標高と海抜

DSC_1433_convert_20130408105338.jpg

東武日光駅前の表示板、日本語で「標高」 英語で「Above the Sea」
標高と海抜は使い分けがあるのだろうか?


共に土地の高さを表している表記だけれど、公式には標高に統一されている様子。


では、なにを基準にしているのかというと、日本水準点というのが
東京湾の平均海面で、これを0メートルとしての高さの表示なのだそうだ。


かつては水準点を基準にした高さを標高、平均海面を基準にした高さを海抜として
使い分けていたそうだが、水準原点を東京湾の平均海面に統一したということで
現在は、同じもの。
また、水準点を地上に設けたものが、「日本水準原点」と呼ばれるもので、
千代田区永田町の国会議事堂中庭にそれがあるそうだ。
ここは、地盤沈下の影響がほとんどないところで、
東京湾の平均水面から、+24,3900m だそうです。


というわけで 同じものだけど、感覚的には、山は標高、海に近いと海抜、というのが
実感としてわかりやすいかなぁ。









Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/443-4197ff46

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ