奥白根山 2


そして、山頂に到着、この素晴らしいお天気に乾杯!!
登ってくる人、来る人、本当に笑顔で、誰もがみんな友達!状態、
お互いに写真を撮りあって、絶景を楽しむ。
燧ケ岳をバックに。







最近、どうやら山頂に自分一人の時をねらって、「シェー」のポーズでセルフ撮りをするのが
栃木県方面で流行っているようなのだけど、群馬にも長野にも飛び火して、段々とエスカレート、
人がいてもやってしまうし、中には見ず知らずの人にシェーを勧めたり(笑)、
「シェーの輪」「人類みな兄弟」という 頂上ハイテンション伝染病となって
山好きを蝕んでいる様子、さて、今回はどうしよう?








DSC_1819_convert_20130924205315.jpg
で、私。おとなしく写してもらった、だって、怖いんだもの、頂上、
とても片足でなんて立てません。






_1710672.jpg
だってほら!、頂上直下はこんな風になっている。
落ちたらシャレになりません。でしょ?(笑)









_1710691.jpg
日光側をみれば、また絶景。前回は、ぎりぎりに見えた男体山や中禅寺湖、
男体山にもたくさんの人が登っているのだろうか。








_1710696.jpg
そしてはるか彼方、左方向のかなり高いところに、富士山がぽっかりと浮かんでいる。
こうしてみると、やはり最高峰なんだなぁ。








_1710699.jpg
みんななかなか山を下りられない、本当に名残惜しい・・・・・








_1710703.jpg
山頂ではゆっくり景色を楽しみ、少し下って、のんびり地図を眺めたり、食事したり、
1時間も過ごした後、下山を開始する。
丸沼ロープウェイに下る人が多いので、混雑していた山頂から離れると、一気に静かな山に戻る。
山頂直下の五色沼を目指して、砂礫でザレザレの歩きにくい急坂をひたすら下る。







_1710714.jpg
五色沼に着いた。周りを山に囲まれた静かな天国







_1710713.jpg
弥陀が池までは、少し登りかえすが、この程度でも、疲れた体には、なかなかきつく感じる。






_1710724.jpg

_1710723.jpg

_1710729.jpg
弥陀が池まで戻ってきた。
白根山の風景ともここでお別れ。




DSC_1831_convert_20130925212101.jpg

DSC_1846_convert_20130924213822.jpg
紅葉が始まり、ナナカマドの赤い実も目立っていた。
持って行ったカメラの電池が、二つとも切れた。
そろそろ寿命かもしれない。







菅沼コースは、想像以上に素晴らしいコースだった。
私の登山で一番大事にしたいと思っている眺望の素晴らしさは、折り紙つき。
樹林帯を抜けた弥陀が池で、初めて対面する白根山の威容、静かな湖面との対比が素晴らしい。
そこからの、実にアルペン的な高度感あふれる岩場の直登、手足を使ってよじ登るような
ところも多いが、決して危険というほどではなく、あくまで一般ルート。
五色沼の周遊ルートにすれば、るり色の池のほとりで静かなひと時も楽しめる。
ただ、ひたすら登る、というより、多種多様の楽しみ方が出来て、天候にさえ恵まれれば、
絶景に出会える。





次回は、金精山、五色山経由で行ってみたいな、と秘かに計画を暖めているところです。
ちょっと無理かな(笑)












Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/513-a3dbd298

Comment

リンゴ | URL | 2013.09.26 06:46
初めまして。

コメント有難うございました。
菅沼コースは私も随分前に歩いています。
現在は登山口Pが有料になってしまったので、次は金精峠又は湯元からと思っていますが、どちらともかなりのロングとなってしまいますね。

ところで山頂シェー、群馬は良く知っているのですが、長野にも飛び火したというのは初耳でした(笑)
chikoやん | URL | 2013.09.26 13:33 | Edit
トップの写真でポーズをとってる方の笑顔もステキですね~。
こんな絶景を前にしたら、誰でもニッコニコですよねっ。
岩の上に立つのが危険~だったら、手だけでも「可」かも♪(笑)
五色沼の周りが錦に彩られるのももう間もなくかな?
今年はぜひ五色沼周辺の紅葉を楽しみたいなぁ~。
y子 | URL | 2013.09.26 21:18
リンゴさん、ようこそ。
菅沼登山口は、数年前は無料だったんですね。なんとなく微妙な気持ちです。
これからまさに紅葉シーズンですから、どこも混雑しそうですが、
きれいな紅葉を見に行きたいです。
ところで、リンゴさんは栃木県支部長だそうですが、始めたのは?
あちこちの山頂や峠で、もっともっとシェーが流行ると、楽しいですね。

y子 | URL | 2013.09.26 21:23
chikoやんさん、そうか!手だけでもいいんだ、ってそうですよね。
覚えておきます(笑)
五色沼、あのるり色に会いたくて~、てな感じで歩いてきました。
前回は、まともに見えなかったからね。
今年は紅葉も早いようだし、私も是非、と思ってますが、
道路の混雑が・・・・ 早起きできる秘訣、教えてください。
ほんと!夜型なんで困ってます。
Layla | URL | 2013.09.26 23:57 | Edit
おぉぉ。
一瞬トップの方がy子さんかと思ってしまいました。
ずいぶんおしとやかに撮ってしまわれましたね。w

いやー、y子さんが登ると菅沼コースが簡単なコースに見えてしまう。w
来週にでも金精~五色山~前白根まで、を考えているのですけど、無理かなぁ~。。。
お天気もなぁ。。。
まぁあまり無理しないでまた金精山ストップでもいいし、
できれば五色山までは頑張りたいと思っています。
でももし車をトンネル脇に停められなければ、
菅沼から?、とか今妄想しています。

以前のロープウェイから奥白根に登った時と比べ
菅沼コースはいかがでしたか?
なんかマップなどを見ている限りでは
ロープウェイからでも結構時間がかかるように
書いてあるでしょ?
もし奥白根を目指すなら、
一度ロープウェイから登ってみて、
その後菅沼挑戦がいいでしょうか?
y子 | URL | 2013.09.27 16:35
Laylaさん、そうなんです、後から考えて、もっとはしゃげばよかったかと(笑)
今度は、すわりシェ-でもいいですよね。
山の楽しみ方は人それぞれですが、もし、Laylaさんがピークも登りたいんだ!というのなら、
そして白根山が初めてだったら、私はやはり文明の利器を使って、丸沼から往復されたらいいのでは?と
思います。丸沼ピストンでも、五色沼周遊できるし。
Laylaさんは日光には何度もいらっしゃるし、気に入ったところは何回でも行くタイプでしょ?
それならばまず、一番楽なコースで登ってしまい、「ああ、こんな感じね」という記憶で、
二回目からは、ほかのコースに挑戦すると、きっと気持ちは楽ではないかな?しかも単独であれば、なおさら。
好きな山は何度でも行けばいいし、もちろん、いつもお天気とは限らないですものね。
私は、地図に書いてあるコースタイムより、ちょっと早かったり、ぴったりだったりしています。
コースタイムの半分で登ってしまうベータさんのようなプロの方もいますが(笑)、
自分のペースをつかんでおけば、計画も立てやすいかな、と思っています。
今度、ご一緒したいですね。
Layla | URL | 2013.09.27 23:08 | Edit
ありがとうございます!
奥白根挑戦の際はやっぱりそうしてみます。

今回は前回のリタイヤがあるので、まずは五色山を目指して登ってみます。
前白根まで行けるといいんですけど。。。

y子さん、コースタイム通りに歩けるなら、
私は全然ダメだわぁ~!w
yosi | URL | 2013.09.29 23:16
白根山、いい時に登られましたね。
写真からでも伝わってきます。
菅沼からは森林、池あり、岩場ありで変化に富んで楽しみなルートですよね。

山頂シェ―は、たしかリンゴさんが8月の根名草山が初かと思います。したがって支部長ではなく会長と認識しております。
その後、私も真似させていただいてますんが。。

シャッターが切れる前に落ちて写っていなかった、なんてならぬよう安全確認でやりましょ。

「半径500mのひとりごと」リンクさせていただきました。
y子 | URL | 2013.09.30 21:34
yoshiさん、リンクありがとうございました。
あの好天の1週間、いったいどれほどの人が山に向かったのかな。
私もその一人に入れて良かったです。それほどいいお天気でしたよね。
そうなんですか、りんごさんが始められたのですね、
お仲間に入れていただこうと、実は、私もおととい、初シェー(笑)してきました。ただし・・・
後日、アップしますね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ