FC2ブログ

快晴の上高地に行った

_1330894.jpg
上高地河童橋から見る岳沢と穂高


2018年3月17~18日 快晴の上高地



春休みが始まったLaylaさんからお誘いを受けて、トレッキングさんと3人で、
上高地へ行ってきました。


前回、2月に行ったときは、雪で、しかも激寒でした。
景色もほとんど見えない、ぜひ、真っ白な穂高連峰を見てみたい、と思っていたので、
今回のお誘いは、渡りに船~、Laylaさん、ありがとう。


その前の週、栂池高原と五竜とおみスキー場に行ったばかり。
さすがに遊びすぎでは? の私ですが、この快晴予報では、黙っているわけにはいかない、
このチャンスを逃すまい、と万障繰り合わせて まずは前泊の 「中の湯温泉」へ。


翌日の 中の湯温泉玄関先から  
こんな景色を旅館から見られます。
_1330777-3.jpg


出発~
_1330780.jpg
前回の2月と違うことは、トラックなどのかなりの車両が釜トンネルを通行していたこと。
雪解けと共に、改修工事も始まっているようです。
もちろん、タクシーやバスなどは、まだ入れません。


約1,3キロの釜トンネル、しかも登り勾配をもくもくと歩くと、
次の上高地トンネルが見えてきた。 
_1330786.jpg


ここから山が見え始めた~、まずは焼岳です。
_1330788.jpg


そして、上高地トンネルを抜け出ると、いよいよ上高地へ~
道路に雪はありませんでした。
_1330789.jpg


焼岳、こんにちは!
_1330790.jpg



そして、行く手には、まさに神々しく光る穂高連峰の峰々、ああ~もうたまらない。

_1330792.jpg

前を行くのは、大きなザックにピッケルやザイル、
本格的なクライマーさんたち、
大学の山岳部、といったところでしょうか。
こんな本格的でなくても 楽しめるのが、上高地のいいところ。
素晴らしい峰々を前に、抑えきれない気持ちで歩を進めると、



大正池に着いた~!
穂高連峰が水鏡に~
_1330814.jpg



正面は焼岳です。 いやぁ、素晴らしいなぁ。
_1330816.jpg



上高地を流れる梓川が、焼岳の噴火で一夜にしてせき止められて出来たのが大正池
以前は、立ち枯れた木々がならび、独特の雰囲気を作っていましたが、
池は毎年縮小しているそうで、枯れ木もあまり目立たなくなってきました。


前回は焼岳はかろうじて見えたものの、こんな突き抜けた快晴に真っ白な穂高、
みんな言葉もなく、写真を何枚も何枚も。
 

Laylaさんが素敵な写真を撮ってくれました。
IMG_4273m_convert_20180328133705.jpg



それにしても、正面の奥穂~前補の吊り尾根の美しさ!
奥穂~西穂のギザギザは本当に怖そう。
_1330821.jpg



いったん、河畔を離れて、田代池の方に向かいます。
IMG_4299m_convert_20180329065321.jpg



美しい展望の中、進んでいくと、田代橋に出ました。
上高地にかかる橋の一番下流、この先は、河童橋となります。
_1330850.jpg



IMG_4351m_convert_20180329065415.jpg




真っ白な雪面に木の影が
_1330855.jpg



梓川左岸には、六百山、
_1330856.jpg



六百山に連なる霞沢岳  
つい、穂高に目を奪われますが、こちらもかっこいい
_1330861.jpg



河原に出てきました。
_1330872.jpg


絶景スポットです。
_1330874.jpg


赤い枝のケショウヤナギ、← Laylaさんに教えてもらいました。
_1330876.jpg



_1330877.jpg


河童橋に出ました。

_1330901.jpg

DSC02666_convert_20180329065124.jpg


前回は見られなかった、この展望
_1330905.jpg


風もなく、絶好のハイキング日和の中、
今回は、ゆっくりと河畔でランチが出来ました。
_1330917.jpg



予報通り、昼過ぎからは、薄雲が張ってきた。
さぁ、帰ろうか。 河童橋正面は、明神岳です。
_1330922.jpg



_1330925.jpg



帰路は梓川右岸から。 
_1330927.jpg
雪の時期でないと通れない河原は、広々~


上高地の開拓者、ウェストンのレリーフ
_1330939.jpg


このあたりの河原も なかなかいい

_1330942.jpg


西穂高への登山口、 その昔、5月の連休に独標まで登ったけど、
上高地の展望が素晴らしかった・・・・・
_1330951.jpg


そして再び、田代橋
IMG_4454m_convert_20180329064916.jpg


赤いケショウヤナギの木々が、色を添えてきれいでした。
これはかなりの希少種らしく、北海道の一部ほか、この辺りにしか
見ることができないそうです。
_1330953.jpg
そう思って見ると、また違った気持ちになります。


あとは、もくもくと歩き続け、
とうとう釜トンネルの出口にたどり着きました。
_1330957.jpg


春になり、雪も締まってきて、スノーシューは履かずに、
軽アイゼンやチェーンスパイクで歩きました。
それだけでも季節の移り変わりを感じた日、
予報通りの快晴、真っ青な空に白い峰々、
風もなく穏やかな1日、かけがえのない仲間と一緒に
こんな景色を見られて、宝物のような1日となりました。

トレッキングさん、Laylaさん、お世話になりました!

Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/1051-51d7cddb

Comment

トレッキング | URL | 2018.03.30 09:59 | Edit
快晴の上高地を楽しむ事が出来ましたね!
あの山なんて言う山なんだろうと私も調べました。
ひときわ目立ってた六百山、俗に「魔の山」とも言われているそうです怖いですね。
今回上高地に行ってBS・TVで知った「日本で一番雄大な眺望」とたたえた絶景が待っているという上高地クラシックルートを歩いて見たく成ったほどでした。
暖かく成って軽アイゼンで歩ける上高地も良かったですね楽しむ事が出来お世話になりました。
yuko | URL | 2018.03.30 15:18
トレッキングさん、前週に引き続き、お世話になりました。
栂池も五竜も、そして上高地も、これ以上ない天気に恵まれました!
そうですか、六百山は「魔の山」なんですか。
穂高連峰の向かいですが、存在感がありました。霞沢岳もカッコイイです。
クラシックルートは徳本峠越えですね。
本当の感動はこちらかもしれません。
そういえば、中の湯温泉は焼岳の登山口なんですね。
帰ってきた時、ちょうど下山してきたグループがいました。
行きたいところがまたまた増えてしまいます。


日本で一番雄大な眺望」
Layla | URL | 2018.03.31 21:36 | Edit
2日間お世話になりました!
初めての上高地、お二人のおかげで十分に楽しめました!!
ひとりでお化けトンネルの横は歩きたくないものなぁ。w
上高地、穂高連峰、などは私には遠く手の届かない場所でしたが、
上高地を歩き、穂高を間近に眺めることができ感動でいっぱいでした!
中の湯温泉もとても良い旅館で、また行きたいくらいです!
冬のレポを改めて拝見しましたが、ようやくよくわかりました。
グリーンシーズン、紅葉シーズン、人は多いでしょうが、
なんだか興味が湧いてきてしまいました!
またよろしくお願いします!!
yuko | URL | 2018.03.31 22:01
Laylaさん、2日間、楽しかったですね!
上高地デビューがあんな快晴で、うらやましいですよー。
真冬と今回、釜トンネルから歩いて、これもいいなぁ、と思いました。
普通はバスターミナルまで素通りですからね。
大正池もその先もとっても良い所でしたね。
私も改めて2月のレポを読み返し、ああ、そうだったなぁ、と。
北アの山懐の上高地、また行きたいですね!
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ