北紀行 4

_1530757.jpg
山あいの親戚を訪ね、元気な姿に安心し、お墓詣りを済ませた後、
山田町の沿岸部へと進みました
土台だけになった跡に、雑草が生い茂っています
この1年あまりで、がれきは片づけられたけど、
もうどこに何があったのかも思い出せないと、
さっき会ってきた従兄の声が蘇ります






_1530998.jpg
二階部分の内部まで破壊された建物
こんな建物が、町のあちこちに放置されたまま





_1530977.jpg
右に漁港、左にリアス鉄道の 陸中山田駅の標識が
駅の方に曲がってみると・・・・・






_1530890.jpg
これがかつての リアス鉄道 陸中山田駅の残骸でした
かつての駅跡が、今はバス停となっていました
あまりにも平坦で、海岸線に近い山田駅、リアス鉄道は、このあたりで分断され、
今は北と南に分かれて運行されているそうです







_1530908.jpg

_1530901.jpg

_1530922.jpg
かつてレールがあったところには、割れた茶碗が散乱していました
駅舎までもが流される津波の破壊力には、想像を絶する思いでした







_1530955.jpg
圧倒的な光景が広がる中、言い表す言葉もみつかりません
この町で暮らし、この電車を使っていた人たち、
いったい、どれほどの人たちが命を失ったのか
残された人たちはどこへいってしまったのか
まるで 内戦後の廃墟のような町の中心に 立ち尽くすだけでした




たった一泊二日の旅でしたが、お世話になった友人やそのご家族の暖かさに触れ、
本当に久しぶりに会えた叔父や叔母に近況を報告したり、
そして何より、震災の被災地を 駆け足ながら
自分の目で見てこられたことは、大きな収穫となりました

岩手の旅で得た思いは、自分の中で大切にしていきたいと思っています

















Trackback

まとめtyaiました【北紀行 4】
山あいの親戚を訪ね、元気な姿に安心し、お墓詣りを済ませた後、山田町の沿岸部へと進みました土台だけになった跡に、雑草が生い茂っていますこの1年あまりで、がれきは片づけられたけど、もうどこに何があったのかも思い出せないと、さっき会ってきた従兄の声が蘇ります...
2012.06.08 19:39 | まとめwoネタ速neo
Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/358-8d929fd4

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ