地味~なお山とトレラン見物 2


この稜線は、なかなかきれいだ。
すっぱりと切れ落ちた左側の下には、金精道路が見える。
手前の正面は金精山、ずっと向うの雲がかかっているところは、奥白根かな。





_DSC4470.jpg
そして、いい具合に雲が切れて、菅沼と奥白根山がはっきりと見えた。
右側の尾瀬方面は、厚い雲が垂れ込めている。





_DSC4487.jpg
どんどん下って、金精峠。
女子高のワンゲル部? お揃いのザックと赤い登山靴、シャツまでお揃い。
お揃いを着ているのは、たぶん新入生、上級生は思い思いのウェアを着ている。
どうやらここから白根山方面を目指すようだ。
と言うことは、もしかしたら全行程でトレラン選手とすれ違うかも。
狭くて急な登山道、歩きにくいし、向うも走りにくい..






_DSC4522.jpg
しばらく休んでいると、音がしてきて、トレラン選手がやってきた!!





_DSC4510.jpg
50キロの行程のうち、この辺りはまだ18キロくらいらしい。
大きな山は越したし、結構余裕の表情。
「頑張って~」と声援を送ると、手を振ってくれる人もいて。





1377418406671_convert_20130827152300.jpg
わっし、わっし、ではなくて、スイスイと駆け降りる。

トレイルランニング、やってみたいとは全く思わないけれど(初めから無理ですが)
登山道を駆け上り、森を走り抜け、駆け下る、平地のマラソンコースよりずっと過酷な条件、
自分自身にチャレンジしているんだろうなぁ、とその後ろ姿に声援を送り、





_DSC4546.jpg
金精峠を下って帰りました。
_DSC4547.jpg
うっかり上を見たら、こんな感じ、やっぱりとっても怖い。






トレランでは、選手応援の白根山登山コースもあるそうだ。
来年の8月最終日曜日、行ってみるのもいいかもしれない。

















Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/501-e88c4794

Comment

yosi | URL | 2013.08.29 23:10
トレラン、時々一緒になりますね。
最初に見たときは「何も山の上を走らなくても。。」と思ったりもしましたが、最近は思い直しました。
歩き人がいたら減速、徒歩、立ち止まり。礼儀正しい人が多いですね。
むしろ団体(年配の)さんの方がどうかと。。

この辺は避難小屋が移設された時に歩いたきりです。
素敵な小屋で驚きでした。床にはブルーシートが敷かれ「検査前に付き上がらないでください」の表示がありましたけど。
y子 | URL | 2013.08.30 14:11
yosiさん、
そうですか、私は初めて見ました。
ただ、日本海から太平洋までのトレランを記録したドキュメンタリーを見て、
本も読み、本当に感動したので、今回、本物のレースを垣間見て、感動しました。
確かにマナーと言う点では、みなさん優れていますよね。
避難小屋はいつ移設されたか知りませんが、とてもきれいでびっくりしました。
Layla | URL | 2013.09.03 00:14 | Edit
トレランの人たち、会いましたよ~。
金精山の頂上ちょっと前って人ひとり歩くのがやっとくらいの幅、そして方脇は崖、
みたいな感じなので、すっごい速度で飛ぶように降りてくる選手は怖かったです。

みんな鈴をつけていたみたいなので、来るのは音でわかりましたから、
予めよけられそうな所で待っていました。
大抵の選手が「すみませ~ん」と言って走り去りましたが、
ボケっと写真など撮っていては危ないなぁ~、と思いました。
でもその辺にカニコウモリの群落があってすごかったーっ!

女子高生たちも会いましたよー。
しかもその金精さんのお社のわりとすぐ先あたりで。
ということは、y子さんとわたし、本当にニヤミスでしたねっ!w
y子 | URL | 2013.09.03 10:24
Laylaさん、
そうですよね、会う時間帯だったと思います。
金精山は行ったことないけど、みるからに急峻、そこを飛ぶように?降りる?
見ているだけでも怖そうです。
カニコウモリの群落もあるんですか! ぜひ、来年は行かないとね。
女子高生団体に、お社のすぐ先で?
私は峠の上で、女子高生が行ってからしばらくトレラン見物をしてました。
帰るまで、トレラン以外の人は降りてきませんでした。12時くらいかな?
それから下ったのだけど、写真を撮るのを口実に のんびり、ぐだぐだと歩いていたのに。
そういえば、トンネルの脇の駐車場で、なんとなく見覚えのある車が我がちび車の隣に・・・・
あれって、もしかしたらLaylaさんのかもしれませんね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ