6月の湖畔にて

_1710291.jpg
友達夫婦がやってきたこの週末、天気は心配だったけれど、「夏の遊び」をテーマに計画を立てた。
当日、変わりやすいお天気を心配しつつ、久しぶりに出したカナディアンカヌーに、荷物を満載し、
ハイキング組とカヌー隊に分かれて、赤岩(栃窪)の浜に集合、
悪戦苦闘してタープを組み立て、テーブルや椅子、コンロを並べて、ハイキングランチを楽しんだ。





_1710305.jpg
その昔、この浜で友人たちとキャンプ場を開いていた当時のまま、風が吹き渡り、
湖にさざ波が寄せる。
変わりやすい天気で、驟雨のような雨がふったり、晴れたり、風が止んだと思ったら、
しとしと雨が降り出した。





_1710318.jpg
ゆっくりランチの後は、千手が浜にクリンソウを見に行く友人夫婦を送り出してから、
私たちはカヌーで戻る。
6月だけ運航の、千手が浜行の観光船がやってきた。




天気も回復した夜半、満月に近い大きな月が湖面を照らして、
この世のものでないような美しさだった。





後で聞いた話・・・
千手が浜は観光客であふれかえり、トイレの長い列に並んだ友人は、結局、
時間切れで、浜辺のクリンソウを見ただけで、観光船に乗り込んだとか。
しかも、バス7台分のツアー客を乗せた観光船、超満員だったそうだ。
千手が浜のクリンソウが有名になったのは、この二、三年、
大手旅行会社のツアーに組み込まれてからは、混雑に拍車がかかるようになってきた。
電気バスの出発する赤沼の駐車場は、週末は、朝早くから満車状態、
その上に、観光バスの団体客も大勢来る、旗を持ったガイドさんに連れられて、
サンダル履きでも来られる所ではあるけれど、花だけ見ないで、
千手が浜の美しい景観を楽しんでもらいたい、と思う。





翌朝、東京へ帰る片づけをしていたら、「クリンソウを見に行きたいのですが、
どうやって行ったらいいですか?」と老ご夫婦に声をかけられた。
足元はしっかりした登山靴、お弁当も持参だというので、旧プリンスホテルからの
湖畔のハイキングで千手が浜、クリンソウを見てから、観光船でお戻りください、とアドバイスした。
赤沼から行くのが難しいこの時期、ベストな選択だったと思っている。















Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/472-a195e0dc

Comment

chikoやん | URL | 2013.06.24 19:23 | Edit
こんにちは~。
を~、憧れの休日の過ごし方だぁ。
写真からも、さわやかな風が吹いてきそうです。
景色を見ながらの話も弾みそうだし、
沈黙の時間も、贅沢に流れていきそうですね。

久々にキャンプに行きたくなりました。

湖面に映るスーパームーン。
素敵だったでしょうね。
想像しただけで、湖面がキラキラ輝いてきました。
ゆうこ | URL | 2013.06.25 23:33
chikoやんさん、
栃窪の浜は特別な思い入れのある場所なんです。
あいにく、雨模様のお天気だったけれど、久しぶりの楽園(笑)を楽しみました。
ちょっと寒くて、今度は暖かいスープが欲しいなぁ、って。
今度はきっと暑い夏でしょうけどね。

> 湖面に映るスーパームーン。
> 素敵だったでしょうね。
> 想像しただけで、湖面がキラキラ輝いてきました。
本当のスーパームーンには一日早かったのですが、それはそれは幻想的でしたよ。
山の端もくっきりと見えました。
翌日は曇り空で、月は見えませんでしたね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ