広角レンズにはまった

8月のカメラ教室で葛西臨海公園に行ってきた。
やっと本格的にNikonを使うようになってきた今日この頃、
先生もやはりNikon、「使ってごらん」と何気なく貸していただいた交換レンズは
17-35ミリのズームレンズ。
カメラをのぞいて、びっくり!なんて広い画角!


今まで、私が持っているうちの最大の広角は28ミリ、今日のは17ミリ、
この差は大きい。


広角レンズを通してみると、実際に見ているものより遠く見える、その分、両側が広く映る、
というわけで、だいたい50ミリが肉眼でみているものと同じくらい、と言われているので、
相当違う効果になるわけだ。建物や室内、広い場所などで威力を発揮する。







_DSC2382.jpg
このガラス張りの部屋も、超広角で撮るとこの通り。



_DSC2419.jpg
真ん中のフラワーポットも実際よりずっと遠くに見える。




_DSC2404.jpg
風景を撮ると、こんな感じ。




_DSC2452.jpg
そして中央をはずれた被写体は、こんな感じに歪んで映るので、工夫が必要。




_DSC2486.jpg
ちょうど、見えているものの目の端の方まで、きちんと映るという感覚かな?
空間のひろがりがとらえられるのがなんとも素敵!!

_DSC2699.jpg
またレンズが欲しくなってしまったけれど、この17-35ミリは、なんと20数万円だそうで、
これじゃ、手が出ないなぁ。






でも、気持ちは、果てしないレンズ地獄に陥りそうな予感。

















Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/494-e14d80e8

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ