エゾハルゼミ



もう一つの目的は、エゾハルゼミをカメラに収めること。

光徳牧場のそばのカラ松林をガイドさんが案内してくれる。
「さぁ、カラ松にくっついているセミを探してみて下さい」と
言われて、きれいな林に分け入る。

エゾハルゼミは1000M以上の高原にいるヒグラシのようなセミで、
ちょっと変わった泣き声が特徴のようだ。

目線よりちょっと上あたりの 比較的太いカラ松に貼り付いているのを見た。
生態はよくわからないが、産卵のために幹にくっついて、産卵のあとそのまま
死んでしまうのではないか?とも思う。

不思議にも どこのカラ松林にいるわけでもなく、光徳のこの林では
比較的見つけやすいようだ。






Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/182-0e076ece

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ