地味~なお山とトレラン見物 1


銀座の翌日は、もうこんなところへ。
夏休みの長女と一緒に、とりあえず根名草山を目指す。
金精トンネル脇に車を止めて、朝っぱらから金精峠までものすごい30分の急登と荒れた道。
堪えます・・・
有名なガレ場だけど、通ってみれば、道が出来ている。





_DSC4401.jpg
急登後、やっと金精峠に着くと・・・・ 菅沼に下る道を指して、こんな看板が・・・
急いでスマホで検索すると、なんと今日は丸沼周辺で50キロと15キロのトレラン大会。
50キロコースでは、白根山を登って、金精山経由で、ここを通るらしい。
白根山を駆け上がる? ううう~、トレランってすごいな。
6時半に丸沼湖畔をスタートだそうだけど、今はまだ7時。
当分こないなぁ。でも見てみたい。





_DSC4413.jpg
ともかく、我らは根名草方面へ。
昼近くから晴れる「予報」だけど、霧は深いまま、展望ゼロの中、
地図通りのなかなかの急坂をずぅっと登っていく。



_DSC4421.jpg
そして、最後の水場を通り過ぎ、念仏平避難小屋。




_DSC4423.jpg
立ち止まると寒いくらいなので、きれいな小屋の中で朝ごはん。





_DSC4425.jpg
白い引き戸は入り口、左の茶色は冬の積雪時の入り口。
二階部分には、毛布も積まれていて、本当に立派な小屋だった。

根名草山ピストンを予定していたけれど、霧は一向に晴れないし、
午後から今市で用事があるので、予定変更、小屋から引き返すことにした。






_DSC4437.jpg
戻ってくるうち、少し天候も回復してきたので、温泉が岳頂上へ行ってみる。





_DSC4438.jpg
ついた~
頂上からは、さきほどの避難小屋が見える。
切込刈込湖と山王帽子山も見えた。
_DSC4446.jpg





さて、戻ろうか、と下っていると、向うからゼッケンを付けた人が・・・・
すれ違いざま、「こういうゼッケンを付けた人が通りましたか?」と聞かれた。
今いる登山道は、大会のルートからはずれている。
_DSC4478.jpg
「ここはルートではないですよ、戻って、金精峠から菅沼へ行く道を降りてください」と言うと、
慌てて礼を言って、あっという間に走り去っていった。
さぁ、そろそろ来るころ、私たちもトレランを見に行こう!!













Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/500-4c13c2d6

Comment

Layla | URL | 2013.08.28 01:01 | Edit
ニヤミスしてました~!w
とは言っても、y子さん7時に峠ですか。
早かったのですね。
私は7時半ごろP出発で、峠には8時15分ごろでしたから。

そちら側にも行ってみたいですねぇ。
次回は五色山を目指すか、温泉ヶ岳を目指すか。
ちょっと考え中です。w
y子 | URL | 2013.08.28 07:34
Laylaさん、やっぱり(笑) 前日は滝、でしたよね。
お互い、週末はなぜか日光ですね。
トレラン選手、見ましたか?
私も根名草にはまだ到達してないし、また行かないと。
なんだかお天気にたたられ気味。
chikoやん | URL | 2013.08.28 22:49 | Edit
みんなでそれぞれでドキドキのガレ場。
通過できましたね~。
私も一番そこが恐怖でした。
実際には崩れたはしごの方が恐怖だったけど(汗)
2年前(?)白根山に登った時、まさにトレランの大会の日でした。
こっちはヘトヘトで登っているのに、その横を颯爽と駆け上っていく選手たち。
神に見えました。(笑)
紅葉の頃、また、金精峠を上がりたいなぁ。
行きたいところだらけで…体が3つくらい欲しいです。
y子 | URL | 2013.08.28 23:44
chikoやんさん、
ガレ場だけでも十分怖いのに、さらなる試練が待ち受ける~
のっけからこれですもんね、先は長いのに。
私はどうやら青空には見放されているみたいで、ちょっと残念。
トレランの選手って同じ人間とは思えませんが、やはり神かぁ(笑)

> 紅葉の頃、また、金精峠を上がりたいなぁ。
> 行きたいところだらけで…体が3つくらい欲しいです。
お天気何とかしてください。私も欲しいです。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ