岩手からの声  2

岩手の山田町の従兄弟から、東京にいる兄弟に
なんでもいいから食料品を送って欲しいと連絡があった


だいぶ物資も流通してきてはいるが、山田が壊滅してしまったので、
遠くまで買いに行くスーパーは、客が震災前の2割り増し、品物は逆に6割しかないそうで、
品数は限られ、争奪戦


ノロウィルス蔓延だった我が家では、たくさんの買い出しに行けなかったので、
とりあえず家の在庫を中心に 用意していた段ボールに詰めて、送り出した。
米、もち、パスタ、コーヒー、海苔、醤油、サラダ油、砂糖に塩、タマネギ、ジャガイモ、ニンジン
カレールーやシチュー などなど
もっと色々入れたかったが、到着に何日かかるか分からず、日持ちをするものを考えた


すると、なんと3日で届いたらしく、従兄弟からお礼のメールが入ってきた
ほんのわずかな荷物では、大人5人家族では あっという間になくなってしまうだろうけど、
少しでも喜んでもらえて本当に嬉しかった
なにが必要か、聞いてみるのもいいけれど、普段生活していてなくなると困る物、
そういうものであれば、たとえだぶってしまってもいいのかな、と思った
物流が安定するまで、定期的に送ってみようと思う。
次回は野菜、果物中心に、こんな時でもホッとできるようにお菓子もいれて
クール宅急便が再開したら、今度は肉や魚も送れる


従兄弟は元々森林組合で働いていて、職場も再開したそうだ
地域の消防団活動は当番制で、息子と共に出動し、主にがれきの撤去をしているが
強烈な臭いとほこりに悩まされているという
町の中心部は、駅しか残っていない有様で、どこが元の道路だったか全くわからないそうだ


山田町のそして東北の復興を祈るばかりだ







Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/220-a488e3b8

Comment

最西端のまま | URL | 2011.04.08 00:24
こういう時は本当助け合い。沖縄で、ユイマールっていう言葉だよ。ユイは「結」ってかく。ゆいまーる精神は最近少なくなってきたもんね、これをきかいに内地もゆいまーる精神が復活して、みんなの気持ちがゆったり穏やかになるといいね。 なにか小さなことでも助けてあげなきゃ!!ママ偉いぞ!!
うちからはカジキくらいしか送れないね…(笑)
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ