日光の夏遊び かくれ滝編

日光最後のイベントは、「かくれ滝」を目指すことにした。
本当は・・・・ みんなで尾瀬、と思っていたけれど、
HANA が微熱が出てしまい、早出が出来なかった。
結局、本人が「行かない」と言い出して、おじいちゃんと一緒に留守番。
そこで、B案として考えていた「かくれ滝」へ。
私も家族ももちろん初めてだけど、なんとか行ってみよう!
慌ててお弁当を作り、バスに乗って西の湖入口到着。



_DSC4045.jpg
3歳のGAKU と、5歳の YUI、 虫の観察はいいけれど、今日は午後から雨の予報、
あまりのんびりも出来なくて、GAKU は、お父さんの背負子に乗せた。




_DSC4052.jpg
久しぶりの西の湖、え??水はどこ?というくらいに遠い遠い水辺、
相当昔、周辺のベンチの足元にまでヒタヒタと水があったころを知っているだけに、
異様な感じの光景だ。




_DSC4058.jpg
一週間ほど前、ネイチャーガイドのベー太さんの楽しいツアーで赤岩滝に行った時、
地図の見方を教わった。今回は、1/25000の地図をプリントアウトして、持参、
回りの地形を確認しながら・・・しばらくは、きれいな道が続いている。




_DSC4071.jpg
そしてこんな立派な道標が立っているあたり、植林された針葉樹の林が終わり、
涸れた川筋に出会う頃、向う側は広葉樹の森になる。
道は 湾曲してきた川と出合って、右岸へ。
いやぁ、地図って正確~!! って当たり前?よね。




_DSC4080.jpg
本流は地図ではしっかりと載っているが、水は全くない。
そして、本流と分かれて、地図にない沢筋に入り、向う側へ渡る。






_DSC4085.jpg
そのあたりから、石のごろごろした涸れた沢をさかのぼり、なんとなく水音が聞こえてくる。
と、沢に水が見えだして来た! 水音も大きく聞こえてくると、





_DSC4098.jpg
あれ? いつの間に、こんなに滔々と流れている。





_DSC4105.jpg
滝音はゴーゴーと聞こえてくる。 
こんな崖のはじっこをよじ登る、滝の音はすれども・・・・





_DSC4107.jpg
崖を登って、沢を横切ったが、まだ見えない





_DSC4108.jpg
見えた~!!!






_DSC4111.jpg
おおおお!!!、これがかくれ滝なのね!!、なんて神秘的なんだ。
エメラルドグリーンの滝壺は、深くて吸い込まれそうで怖いくらい。





_DSC4126.jpg
滝の正面の岩棚は、せいぜい4人ほどが立てるくらいに狭い。
YUI も GAKU もやってきた。
狭い岩棚に立って、記念写真を。 これはミニ秘境だなぁ。
赤岩の滝は、明るくて、開放感一杯だったけれど、かくれ滝は神々しくて
山と水の神様を祭ってあるようだ。






_DSC4151.jpg
滝壺が見える正面の岩棚までは、こんな感じで、なんとか登山靴でも渡れそうだったけれど、
水量が多い時には、どんなのだろう、怖いだろうな。





_DSC4153.jpg
そして先ほどの巨石の難所を下る。 「頭に気を付けて~」と言うと、
背負子の中のGAKU が自分の頭に手をやって面白い。
滝の流れる沢はこの少し先で、いきなり伏流となって、水は地面から姿を消す。
今、見てきた滝の水量を考えると、本当に不思議。




_DSC4195.jpg
帰り道では、木々についている赤いテープや黄色と赤の道標にすっかり慣れたYUI が
あちこちで指さして教えてくれた。




_DSC4210.jpg
帰りは 西が浜から干上がった湖を歩いて・・・





_DSC4212.jpg
バス停をめざす。
ここの林は本当にきれいだ。 道を鹿が横切って走って行った。





いままでは、表記された登山道をたどるだけだったけれど、
1/25000の地形図というものを じっくり見て、回りを見渡し、自分の位置を大まかに
確認する、という作業、意外にとても楽しかった。
それを教えてくださったのが 赤岩滝のガイドのべー太さん。
自分で行かれるところ、というのも限りはあるけれど、山歩きの楽しさが
また広がったようで、新鮮な感動でした。







Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/495-49bd6703

Comment

chikoやん | URL | 2013.08.22 20:59 | Edit
こんばんは~。
私もいつかはかくれ滝…
と思っていながら、その一歩が踏み出せずにいたら
先を越されてしまいましたねっ。(笑)
滝壺の色が青くてホントにきれいです。
透明な水が蒼く輝く。
理屈じゃわかっていても、それでも神秘の世界を
感じちゃいます。
それにしても、西ノ湖の水。
いったいどこへ行っちゃったんでしょ。
なんだか、西ノ湖の景色じゃないみたいです。
y子 | URL | 2013.08.23 07:32 | Edit
chikoやんさん、初めて私が先を越しちゃった?(笑)
本当に神秘的でしたよ。なんか神々しいというか。
西の湖への流れ込みは、地図では一つだけの川。
それがあんなに干上がっているのですから、
かくれ滝も水がないのでは?と思ったら、
あるんです。それが不思議だった~
どうぞ行ってみてくださいね。
Layla | URL | 2013.08.26 11:43 | Edit
すばらしぃ!
地図にない沢に入って行けるあたり、
もう読図マスター!?

ダメダメな私はまたベー太さんにお願いして
24日に同じくカクレ滝に行ってきました~!w

本当にこちらも魅力的な滝でしたね~。
ただ写真に収めにくい(^o^;
どんな風に写っているんだか、
まだ恐ろしくて見てない。w

私もあの川が消える地点が本当に不思議でビックリしましたっ!!
突然川の音が聞こえた地点で振り返り
「さっきまで水無かったですよね?」って聞いて、
みんなで戻ってまじまじ見ました。w

あ。 ホテルに帰って来てからは
ちゃんと地図で復習しましたよ。(^o^;

やっぱ | URL | 2013.08.26 19:38 | Edit
え?
これって道なきみちを行く沢登りみたいなやつですか?
昔はやったけど
いまはなぁ・・
でもできたらすごいし、行動範囲も広がって
ここだーー!っていう自分のお気に入りの場所が
見つかるかもですよね~♪
y子 | URL | 2013.08.26 23:24
Laylaさん、
ほんとに不思議な流れですよね、あの水はどこへ?
もっとも、この渇水じゃ、かくれ滝は涸れているのでは?と
思った自分がバカでした。自然の力はものすごい。
そんな秘境がこんな近くにあるなんて。
奥が深いですねぇ、日光。
地図おたくになりそうな、私です。
y子 | URL | 2013.08.26 23:28
やっぱさん、

> これって道なきみちを行く沢登りみたいなやつですか?
道はそこそこあるんです。道標もしっかりついてます。
沢歩きはちょっとだけでした。
私も昔は・・・・なんとかの右股、とか登ったけれど、
今は、もうできませ~ん。
でも、楽なペースで楽しみで行ける、そんな場所を選んで
これからも行きたいですね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ