燧岳グルリップ

_1770702.jpg
7月27日(日)、朝5時の御池駐車場、今日はこれから燧岳へ~



皆さんの大方の予想を裏切って ?? 燧岳ですが、 駒さんはまた次の楽しみに取ってあります。
ほら、私、段階を踏む人なんで(^^)



御池から登るのは初めて、というか、燧岳自体が2回目、という初心者です。
空は快晴、さぁ、行こう! 前を行く30代?ご夫婦にしばらくついていくと、
あっさりともう休憩、 あらら、それではお先に~
今日のお楽しみは、この先にある2つの田代です。


50分ほど登ると、広沢田代、キタ~!
_1770713.jpg
うん、ワタスゲもホワホワしてるし・・・・なにより広いところに飛び出した解放感はたまらない


朝の斜めの光は、陰影があっていいな
_1770733.jpg


_1770744.jpg


_1770752.jpg
ふわふわです。


昨日の田代山がちょっと残念ぎみだったけど、このお天気とワタスゲロードが見られて大満足
_1770754.jpg


ふたたび、樹林の中に入って、しばし急登と格闘し・・・
_1770772.jpg


あれ?なにやら不穏な積乱雲が・・・・
_1770778.jpg


5合目を過ぎると・・・
_1770791.jpg
おおお!!、頂上が見えるではないですか!
ここが熊沢田代かぁ・・・


なんてきれいなところなんでしょう。
_1770802.jpg
前回、爼嵓から見えた田代、これだったんだね~
素通りするのはあまりにも惜しいので、2つの池塘にはさまれたベンチで朝ごはんにします。


平ケ岳かな
_1770813.jpg


さっきのご夫婦も追いついてきたことだし、名残惜しいけど、先に進もう
_1770815.jpg
頂上が待ってる~


バイバイ~
_1770820.jpg


頂上へはあとひと踏ん張り  結構な量の雪渓が残っています
_1770839.jpg
雪渓の両脇には、こごみが?たくさん


上から見下ろすと、なかなか迫力あるなぁ
_1770843.jpg


雪渓を抜けると、さっきの熊沢田代があんなに下に見えます。
_1770856.jpg


そして日光連山もくっきりと! 
_1770860.jpg
この日、トレッキングさんが男体山に登っていたとは、後からわかりました。
この時間だとまだ頂上ではなかったみたい。



そして9合目、森林限界を過ぎると、ハクサンシャクナゲの林~
_1770866.jpg


あれ? 人が座っている・・・ということは頂上?
_1770874.jpg
え>、もう着いちゃったの?
というくらい、なんだかあっさりと山頂にたちましたが、着くと同時くらいに、猛烈にガスが上がり始め・・・


とは言っても、ガスの合間に沼もきれいに見えたり・・・
_1770877.jpg
ピンクと赤のお姉さん?は、昨日の宿で一緒だったソロの方でした。


沼が見えるうちにと記念写真。
_1770894.jpg


と、急に混雑しだした爼嵓山頂、クラブツーリズムの団体さんでした・・・
_1770895.jpg
狭い山頂で押すな押すな状態になりそう・・・


では、前回、行けなかった燧岳最高峰の柴安嵓まで行きましょう。 ガス、晴れないかなぁ・・・
_1770897.jpg
大岩ごろごろを縫って、はい、着きました~、良かったぁ。
広い山頂で、しばしゆっくりと2回目の朝ごはん。まだ9時だもんね。


食べ終わる頃、さっきの団体さんが到着したので、入れ替わりに下ることにしましょう。
残念ながらガスガスで原の風景は見ることが出来ませんでしたが、いいさ、また来よう。
_1770900.jpg


ここもシャクナゲ
_1770903.jpg


柴安嵓から、えっちらおっちら下って、また岩場を爼嵓に向かって登り返すと、頂上直下にこの分岐
_1770908.jpg
向こうへ向けてミイケ、左に向けてハラ、左下に向けて、ヌマ、という至ってシンプルな分岐です(汗)
今日は時間もありそうなので、ピストンはやめて、長英新道経由で沼山峠から帰ることにします。


ミノブチ岳に向かって下ってゆきます。
_1770909.jpg
このガス、そのうち晴れるかなぁ、の期待を裏切り、ここから先はずっと雲の中、
ミノブチ岳でも何も見えないので、素通り、遠くにゴロゴロと雷も聞こえたので、先を急ぎます


ああ、この長英新道、3回目だなぁ、やっぱりやめておけばよかったかも、・・・・と軽く後悔しつつ、
ゆるい樹林帯、ぬかるみありを延々と下り続け、次回は絶対に御池ピストンにしてやる~と
心に誓い、途中、降りだした雨の中、やっと沼にたどり着きました。
長英新道、長い・・・・・
あとでCTをチェックしたら、登りはそこそこだったけど、下りに時間がかかり過ぎ。
これでも、柴安嵓から、途中休憩なしで、淡々と下っていたのですが・・・・


穏やかな風景の大江湿原に着きました、が、雨・・・・
_1770922.jpg
キスゲもきれいだったけど、最盛期は過ぎている感じ、雨の中、初めての道を沼山峠に向けて50分、
御池からバスで来られる沼山峠、初めて来ました。 ハイカーも格段に多くて、
自分の泥だらけのスパッツが恥ずかしい。 


御池について、身支度を整え、燧岳に登ったから、と燧の湯へ~
ところが!!、日曜日ということもあって、登山帰りの人と、地元の人で大混雑!!
ちょっと失敗だったなぁ。 宿の日帰りのお風呂に入ればよかったと後から反省でした。


帰り道、道の駅たじまで、花ニラを発見!!
お盆に義母の家に行ったとき、花ニラの話になり、昔、義母が台湾にいたころよく食べた花ニラ、
食べたいなぁ、と義母がしみじみ言っていたのを思い出し、買ってきました。
帰りに届けなきゃね。


その日は、菖蒲に泊まりましたが、稲荷川橋から見えた女峰、たいそうきれいな稜線!
ずっと登って明智平から、女峰のスカイラインを遠望して、こっち側に帰ってきたなぁと実感。
_1770927.jpg
翌日、筋肉痛も出ずに東京へ帰京しました。 少しは慣れてきたのかな。
充実の二日間、桧枝岐祭りでした。


ここに来て、少々身辺慌ただしく、今後の計画も少し無理がありそうです。
元々、8月は家族で過ごすつもりだったし、登山三昧もいったん終了、
与那国の娘も遊びに来そうなので、それはそれで楽しみです。


CT  単独
御池駐車場05:06 ~ 広沢田代05:52 ~ 5合目06:29 ~ 熊沢田代06:39 ~ 7合目07:25 ~
8合目07:56 ~ 9合目08:06 ~ 爼嵓08:24 ~ 柴安嵓09:02 ~ 下山09:25 ~
分岐09:44 ~ ミノブチ岳10:03 ~ 林道分岐12:00 ~ 長蔵小屋12:25 ~ 沼山バス停13:15
8時間9分(休憩含む)


プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ