FC2ブログ

10月の雪

_1310282-2.jpg
燧ケ岳


思いがけない冬景色  の続きです。


私はこちら、アヤメ平へ向かいます。
fc2blog_20171029153830e16.jpg


ほどなく、うっすらと雪が・・・・ 
_1310152.jpg


まだ溶けてない~
_1310154.jpg



この時間でも、誰も入っていない、ようですね
_1310159.jpg



これはいいなぁ。
_1310163.jpg



コメツガに湿った雪が重そうです。
_1310165.jpg



_1310167.jpg



10月に思わぬ雪景色で 心わくわく
_1310172.jpg


この4つの足跡はなんだろう? うさちゃんかな?
_1310175.jpg
冬には、動物の足跡を見る楽しみがあるな、と思い出す。


開けたところに出てきました。 
_1310179.jpg



横田代です。
_1310181.jpg
この辺り、雪は3センチほどもあり、キュッキュッと鳴る音が 嬉しい。



小さな池塘が凍っています。
_1310180.jpg



大き目な池塘に写る雲
_1310186.jpg



横田代からはどっしりと大きな至仏山が見えてきます。
_1310210.jpg



至仏山の向うは谷川岳の方ですね
_1310219.jpg



さらに右手には、越後の山々と手前に景鶴山、 その下には、尾瀬ヶ原が見えています。
_1310229.jpg



アップした尾瀬ヶ原、まだ秋
_1310230.jpg



上州武尊山
_1310236.jpg


日光白根山と右手は皇海山?
_1310242.jpg




あれ?これは? なんだろう? 
_1310199.jpg



粉砂糖のかかったミルフィーユみたい
_1310206.jpg



_1310207.jpg



中原山を越えると、アヤメ平です。
_1310243.jpg



ひさしぶりの燧ケ岳~、
_1310252.jpg


相変わらず、すっきり~
_1310282.jpg



と、撮っていると、向うから1人の男性がやってきた。
今日は一人だけ?と思っていたので、ちょっとびっくり。
_1310268.jpg
ベンチで私が休んでいたので、通り過ぎて行きました。



_1310269.jpg




凍っている池塘も
_1310263.jpg



_1310264.jpg



氷模様もきれい
_1310296.jpg



至仏山
_1310347.jpg



やはり青空が映るときれいです。
_1310357.jpg



さようなら、また来ます。
_1310351.jpg


横田代までくると、鳩待峠から年配のご夫婦がやってきました。
思わぬ雪で、歩くのにも苦戦している様子。 
時刻は12時、奥様の方が 「富士見峠にはバスはありますか?」と。
ここ、アヤメ平は初めてだそうです。
道標には、 鳩待峠、 富士見峠 〇〇キロ と書いてあるので、
下山路の富士見峠からもバスがあると思っている様子。
さらには、「大清水からはバスがありますか?」 と。


こんな時間でしかも積雪もあるので、大清水はとても遠いこと、
富士見峠から下るのは、2キロの林道歩きで、その先もバスはないこと、
このままアヤメ平まで行って、引き返して鳩待峠に戻ってください、と
念を押しました。


あまり調べてきてないのだなぁ、と、不安になりました。


山は自己責任ではありますが、この方たちは入山するにも時間も遅すぎるし、
奥様の歩き方も心もとない、装備はしっかりしていましたが、
やはり準備不足ですね。



_1310370.jpg

帰路、中途半端に溶けた雪が乗った木道、
さぁ、滑って下さい~っと言わんばかりのツルツルさ。
ちょっとでも気を抜くと、スッテンコロリン、2回やられました・・・・・・


鳩待峠からの帰路、黄色に染まる山道を下る。
_1310379.jpg



戸倉からの帰り道、紅葉の溪谷
_1310392.jpg


プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ