FC2ブログ

上高地を彷徨う

_1330057.jpg
梓川畔


上高地でスノーシュー 2018年2月4日



すっかり体調を崩した1月がやっと過ぎて、
そろそろ雪のフィールドに出たい!と思えてきた、
ならばせっかくだから遠出がしたいなぁ。


と思っていた矢先、トレッキングさんが、白馬八方尾根に
スキーをしに行ったレポを読んだら、
なんと、昔泊まった大学の山小屋が写ってる!


となったらどうしても見たくなって、
またしてもトレッキングさんにお付き合いいただいて
白馬八方尾根へスキーに行ってきました。


黒菱ゲレンデにあるその山小屋は、自炊でお風呂もなく、
それなりに苦労しましたが、若かったから へいちゃら、
それよりも小屋の眼前に広がる白馬三山が、
強い印象となって記憶に残っていました。


黒菱ゲレンデを滑り、その小屋も確認出来て、大満足、
もちろんスキーも満喫した後は、早めに切り上げて、次の目的地に向かいました。


そんな訳で、翌日は、


憧れの 冬の上高地へ!


上高地はマイカー規制となっているので、
通常でも途中からバスやタクシーで入山しますが、
冬場は入り口の「釜トンネル」から先は通行止め。
すなわちここから全て歩きとなります。
_1330147.jpg


右の丸いのが釜トンネル、左は、というと、これもトンネルなのですが、
現在は使われていなくて、なんと通称「おばけトンネル」、
有名な心霊スポット…だそうですよ。


fc2blog_20180206141604642.jpg


釜トンネル内部、足元は乾いてますが、
ずっと登りなので、結構つらい…
約1.3キロあります。長いです。
_1330031.jpg


その先にもう一つトンネル。
これは上高地トンネル、新しいです。
_1330034.jpg


やっと出口。 スノーシューをする方達が準備していました。
_1330035.jpg


上高地トンネルは2016年7月の山の日に開通しました。
_1330039.jpg


さて、私達もスノーシュー履いて出発します。
ちょっと回り道してしまい、梓川の右岸を行きます。
_1330043.jpg



黙々と歩き、焼岳への登山口の分岐を過ぎ、
西穂高岳への登山口があるところが田代橋、今度は左岸に渡ります。
_1330044.jpg


予報では昼頃から晴れマーク☀️!
でも今は雪が降りしきるだけ、山も見えません…
_1330045.jpg


田代橋には冬季用のトイレもあって、
スノーシューを履いたまま使えました。
なにせ激寒いので、トイレは助かる〜
トイレはそのほか、大正池、バスターミナルにもあるようです。


河童橋目指して河畔を行きます。
_1330048.jpg


広々とした河畔に出てきました。
_1330052.jpg


_1330053.jpg


広角にレンズ交換してから、ふと見上げると、山が!
霞沢岳の方、でしょうか、あまりの大きさに思わず声が出た!
_1330055.jpg



さぁ、河童橋まであと1キロ弱、
_1330061.jpg



寒そうな写真ですが、
_1330063.jpg



本当に寒い… ひたすら歩くのみ
「冬の旅」だな、これは。
_1330065.jpg



ようやく河童橋まで来ました。
_1330066.jpg



春から秋まで人でいっぱいの河童橋も、閑散としています。
_1330071.jpg



この向こうには 岳沢を抱いた前穂高が見えるはず、
心の目で見通しましょう。
_1330073.jpg


と、後ろから後光が差しているようなお山様が現れた!
_1330079.jpg


高い山がすぐそばにそそり立つ、その迫力。
_1330085.jpg


そんな上高地はやっぱり素晴らしい
_1330090.jpg


ここまで来て、戻ることにしました。
天気もなかなか回復しないし、この先まで行っても延々と続くのみ。
とりあえずお昼を食べたけれど、
手袋を外すだけで痺れるような寒さ、
そそくさと食べ終わり、帰路につきます。


スノーシューをする人たちは、日曜日というだけあって
この激寒い雪の日にもたくさん。


行きに歩かなかった梓川左岸を行って、まずは田代池へ。


なに? 今頃青空が?
白と黒の世界に青が加わった。
_1330097.jpg


雪のミルフィーユ
_1330100.jpg


田代池そばの田代湿原
_1330101.jpg


雪を纏うと岩壁もさらにかっこ良く見える〜
_1330108.jpg


お次は大正池です。
_1330124.jpg



正面は焼岳、この噴火で大正池が出来ました。
お馴染みの立ち枯れた木々は少し少なめ?な感じです。
_1330126.jpg


でもこの開けた感じはとても良いなぁ。
_1330133.jpg


河畔の大正池ホテルのそばには、猿の群れ、
夢中になって何か食べています。木の芽かな?
_1330135.jpg


帰りはなんだかあっという間に、上高地トンネル。
ここでスノーシューを外します。
_1330136.jpg



後ろにはスノーシューツアーの皆さんが15人ほどいるので、
我々は早歩きで。
釜トンネルも見えて来た。
_1330138.jpg


釜トンネル中間点。
傾斜が意外にあるので、小走りになりそう。
_1330143.jpg


終了しましたー、お疲れ様でした!
_1330146.jpg


ここから道路をさらに上がったところに
秘湯の「中の湯温泉」があり、今回我々はそこに泊まりましたが、
釜トンネルの脇にはこの「卜伝の湯」があり、冬季も入れます。
_1330148.jpg
今日はこれから上の旅館の温泉に入ることにしたので、
残念そうに見ているトレッキングさん。


釜トンネル入り口には、中の湯温泉の売店もあります。
_1330149.jpg


釜トンネルを背にして、左側は松本方面、
右へ行く道路は 平湯や高山方面、、
こんな山岳道路なのに冬季も通じているのはすごい!
_1330151.jpg
「中の湯」は右側道路すぐから折れて、つづら折りの山道を相当登ります。
車は四駆でないと登れない。
釜トンネルまでは 旅館の送迎車があります。


トンネル前では、スノーシューを楽しんだ人たちが、
沢渡から来るタクシーを待っています。
_1330153.jpg


お天気にはあまり恵まれなかったけれど、初めての冬の上高地、
やはり素晴らしかった!
寒いのは当たり前ですが、トイレの整備など、よく出来ていて、
ほんとに感心です。


発想を変えて、河童橋周辺のホテルに泊まって、優雅に散策もいいなぁ。
登山はもちろん行きたいですが、ここは北アルプス中心地、
体力的にも段々と難しくなったら、山を眺めるだけでも来たい!
そう思わせる魅力がいっぱいの上高地、
今度はまたグリーンシーズンに山に会いに来たい…


白馬のスキーと上高地スノーシューの両方を満喫して
本当に充実感いっぱいの二日間となりました。


2ヶ月のブランクがありましたが、楽しく遊べたのも
トレッキングさんあってのこと、
いつもながら、ありがとうございました〜!



Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/1041-7981f595

Comment

yosi | URL | 2018.02.08 08:09
いいですね、雪の上高地。夏しか知りませんが、あの一帯が真っ白なんですね、当たり前ですが。
限られた人だけかと思ってましたら、結構スノーハイクが入ってるようで。
行ってみたいですね、平坦なんでクロスカントリーはどうなんでしょう。
トレッキング | URL | 2018.02.08 10:08 | Edit
白馬・上高地ともお世話に成りました!
寒かった!上高地寒かったですね楽しかったですね。
西穂・独標に行かなくて良かった直ぐに撤退でしょう。
カップヌードル冷める前にかっ込みました。
yosiさんスキーの人もいましたしテント泊の方達、子供用ソリ(スノーボードの上に荷物を載せ)腰から引っ張り歩いている方達もいて楽ちんで良いですよって言ってました。
yuko | URL | 2018.02.08 15:01
yosiさん、
ガイドツアーの方たちも多かったですが、個人の人も結構いました。
釜トンネルから歩く、という事以外は、基本的には行かれますが、
yosiさんならなんの問題もないですよー
> 平坦なんでクロスカントリーはどうなんでしょう。
主流はやはりスノーシューでした。おっしゃる通り平坦なのでクロカンより
楽かと思います。あとは何と言ってもお天気!ですねー
今季、行かれたら是非、絶景を見に行ってください。
yuko | URL | 2018.02.08 15:06
トレッキングさん、2日間ありがとうございました!
ブランクがありましたが、おかげさまで2日とも楽しく遊んで来られました。
2日目は、本当に新穂高ロープウェイに乗らなくて良かった!
天気は意外にも良くなりませんでしたが、これも仕方ない。
鼻水も凍りそうな寒さで、よく昼ごはん食べられたなぁと。
中の湯温泉の発見は収穫でしたね! また行きたいと思える宿でした。
Layla | URL | 2018.02.09 23:09 | Edit
姉さん、相変わらずの大復帰!
相当ひどいことになっていそうで心配していましたが、
もうあきれるくらい元気ですね。w

上高地には行ったことがないのです。
なんか人が多そうで。。。
でも、人が多いということは魅力も多い、ということですよね。
昨年?トレッキングさんがモンベルツアーで行ったお写真を拝見し、
行ってみたいなぁ~、と思っていました。
お天気ばかりは難しいですね~。
yuko | URL | 2018.02.10 08:34
Laylaさん、いや、呆れられてしまいましたが、
無事に行って来られましたー 笑
日光は良いお天気だったみたいだけど、長野県はちょっと残念でした。
だけど、八方尾根のスキーもシニアには十分、
山小屋も確認できたし、麓からは白馬三山もなんとか見えました。
上高地は良かったですよー、グリーンシーズンはさすがに観光客もすごく多いけど、
やっぱり素晴らしい景勝地です。負け惜しみだけど、モノトーンも良かったよ。
機会があったら一緒に行きましょう!
だけど、寒かった〜ですww
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ