回か、部品を交換したりもしていたので、京都のフジタカヌーに
木製部品を注文、同時に船体布もぐるりとひっくり返して洗い、完全に乾燥させて収納、
そこで秋になり、カヌーシーズンは終わりました。


今年の夏、遠征に行く計画が持ち上がり、カヌーも出してみたいし、
車の屋根に乗せて運ぶのもまだやったことがない、


と言うわけで、以前から目をつけていた、水上の「奈良俣湖」に
練習遠征することになりました。


若干、寝坊して ww 船の組み立てにも時間がかかり、
それでもなんとか出発したのは10時前 笑笑


おおー!なんかかっこよくない?ww




得意げな夫っと、

今日はよい天気だぁ。


グネグネ道の金精道路も、なんら問題なく運転でき、
固定状態も完璧!


奈良俣湖にいくのには、尾瀬の入り口、戸倉を 鳩待峠に向かって進み、
かなり奥まで行ったところに、湯の小屋方面に行く道路が分岐しています。
ここは 照葉峡 と言って、沢沿いの見事な紅葉が有名です。
清々しい新緑ドライブになるはず、でしたが、



なんと、分岐からは無情の通行止め!

えええ?



ちょっと待ってよー、
もっともっと上に行く鳩待峠は 四月末から開通してるのに!

尾瀬と違って、お金が落ちないからなのか?
こっちの道路は、まだだなんて!


もちろん、まだ そこここで開通していない道路はあるでしょう。

だけど、標高はそれほど高くないので、
うっかりと道路情報を確認するのを忘れてました。



こちらの看板には 6月30日とも書いてある(泣)

いっそ、看板に、後ろ回し蹴りでもかましたいところですが、
やはり ここを通ろうと来た車も あったので、大人しく退散、



山の中で、カヌーを積んでいるのは、間抜けに見える〜

一転して自虐状態。



今更、関越道を通って水上に行く気力も失せて、帰ることにしました。



途中、片品村の 「水芭蕉の森」で お昼を食べようと立ち寄ったら、
花ももう終わり、一面の緑 でした〜〜😩


あっつい日差しの中、山の中のテニスコートの東屋で
やっと持参のお昼を食べて、中禅寺湖に戻って来ました。


こうなるともう、船を濡らすのも嫌になり、今日は終わり!



うまく行かない日はとことんダメだな〜〜(経験則)
教訓@ 山に行く時には道路情報を確かめましょう!



戸倉〜湯の小屋線は、看板どおりに、
5月26日から開通だそうです。


ひさしぶりの秋の旅 3 <富士山とか>

_1200956.jpg
河口湖から見た富士山とパンパスグラス



蓼科旅行から帰り、河口湖に寄りました。
ちょうど紅葉祭りが開催されていて、湖畔はすごい人、また人・・・・・


_1200963.jpg



湖畔の公園にて
_1200968.jpg



夕暮れの景色を楽しみます。
_1200972.jpg



この公園では ススキではなくて、なぜかパンパスグラス・・・ 
_1200986.jpg



忍野村の 「たまごや」 さんで、生みたてのたまごを買いました。
fc2blog_20161114161929da1.jpg



たまごの殻が茶色なのは、鶏の種類、だそうです。
fc2blog_20161114161959320.jpg



花豆もたくさん。
fc2blog_2016111416203357f.jpg
こちらでは、畑から取ってきていただいて、白菜も買いました。 
大玉が200円!


こちらは 「角屋豆腐店」  どこからでも富士山が見えますね。
fc2blog_201611141617502fb.jpg



夕方には売り切れるので、予約が必要です。
fc2blog_20161114161819776.jpg



試食しました!  右の赤いのは とうがらし豆腐、 あとは 黒ゴマ豆腐、しそ豆腐、よせ豆腐、
どれも美味しい!!  お土産に買い込みました。
fc2blog_201611141618470f8.jpg


楽しい秋の旅行でした ~  

ひさしぶりの秋の旅 2 <絶景の蓼科>

_1200904.jpg
車山山頂から山並み遠望




きれいな保養所に泊まった翌朝、ロビーにて
朝は温泉にも浸かり、ゆっくり朝風呂~ どうやら今日も快晴のようです。 
_1200759.jpg  _1200760.jpg



この保養所は 北八ヶ岳ロープウェイに近く、乗り場にはあっという間に着きました。
通年営業のロープウェイ、ここの標高はすでに1771m、山頂駅は2237m、
冬場は全長4キロのダウンヒルのあるパウダースノーのスキー場になり、
登山客4割、スキーヤー5割、観光客1割、といったところ、
スイスをイメージした施設、働く人もチロリアン風で、素敵。



蓼科のあたりは、全体的におしゃれな施設が多い、という印象です。
ちょっと那須高原にも似ているかな。 白樺湖周辺の俗っぽい感じよりずっといい。
_1200876.jpg
9時の運行開始に合わせてきたけれど、すでに長い行列でびっくり!
どうやら団体さんでしたが、ロープウェイは100人乗り、全部乗れて、これもびっくり!
さすがにラッシュアワーの東京のようでした・・・・・




山頂駅にて
_1200776.jpg




ここから登れる北横岳は、北八ヶ岳の蓼科山のお隣ですが、雪山入門コースのような所、
一年半前の2015年2月28日に、Laylaさんと一緒に初めて来たところです。
その時の ブログは、 こちら  でどうぞ。
その日も、素晴らしい快晴に恵まれました。 360度の絶景が見られる北横岳にも行ってみたいけれど、
今回は、坪庭を散策します。




駅からでもこの絶景、 左は南アルプス、右は中央アルプス、
_1200781.jpg



ハイキングルートというより、観光用なので、あちこちにベンチもあって、まずは第一休憩所~
_1200787.jpg
ほとんど無風だった下界と違って、さすが2200m超えは 風もビュービューで寒い!
ここは溶岩で出来た台地で、あちこちに真っ黒な溶岩の塊が。



ちょっと登ってきたので、右端に御嶽山が見えてきました。
_1200792.jpg



すぐに第二休憩所~
_1200797.jpg



道も整備されていて、スニーカーで十分です。
_1200802.jpg



日陰には、数日前に降った雪が。 
_1200806.jpg



北横岳への分岐を過ぎて、第三休憩所
_1200807.jpg



両手に 華? の夫っと。
_1200810.jpg



ここからは下りになります。
_1200812.jpg



下まで降り切ると、 左手に縞枯山荘の案内がありました。  徒歩5分なので、お茶を飲みに行ってみよう。
_1200815.jpg



林を抜けると、可愛らしい三角屋根が見えてきました。
_1200818.jpg



縞枯山荘です。すぐ前には縞枯山、このままいくと、雨池峠だそうですが、北八ヶ岳は、よくわからない~
_1200845.jpg



寒いので、甘酒、飲もうかな。
_1200826.jpg



山荘内部、 古いですが、なかなか雰囲気は良い。
_1200829.jpg



通年営業ですが
_1200831.jpg



冬場は週末だけ~ でも、食事つき、素泊まりもできます。
_1200833.jpg



歴史がありそうですね
_1200848.jpg



気になる山小屋は、必ずトイレを見せてもらう私(笑)
fc2blog_20161111113740430.jpg
建物は古いけど、廊下でつながっているバイオトイレは・・・・・



まだ新しくて、臭いもまったくなく、こんなにきれい! 今まで見た中で一番、でした。
fc2blog_20161111113709cac.jpg



小屋番のご夫婦はまだお若い、きれいな奥さんに トイレのお礼をして、伺うと、
やはり管理維持は大変だそうです。 建物の古さを考えると、新設前は相当古い?
最新式のバイオトイレは、かなりの設備投資だったことでしょう。
トイレの汚泥は、ヘリコプターかな? と思ったら、 なんと 半年に一回、人力でロープウェイ駅まで運ぶとか。
だけど、駅まではほぼ平坦なので、ネコ車でも運べそうでした。
ここはロープウェイが通年動いているので、山小屋への荷物の搬入も
比較的楽なことでしょう。



冬はスノーシューやテレマークスキーのレンタルもあるし、
ここに泊まって北横岳にのんびり行くのもいいなぁ、と、またまた妄想が膨らむ私。



北八は蓼科山あたりしか知らないのですが、南とは全く違う山のたたずまいが、とても魅力的。
_1200844.jpg
いつか再訪したい山小屋でした。



さて、ロープウェイ駅に戻り、 今度は、北アルプスを見に、車山に向かいます。
_1200857.jpg



いきなり、車山山頂です。
白樺湖時代は、行ったことがない車山、広大な山麓がスキー場になっていて、リフトで登れる山頂、
観光シーズンギリギリのリフトに乗りつぎ、あっという間に山頂へ。
_1200887.jpg



頂上には気象レーダー観測所があって、確かにここは晴天率が高そうです。
_1200889.jpg



白いドームの向う側は、アルプスの絶景がお出迎えしてくれました。
_1200891.jpg



穂高連峰と槍ヶ岳、 涸沢カールもはっきり!
手前の三角のとんがりは、常念岳かな?
_1200895.jpg



そしてこちらは、立山の方角、右端はわかる! 剣岳、
_1200896.jpg



南側には、南アルプス と、富士山~
_1200909.jpg



広い山頂でしたが、ちゃんと三角点はありました。
_1200905.jpg



ここからは、私たち3人は、歩いて霧ヶ峰方面に下り、S氏は下りのリフトで車に戻り、
霧ヶ峰の合流点で待ち合わせ~



絶景です。 左が中央アルプス、正面に御嶽山、右端は乗鞍岳 
ルンルンと下り始めた~、と言いたいところでしたが・・・・・・・
_1200917.jpg



岩がゴ~ロゴロ・・・・ あ、歩きにくい・・・・前を向いて歩きたいのに、下ばかり注意して
_1200921.jpg



荷物の関係で、登山靴を持ってこなかったので、スニーカー・・・・・
登山靴だったら、バリバリと歩けるところが、しまいに、足底が痛くなるような道だったので、
霧ヶ峰まで行かずに、車山の肩で、ハイキング終了~ (笑)  やはり足元は一番大切です。
_1200929.jpg




車山肩には、有名な ころぼっくるヒュッテがありましたが、 カフェメニューだったので、
お昼を食べたい私たちは今回はパス  そのまま諏訪南ICへ向かい、
山の恵 で、 「恵御膳」 を。 
_1200951.jpg



ここからまた忍野村に戻ります。 今日も一日快晴でした~

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ