錦の秋<会津駒ヶ岳>2

中門岳からほぼ平坦な木道をなおも奥へ進むと、ここが「神々の遊ぶ庭」
_1790816.jpg
ここから先へは登山道はありません。 



はるか向こうまで雲も見えない素晴らしい青空のもと、
_1790794_20140930212053e68.jpg


なにもいうべき言葉もなくて、
_1790807.jpg


ただ、この場にいるという幸せ
_1790812.jpg


背中にあたる日の光が暖かい・・・・ ゆっくりとお昼にしましょう。
眠くなってきた・・・


さぁ、そろそろ、と重い腰をあげようとした、その時、


見慣れた人影が・・・・・・
_1790818.jpg
うわ!!、やまとそばさんじゃない?

びっくりした~!! 


初めは今回参加する予定だった、やまとそばさん、前日にキャンセルされた、と聞いていました、が、
「行かれない」 のではなく、「集合時間には行かれない」ということだったのね~
山仲間さんとお二人で、2時間遅れのスタートだったようですが、ここで追いつかれた私たちって・・・・



ともあれ、再会を喜び合いました。
_1790820.jpg


お二人がお昼を食べる間、またまたのんびりして待ちましょう。
って、のんびりするのは、任せて~と chikoやん
_1790830.jpg


まわり中、山だらけ、地図を広げて、名前の確認
_1790837.jpg
向こうからやってきた よそのパーティのおじさんたちも、覗き込んできたりして




いつまでもいたいけれど、そろそろ帰る時間、
_1790793.jpg
燧岳に向かって歩く、帰りの道も最高です。

 

5人に増えた「とんでもない隊」
yamatosoba3_convert_20140930215432.jpg
                                            (やまとそばさんからのいただきもの)


駒の大池まで戻り、居合わせた駒の兄さんをそそのかして、みんなで・・・
chikoyan5_convert_20140930215858.jpg
                                            (chikoやんからのいただきもの)


ちょうどそのころ、夫っとは 裏燧散策からもどるバスの中、さぁ、急いで帰らないとね



とは言っても、またまたなかなか帰れないでいる面々、こんなことしたり、
yamatosoba4_convert_20140929110718.jpg
                                             (やまとそばさんからのいただきもの)


こんなことしたり・・・・
_1790902.jpg

 

やっとこ、登山口にかえりつきました・・・とさ
ringo11_convert_20140929110548.jpg
                                           (リンゴさんからのいただきもの)


楽しい時間をありがとう!
ringo12_convert_20140929110618.jpg
                                            (リンゴさんからのいただきもの)



桧枝岐村の食堂のテラスで、夫っとはビールを飲みながら待っていてくれました。
裏燧林道、最高だったようです。
帰りの車中は、駒と裏燧林道の自慢大会(笑) どっちも一歩も引きませんでした。



翌日、菖蒲が浜の朝、この日も最高のお天気が続いていたので、キャンプ場も大盛況の様子、
こちらの紅葉は、これからのようですね
_1790909.jpg


プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ