クリスマスの準備

_1460260.jpg

今日はクリスマスプレゼントの買い出しに行った
あれこれ迷って、結局、細かい文房具や、絵本やかるたなどなど
三人分に分けて、ラッピングも終わって、やれやれ



我が家の三人娘の時も、いったい何年こうやって用意していたんだっけ?
サンタさんは、二階のベランダにプレゼントを置いてくれるんだよ、という
話を信じ込ませ、欲しいものを書いたお手紙を置かせたり、
子供らが、「サンタさんにあげるんだ」と、缶ビールを置いてみたり、と
いろいろ思い出があるけれど、極めつけは、長女はなんと6年生まで
サンタさんを信じていた、ということ
もう笑い話の世界になってしまったけれど、本当です


純粋無垢だったね


その点、次女は、万事現実的で、押し入れや天袋に隠してあるプレゼントを
実は見つけていたり、サンタさんのプレゼントなのに、見たことのある
デパートの包装紙と同じとわかっていたり・・・・・


とうとう隠し切れなくて、真実を告げたのが、長女6年生の時、というわけ


その時の、長女の驚いた顔は、忘れられません









Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/314-390dedce

Comment

長女 | URL | 2011.12.18 23:13 | Edit
まだ信じていたいわ・・・笑 
et | URL | 2011.12.20 19:09
まぁ6年生まで・・・スバラシイ。
お嬢さんの純粋さとご両親の努力の賜物ですね。
我が家は小学3年ぐらいまでかな。
サンタさんに手紙を書かせて、何が欲しいかを探るのがまた楽しく。
朝、目覚めて喜ぶ、あの顔は宝物ですよね。
テレビのサザエさんでお父さんがサンタさんになる、という話を安易に放映したときには、腹が立ちました。


y子 | URL | 2011.12.20 23:18 | Edit
この時期、「サンタさんが見てるよ!」という脅し文句が、どの家庭でも飛び交っているのでしょうね。
それを思うとおかしくてたまりません。
子供の頃って、なんて楽しかったのでしょうね。
サザエさんは、夢を壊してはいけないですね。
「ばぁばはもうプレゼントもらえないのかな?」とHANAに聞いたら、
「ばぁばは、子供のころにたくさんもらったでしょ!」と言われてしまいました。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ