FC2ブログ

尾瀬はやっぱり広いな

_1340824-2.jpg
水芭蕉が咲き始めた尾瀬ヶ原 (竜宮近く)


GW最終日~、 さぁ、私もどこかに行きたい!! ということで、
トレッキングさんと尾瀬に行ってきました。
金精道路が開通したので、尾瀬は近い! 家から戸倉までは約1時間の行程です。



2018年5月6日 尾瀬・鳩待峠~アヤメ平~竜宮~鳩待峠



アヤメ平が大好きな私、それを知っているトレッキングさんが、
連休最終日、行きましょう!と誘ってくださいました。
ピストンではなくて、竜宮に回り、尾瀬ヶ原も歩こう・・・と。
大丈夫かな? このところの運動不足、ピザ試食品作りの食べ過ぎ気味・・・・
不安はありますが、まぁ、なんとかなるさ!


連休最終日の道路はもっと混むのか? と思ったら、
トレッキングさん情報によると、高速道路も含めてガラ空き、という感じで
戸倉で待ち合わせ、着いた鳩待峠も 閑散~っとしていました。


もっとも、今年の雪解けの速さもあって、みなさんお目当ての至仏山もこの通り・・・・・
_1340732.jpg


山スキー、スノーボードを抱えた人もいましたが、滑るところあるの?という感じ。


我々は、さらに閑散としているだろう アヤメ平へ向かいます。
fc2blog_201805151145528ea.jpg



どうやら連休中もこちらに入った人は、ごく少ない様子、
入口から結構な残雪、でもつぼ足で進みます。
雪はグズグズ・・・・・
_1340733.jpg


そのまま進んでいくと、どうやら最初の湿原、横田代に着いたようです。
_1340736.jpg


雪に埋もれた標識の杭、 のぼってみ、とトレッキングさん、
ひぃ、なんか難しいよぉ
DSC02772_convert_20180516221849.jpg
でもなんとか登れた~



今度は、トレッキングさんの番
_1340739.jpg



一回じゃぁ、うまくいかないよ。
_1340742.jpg



おし!!、どうだ!
_1340743.jpg


しまった、連続写真にすればよかった・・・・・


と遊んだ後は、先に進みます・・・・
後ろを振り返ると、いつの間にか至仏山~

_1340748.jpg


木道出現率がどんどん高くなる
_1340751.jpg


至仏山の右手には、上越方面の山々
_1340753.jpg



目の前のなだらかな山は中原山、向こうに燧ケ岳が見えてきました。
_1340761.jpg


右後方には、上州武尊山、こちらも雪は少なめです。
_1340763.jpg


中原山に着きました。 鳩待峠からの標高差は 377m 
_1340766.jpg


右手には、ひょっこりと 日光白根山、今日はあの麓の方から来たんだなぁ。
_1340767.jpg


 
そして、空がバァンと広くなると・・・
_1340768.jpg



アヤメ平到着です。 ここは何といっても燧ケ岳の大展望。
_1340769.jpg



雪も消え残り、花もなにもないのだけれど、この山上の湿原は大好きです。
アヤメ平にまた来ることが出来ました。
_1340770.jpg


DSC02794_convert_20180516221916.jpg


消え残りの雪が赤茶色に...... これは赤渋現象というのだそうです。
_1340780.jpg



去年の同じころ、トレッキングさんとLaylaさんの三人で、
大清水から燧ケ岳に登りました。 春山登山で、上部はアイゼン着用、
その時に比べると、なんと雪のすくないことか!!
_1340794.jpg

その時のブログは、 こちら です。


この下は尾瀬ヶ原とそれを囲む山並み
_1340788.jpg


日光白根山と、右側には錫ヶ岳  
_1340796.jpg


さぁ、富士見峠に向けて下ります。
_1340797.jpg
この3歩後、トレッキングさん、見事に足を滑らす!! 珍しい!


富士見峠と尾瀬ヶ原に向かう分岐の池塘
居合わせた方の写真を撮ったりして しばしおしゃべり
_1340799.jpg
年配の方だったので、失礼ながらお年を聞きました。
まさかの 83歳! しかも単独行とは・・・・・・
驚きのあまり、パンを取り落としたトレッキングさん、(嘘)
予想を10歳以上も上回るお年でした。


あと20年後の私・・・・ 果たして山歩きが出来ているのだろうか?
100%の確率で、無理! 


そんな山のつわものをお見送りしてから、我々は尾瀬ヶ原に降りていきます。


この長沢新道は・・・・・ 長い、長い上になかなかの急傾斜もある、
過去に同じルートをたどったとき、濡れた木道で、見事にすってんころりんした私、
苦手な道ですが、今回は、残雪多し、下りやすいのか やりにくいのかよくわからない・・・・・

その時の記録は こちら です。 もう5年も前のことでした・・・・・

_1340804.jpg



木道も出ていますが、それ以上に結構荒れていました。
_1340808.jpg



おお~っと~!! トレッキングさん、3度目のすっころび~
_1340810.jpg



そういう時には、写真を撮るように、とのお達しで、今回は撮りました。
_1340812.jpg



苦笑い
_1340813.jpg



やっと尾瀬ヶ原に着いたようです。
_1340814.jpg


さぁ、竜宮まであと少し
_1340815.jpg


流れで、ドロドロのチェーンスパイクと靴を洗います。
_1340818.jpg



_1340819.jpg


すると、あら!! 水芭蕉が咲いてる~♪ 
_1340824.jpg


こっちにも~
_1340826.jpg


池塘に残る雪
_1340829.jpg



尾瀬ヶ原~
_1340835.jpg


竜宮小屋と燧ケ岳
とてもGWのころとは思えません。
_1340839.jpg


正面の至仏山を見ながら、ひたすら歩きます。
_1340842.jpg


_1340845.jpg


所々、水芭蕉も咲き始め
_1340847.jpg


水芭蕉スポットの大堀川、水芭蕉はまだ赤ちゃんのようです。
_1340859.jpg



やっとのことで、山の鼻に到着しました。
原は閑散としていたのに、ここには結構な人がいてびっくり。
_1340872.jpg


正直、バテバテでした。
ずいぶん歩いていないのと、長沢新道でおもいのほか苦戦したあとの 
尾瀬ヶ原の木道歩き、それもなんとか終わりましたが、
さぁ、鳩待峠までの登りの1時間半が、本当につらい・・・・
なんだって、最後の最後にこんなに登るのぉ・・・・・・と毎回思う・・・・・・
山の鼻で、カメラもスマホもザックにしまい、臨戦態勢💦

あとはひたすら何も考えずに上る、登る・・・・

なんでも始まればいつかは終わる・・・
鳩待峠には、なんと1時間弱で到着しました、とさ。

この日の歩いた距離   21.7キロ
歩数             34441歩
上がった階段       31階 


尾瀬ヶ原で 超速歩きをしていたトレッキングさん、
前日も山歩きをしていた、とかで、実は 「ばてました」って?
嘘でしょ?


ばてたのは、私です。
翌日からは絶賛筋肉痛となりました。



Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/1060-46e6934a

Comment

| URL | 2018.05.17 16:50 | Edit
アヤメ平ゴールデンウィークでも数人しか入ってなかったようですね良いところなのに。
アヤメ平と言えど侮れないですよ鳩待峠から377m登った後、尾瀬ヶ原に向かって450mの激下りです。
83歳のおじさんには驚きましたね!
管理職をしてたので山を歩き始めたのは65歳過ぎてから人の倍以上時間をかけて歩いてると言ってましたが年齢の割に良い一眼レフや良い装備でしたのでつい会話が進んでしまいました。
1人で歩くときでない限り、ゆっくり歩くのを心がけているのですが速すぎでしたか気をつけます。
yuko | URL | 2018.05.17 22:34
一日お世話になりました!
アヤメ平、私は大好きなのに、そんなに人が入らないのは何故かな?
去年の10月、雪の後に入ったとき以来でしたが、やっぱりいいですね。

長沢新道の標高差は450mですか! 
雪もグズグズだったので、手間取りましたね。まぁ登るよりはいいかな。

83歳で単独行、ちょっと怖い気持ちもありましたが、しっかりした装備でしたね。
長く山を楽しまれているようで、すごいなぁ。
それまで健康でいられるかしら? 
Layla | URL | 2018.05.22 11:05 | Edit
約22キロの歩行距離ですか!
行かなくて良かった。w
いえいえ、ご一緒しなくてすみませんでした。
アヤメ平は是非お花が咲いた頃に、
できたら名前の由来ともなったキンコウカが咲くころに伺いたいです。
が、行きたい所が多くて選択に困りますね。

今回私も会津駒で、年齢はわかりませんが年配の方が、
朝9時過ぎに小屋まで登っていらしたので、
「何時に出発ですか?」と伺ったら 「6:20ごろかな。」って。
約2時間半! 
CTは3時間となっていますが、わたし2時間半じゃ水場がやっと。w
鍛えなおさなければ、と思いました。。。
何度も思ってるけど。。。(^-^;
yuko | URL | 2018.05.23 17:32
Laylaさん、
> 鍛えなおさなければ、と思いました。。。
> 何度も思ってるけど。。。(^-^;
毎週のように、山に行っているのだから、一番いいのでは?と思いますよ~
Laylaさんは写真を撮りながらなので、時間がかかるのは仕方ないでしょう。
山も写真も同じように大切だものね。
早い人は早い、体力が違うのだから、と私もすっかり割り切っていますよ~
でも、トレッキングさんの尾瀬ヶ原のスピードには参った~(笑)
必死に歩いてもどんどん距離が広がるばかりでした。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ