与那国島 <番外編>


シーサーの絵ハガキ




あまりにも、夏の旅行、それも与那国島で過ごした日々が楽しくて、
ブログをつづりながらも懐かしく思い出し、いささか、燃え尽き症候群の私ですが、
そんな時に、与那国島から、「お盆が始まったよ~」というメールと共に、写真が送られてきました。


お盆の時期は、毎年変わり、今年は8月26日から28日まで。

立派なお盆の飾りつけと、御供え物もたくさん!
私が送ったお中元も飾られていますね~、
今度から 与那国のお盆に合わせて送らなきゃね。
お盆の期間中、ご先祖様の分の食事も、1日3回用意されるそうです。
ちなみに、33回忌までのご先祖様だそうです。

お盆のご馳走は・・・・・・豚の三枚肉、昆布、魚の天ぷらなど、沖縄らしい内容ですね。

ご馳走に加え、なにかと忙しいので、この時期、保育所も、できるだけ家庭保育をお願いします、なのだとか。
fc2blog_20150828113547b7a.jpg
保育士さんも、みんな島の主婦ですからね。


そして、自宅に帰ってくる先祖の霊を敬う、歌と踊り、エイサーが各戸を回ってきました。
fc2blog_20150828113502e68.jpg
若者の踊り、と聞いていたけど、どうやら子供ですね。
都会では見られない、伝統芸能の継承、うらやましい限り。


ちなみに、いわゆる葬儀社というものがない与那国島、島で亡くなる人が出ると、
親戚はもとより、隣近所もみな手伝って、まずは 棺桶作りから始めるそうです。
まさに、相互扶助、なんですね。
そして、神社はあっても神主さんはいないし、もちろん寺もないので、その代わりに
巫女さんが昔からいて、お寺さんのかわりを務めるそうです。
土葬で埋葬されますが、近年は石垣島などに入院している場合も多くて、
その場合は、石垣島で火葬されるそうです。



そして、送り盆の28日、またエイサーが各戸に回ってきました。
弟さんが太鼓をたたいています。




夜の10時くらいになってやっと送り火。 あまり早い時間に送ってはいけないそうです。
あの世で使う紙のお金を、半紙と一緒に燃やし、その時にご飯も少し一緒に燃やすのだ、とか。

こういうものが、ちゃんとお盆用品として、売られています。


お盆が終わると、こちらは秋、という感じになってきますが、与那国島はまだまだ暑いのでしょうね。



さて、今回の旅のお土産は・・・・
おなじみのスパムポークですが、ガーリック味です。
  
そして、じゅーしぃご飯は、レトルトで売っているのです。
なるほど、これなら手軽に作れますね~


島の雑貨店、「さくら」さん、今までいろいろ買っていて、大ファンなのですが、
今回は行く時間がなかったのだけれど、ホテルの売店で売っていて、手に入れました。 
手作りせっけんです。
_DSC1344.jpg



そしてこれは、祖納のマンホールの蓋ですが・・・・
fc2blog_20150828113703177.jpg
日本最西端、のデザインです。
よくみると、左から、世界最大の蛾、アヤミハビル(ヨナグニサン)、
真ん中には 与那国馬、 そして右端には、カジキ です。
最西端なので、海へ沈む夕日、のデザインでしょうか。





与那国から帰った最初の週末、そろそろ夏休みも終わる、ということで、
宿題を一気に片づけるために、みんなで日光に行きました。
家でやればいいのだけれど、場所を変え、気分を変え、カンヅメ状態で、仕上げるぞ!だそうです。


1年生、YUI の自由研究、去年のHANA は、赤岩滝の地図でしたが、
今年はもちろん、与那国島の地図です。
_1080314.jpg
朝からとりかかり、もう暗くなっています。


そして出来上がったようです。 絵の上手なお父さんが、今年も大活躍。
_1080323.jpg
あとは余白に、みんなの似顔絵を描いて、終了。


1年生の自由研究、子供だけでできるもの、という解釈もあるけれど、
あくまで自由な研究なので、我が家では、夏休みならではの、家族一緒に作り上げるものを。


これで宿題も終了~


もう秋の気配も濃厚ですね、私も先に進まなくちゃ。


長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ