イタリア・クロアチアの旅 (12) 天空の村

アマルフィの街は、このあたりの拠点。たくさんのバスが周辺へと向けて出発しています。
ラヴェッロもその一つ。
アマルフィを出発して、しばらく入り組んだ海岸線を巡ると、
山の方へ道が分岐し、ぐんぐん登って標高350Mのラヴェッロに到着します。

P1030522_convert_20091204103648.jpg



ここは「天空の村」と呼ばれ、かの有名なワーグナーが 好んで滞在したというヴィラ・ルーフォロで、
毎年夏に、ラヴェッロ・フェスティヴァルという音楽祭が開かれます。
ワーグナーはこの村に滞在中、オペラを作曲しています。

P1030528_convert_20091203000203.jpg



ヴィラ・ルーフォロの花の咲き乱れる広大な美しい庭園、海を背景にしたテラスに、
オーケストラの舞台が設営され、ワーグナーばかりでなく、現代音楽まで、
さまざまなジャンルの演奏を楽しめるそうです。

P1030564_convert_20091203000818.jpg

P1030539_convert_20091203000442.jpg


もう一つの有名なヴィラ・チンブローネを目指して歩いていきます。
P1030603_convert_20091204213753.jpg


P1030615_convert_20091204214033.jpg


P1030625_convert_20091204214314.jpg


ヴィラ・チンブローネ、昔は邸宅だったそうですが、現在はホテルになっています。
海に突き出すような庭園の先端には、銅像が沢山。その下にはアマルフィ海岸の絶景。
あくまで紺碧の海と空がとけ込んでしまいそうです。
P1030650_convert_20091206162106.jpg

P1030640_convert_20091206162449.jpg


Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/12-312ff016

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ