FC2ブログ

蓼科山は怖いか

_1350799.jpg
大河原峠から見た佐久平の雲海


2018年6月9日(土曜日) 蓼科山周回



梅雨入りしましたが、なんとか土曜日は晴れそう、
いつものようにトレッキングさんと、北八の蓼科山に行ってきました。
_1350804.jpg



大河原峠から入山します。
佐久インターからずっと山道を登り、別荘地など景観がよい大河原峠、
ずっと以前、もう40年以上前ですが、白樺湖に泊まり、蓼科山に登った??? 記憶が・・・
大河原峠の名前も記憶していたけど、いったいどこから上ったのかな?
記憶をたどる登山となりました。


蓼科山もそうだけど、双子池や天祥寺ヶ原も廻ったらしい・・・・
その時、蓼科山を右手に見て

山が「にやりと笑っているような・・・・怖いし気持ち悪い・・・・」  という記憶がありました。

さぁ、その道はどこなんだろう?



北八の苔の森、でもないけれど、樹林帯の中は、いい感じです。
_1350819.jpg


少し明るくなってくると、縞枯れ現象を見られるあたり
_1350832.jpg


おおお!!、南八ヶ岳だ!!
手前の大きなのは、北横岳です。
_1350836.jpg


正面の阿弥陀岳から左に、中岳、赤岳、横岳、硫黄岳の火口に雲がかかってる~
その手前の耳のようなのは、天狗岳の西と東でしょうか。
ここも行ってみたいな。
_1350838.jpg



蓼科山荘を過ぎると、いよいよ円錐形の蓼科山に登ります。
ここは火山なので、岩だらけ、しかもずっと急傾斜・・・・
_1350845.jpg



ストックをしまい、手も使ってよじ登る感じ  なかなか急ですね。
_1350849.jpg



山頂に近づくと、ミネザクラが咲いてた~
そのほか、シャクナゲもありました。
_1350859.jpg

_1350867.jpg


山頂ヒュッテに到着です。 
_1350872.jpg


少しガスってきましたが、トレッキングさんにポーズをとってもらいました。
_1350887.jpg


蓼科山頂はプリンのような形、火口は凹んでいますが、それが全部岩岩、また岩~ 
_1350902.jpg


_1350909.jpg


残念ながらガスっていて展望はありませんが、ふもとの白樺湖が見えた!
天気が良ければ、北アルプスも見えるはず・・・・
_1350915.jpg


でも、時々南八ヶ岳が見える~ !! やっぱり嬉しい。
_1350926.jpg
山頂らしい山頂のない蓼科山ですが、標高は高くて2530m。
なんと男体山(2486m)よりも高いのですね。



山頂の岩場には、コイワカガミがたくさん咲いていました。
_1350920.jpg



蓼科山は登山口が複数ありますが、まずは大河原峠、
女神湖の方から入る七合目登山口、
そして、蓼科高原やピラタスに通じる道路のスズラン峠の三か所です。
夫っとにラインして聞いてみたら・・・・・


どうやら40数年前は、白樺湖からバスでスズラン峠まで行き、そこから登山したらしい・・・・・
ということがわかりました。 


でも、蓼科山を右手に見て歩いた記憶は???


とにかく山頂から下り、天祥寺ヶ原に出ることにしましょう。
昼近くなる時間ながら、どんどんと登ってくる人がいます。
ここまで多いとはびっくり。


再びミネザクラ、
_1350930.jpg



蓼科山中腹にある蓼科山荘から分岐して、北横岳との間に向けて下ります。

と、周囲にあれほどいた人が全然降りてこない!! 誰一人いない!!?? 
ルートは間違っていませんが・・・・ そのうち、枯れた沢を下り、歩きにくいことこの上なし。

「もう二度と来ないっ!!」  とトレッキングさんが言うほど、嫌な歩きにくい道でしたが、
始まれば終わりもかならずあるわけで(笑) 

やっとのことで、鞍部まで出てきました。 時間的には短いけれど、本当に嫌な道でした。

_1350943.jpg


天祥寺ヶ原   ここはなかなか気持ちが良い笹原です。
_1350953.jpg



後ろを振り向くと!
_1350946.jpg
蓼科山どぉ~ん、
でたなぁ、!


まだ覗いている・・・・蓼科山の坊主頭。
ここだ!この道、
_1350959.jpg



この先は、亀甲池を経由して、双子池に向かいます。
大昔の私は、蓼科山山頂から、大河原峠に下り、双子池からこの道を通り、
右手に見える蓼科山にビクビクしながら、スズラン峠に向かった、と判明しました!
かなり長い周回コースです。


左手には北横岳が大きく迫り、右手には坊主頭の蓼科山、大きな山に挟まれた、
つまり閉塞感のあるところが嫌だったのではないか? 
北横岳の記憶はないのに、坊主が怖かったのは、その形もあるかもしれません。


これはずっとあとに、奥日光の涸沼でも同じ経験をしました(笑)
涸沼は、後ろに三岳と、目の前には於呂俱羅岳がどぉ~んと迫った地形です。
この天祥寺ヶ原に酷似しています。



昔のルートがわかってすっきり。
亀甲池です。
_1350967.jpg
 


そして北八らしい森を通り抜けると、美しい双子池に出ました。
_1350978.jpg
ここはキャンプのできる雌池



そして隣の雄池は、なんと飲用できるそうです。 驚きました。
_1350998.jpg
透き通っていてきれいな湖水でした。


双子池からは、最後の登り、双子山、この山頂もなかなか捨てがたいです。
_1360003.jpg


双子山から、北横と坊主の蓼科山の鞍部を見ながら、
_1360005.jpg


大河原峠に出てきました。
_1360023.jpg


休憩も入れて9時間半かかりましたが、なかなかいい周回コースでした。


このあとは、トレッキングさんおススメの、佐久の「見晴らしの湯」で温泉と夕食を。
高速道路から見える高台の施設、なんだろう??と思っていましたが、
なんと温泉施設でした。
新しくてとてもきれい、天気がよければ、文字通り みはらしが出来る場所にありました。


楽しい一日となりました。



Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/1069-c8710fef

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ