電動鼻吸い器を買った

子供はまだよく鼻がかめない。
赤ちゃんは特にそうで、鼻も細いために、風邪の時期には、鼻水対策が意外に大変。



耳鼻科に行くと、子供には必ず鼻水の吸引をしてくれる。
シリコンチューブの先端のガラス製の器具を鼻の穴に入れて吸うが、
器具の先端は球状になっていて、不用意に奥まで入るわけではない。
器具をぐりぐりと動かすと、奥のほうの鼻水までが吸い寄せられて、
気持ちよいほど、ズルズルと引っ張り出せる。



考えてみると、鼻水にはウィルスが一杯だ。
鼻をかめずに飲み込んでしまうと、それが気管に入り風邪に感染し、
耳管に入れば、中耳炎になる。
だから鼻水吸引はとても大切なのだ。



とはいえ、忙しい毎日、いつも混んでいる耳鼻科へ通うのは一苦労。
簡易型の鼻吸い器を使っていたが、大人がスィ~と吸ってやるので、
どうかすると子供の風邪が大人にも簡単に移ってしまう。
これは千円弱の簡易型

_1260917_023.jpg







母親が執念で色々探した結果、電動鼻吸い器を見つけた。
家庭用に作ってあるが、性能は医療用にあまり劣らないようだ。
やってみると、意外に面白くて、ズィ~と吸えるのがちょっと快感らしく
医者ではいやがるHANA も YUI も自分でやっている。
朝、起きるとやり、帰宅すると、競い合いながらやっている。

_1260853_022.jpg

価格は2万以上、細かい部品を買いたして、3万弱のお値段だけど、
耳鼻科でする吸引を家庭でいつでも出来る、というありがたさはお金には代えられない。
子供が多い家なら、なおさらだ。




こちらは、毎日押さえつけられて、大泣きして吸われている GAKU
でも、すっきりするらしく終わるとニコニコになる。

_1260893_024.jpg










Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/196-778c80db

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ