FC2ブログ

男体山2018

_1360195-2.jpg
男体山山頂の大劔


2018年6月14日 男体山



麓に住まいを構えてから、まだ2回しか登っていない男体山、
神様の山でもあり日光の象徴ですが、なんとなく登山には縁遠い存在でした。


週末は混んで駐車もままならない、というのをいつも目にしていたので、
平日のこの日、梅雨のさなかながら 天気が良さそうなので、行ってきました。


その前日、お友達の晴れさんご夫妻が 奥日光でウェディングフォトを撮るという素敵な一日、
私も是非見てみたい、と思いながらも、どうしても都合がつかず、夕方日光に到着・・・・
でも、もしや? と金谷ボートハウスに近づくと、駐車場に一台だけポツンと、
見覚えのある車が・・・・ 


やっぱり晴れさんたちご一行でした。


わぁ、間に合った~ (((o(*゚▽゚*)o)))


ということで、ほんの15分ほどでしたが、湖畔の夕景をバックに
プロの撮影を見学させていただきました。 感激しました!!
また何かのご縁がありましたら、お近づきになりたいです。



さて、翌日朝、見上げる男体山はすっきりと晴れています。 さぁ、頑張ろう。
_1360069.jpg



麓からほぼ直登なので、きついながらもどんどん高度は稼げます。
樹林の間から中禅寺湖が見えてくると、嬉しい!
_1360076.jpg



上野島と社山
_1360093.jpg



4~5合目あたりに来ると、花が終わったシロヤシオの代わりにドウダンツツジ
_1360096.jpg



花もいいけど、やっぱり展望第一の私です。
手前の桟橋は、船の駅中禅寺、向こう側は立木観音の桟橋と、歌ヶ浜
_1360114.jpg




山の稜線に白く見えるのは、半月山スカイラインの第一展望台です。
_1360116.jpg



登山路は観音薙を直登するので、大岩がゴロゴロした急傾斜ばかり、
苦しいけれど、どんどん登って9合目を過ぎると、火山礫ザクザクの道
このあたりから 景色が良すぎて嬉しくて、立ち止まってばかり。
レンズを広角に替えました。
_1360131.jpg
それまで、中宮祠の町の方が見えていたけど、このあたりから、
千手ヶ浜の方が見えてきます。 
白い千手ヶ浜と 遠くに皇海山


千手ヶ浜と右には戦場ケ原、その上には日光白根山
中禅寺湖と戦場ケ原の高さの違いがよくわかります。
_1360140.jpg


登りにくい砂礫・・・・
_1360150.jpg


華厳渓谷の方から雲が押し寄せる・・・・
_1360154.jpg


ようやく山頂です。
_1360157.jpg


到着~  まずはお詣りをしました。
_1360158-2.jpg


二荒山大神
_1360160.jpg


雲の上にいる実感
_1360169.jpg


太郎山の方が見えてきました。
光徳アストリアホテルと光徳牧場、光徳の林は広大だなぁ・・・・
遠くに燧ケ岳の双耳峰と、そのずっと右手に白くなだらかな会津駒
_1360180.jpg



大劔に行ってみよう
_1360184.jpg



大劔はピッカピカです。
_1360195.jpg
麓の中宮祠の学校のあるあたりから、この劔が見えて、キラキラ光っていました。
なかなか見られなくて、見えた時には、感激したものです。



雲海に見ほれるお兄さんをモデルにして、
_1360212.jpg



何枚も何枚も・・・・
_1360228.jpg



やっぱりこういうのが好きだなぁ・・・・
_1360246.jpg



_1360254.jpg



太郎山に大きな雲の影
_1360257.jpg



千手ヶ浜のアップ  奥に見えるのは西ノ湖でしょうか。
手前の赤い屋根は、旧プリンスホテルです。 桟橋も見えます。
_1360259.jpg


山頂はほどよい風が吹き、暑くもなく寒くもなく、心地よい晴れでした。
居心地よく、景色も最高、写真もたくさん撮って、昼寝でもしたくなるほどですが、
下りが待ってる・・・・・


登ったら、降りる、当たり前だけど、下りは気を付けないとね。 
特に今日は単独行、転ばないように、ゆっくり下りましょう。


_1360279.jpg



ゴツゴツの溶岩と雲と眼下の中禅寺湖
_1360283.jpg



いいなぁ、好きだなぁ、と写真を撮り、後で見たら、レンズにゴミ・・・・・ Σ(゚д゚|||)
_1360289.jpg


ゴミ・・・・ 
だけど、渓谷の方から上ってくる雲が、この男体山で押しとどめられているのがよくわかります。
_1360295.jpg



中宮祠の町が雨や曇りでも、奥日光戦場ケ原は晴れている、
今日もそんなお天気です。
_1360298.jpg



樹林帯に入り、歩きにくく急な観音薙をひたすら下る。
さすがに標高差1200mは長い、もう飽きたよ~疲れたよ~
普段痛くならないスネまでちょっと痛くなってきたころ、
5合目あたりに可愛いドウダンツツジ、



たくさん撮っていたけれど、誰も足を止めません。
_1360319.jpg



こんなに可愛く咲いているのに、もっと見てやって~
_1360318.jpg



さらにずっと下りは続き、やっと四合目を過ぎて、林道の途中に
一本だけのヤマツツジ
_1360342.jpg



登拝門に到着しました。
_1360346.jpg



山頂はもう雲に隠れ気味でした。
_1360350.jpg



無事に登ってこられたことを感謝して、本日は終了です。






Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/1068-9dab15e0

Comment

晴れ夫 | URL | 2018.06.19 14:37
撮影の時に来ていただいてありがとうございました。
一日、撮影されて・・・
撮影の進め方や画角など大変勉強になる一日でした。
(真似しようと思ってもなかなか・・・)

男体山は素晴らしいお天気でよかったですねぇ!
レンズのごみ・・・私のカメラは撮像素子にゴミとりついてないのでもっと大変~~~
yuko | URL | 2018.06.19 16:19
晴れ夫さん、
撮影はお疲れさまでした。待った甲斐があった素晴らしいお天気で、よかったよかった。
私も、巨匠の撮影会をもっと拝見したかった~、本当に残念ですが、少しだけでも見られました。
ボートハウスは、もしや?? と思って近づきましたが、ドンピシャでしたね。
車から ドレスとモーニング姿のお二人が降りてこられて、わぉ!!という感じでした。

> 男体山は素晴らしいお天気でよかったですねぇ!
> レンズのごみ・・・私のカメラは撮像素子にゴミとりついてないのでもっと大変~~~
山では、歩くのに精いっぱいで、そこまで気が回らず・・・でしたが、
後々後悔するので、今度から気を付けないと・・・。
ウェディング写真、今度また見せてくださいね~ 楽しみにしています。

Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ