与那国島に行ってきた =1=

_1280527_055.jpg


地震から一週間たった。
今まで経験したことのないほどの天災に、家族や自分が今までいかに
平和に幸せに暮らしていたのかを再認識した。

亡くなった沢山の人、行方のわからない人、そして避難所で不自由な生活を
余儀なくされ、寒く、空腹で、先の見えない絶望感、毎日、食事が取れて、
暖かく寝られることが 本当に幸せなことなのだと、よくわかった。

なんとも落ち着かない日々で、とりあえず募金をしただけの今だけれど、
ほんの2週間前に、娘一家を訪ねて与那国島に滞在した平和な日々を思い出し、
少しずつアップして行こうと思う。忘れない内に、
そして中断されないことを祈って......



つい数年前まで、私は与那国島がどこに位置するか知らなかった。
日本の最西端ということだけは知っていたが、漠然とした知識で
沖縄の島々にあまり興味がなかったせいもあって、外国よりずっと遠い存在だった。


それが今は、末娘が結婚し、孫2人と住む身近な場所となった。
人生、いつどうなるかわからないものなのである。


与那国島の正確な場所というと、台湾の太平洋側、111キロ、これが一番わかりやすい。
八重山諸島の隣の島、有名な石垣島とは124キロ離れているから、台湾の方がずっと近い。
人口は1725人だという。小学校2校、中学校1校、高校はない。
2003年に放映された「ドクターコトー診療所」のロケ地で有名になった。
また、尖閣諸島も近くて、自衛隊誘致も決まった、国境の島なのだ。


そんな離島に娘が結婚して住み、今や子供も2人いて、幸せに暮らしている。
これで3回の訪問となった与那国島だけど、どんどん好きになっていくのがわかる。








Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/206-a6a8b91a

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ