みんなで尾瀬

先日の尾瀬があまりにも素晴らしかったので、連休の中日、HANA たちと日帰りで行ってきた。


渋滞を避けて、早出で戸倉に向かう。ここまでは順調・・・・
だが、尾瀬第一駐車場は、満車、第二も同様、そのまま戸倉スキー場の方へ導かれていくと、
スキー場のだだっぴろい駐車場に自動的に誘導された。
これは大変・・・・ でも、たくさんのお客の誘導に慣れているのがさすが、
問題もなく、バスに乗り、鳩待峠に到着する。



日光は良い天気、金精峠を越えたら、ちょっと雲が増えてきたかな?と思っていたのに、
到着した鳩待峠は、強風が吹いて、雲も厚い・・・・・




たしか、晴れの予報だったのでは?と思ってみても、もう遅い。
1週間前の気温を思い出して用意した装備が、軽すぎて、寒いのだ。
自分ひとりだったら、おそらくいろいろ持ってきたはずだけど、
子供の山用の防寒具や雨具を持っているわけでもない、
とにかく、あるったけの物を着させて、だめなら引き返すつもりで、出発する。
連休中なので、ものすごい人、人、人・・・
ちゃんとした山の装備の人も多いが、まるで町の服、という人たちも結構いて、
途切れることがないほどの人が 山の鼻に向かう。




たまに雲が切れて、青空と太陽が見えると、ふわ~っと暖かくなるが、
相変わらず変わりやすく、風が強い。






_1720381.jpg
クマよけの鈴を鳴らす






_1720374.jpg
それでもなんとか山の鼻まで歩く。強風の中でおにぎりを食べるのも大変。
我々は、山小屋で暖かいものを食べて、一息入れた。午前10時で、気温は9度。
お菓子の消費量が半端ではないが、とにかく子供は元気で、文句も言わずにどんどん歩く。
ということは、楽しいのかな?(笑)






_1720362.jpg
そして、燧ケ岳が見えるところまで来て、一休み、お天気が悪いのは、残念だったけど、
「孫と一緒に尾瀬へ」が叶った(笑)




その昔・・・娘たちが6歳、4歳くらいのころ、末っ子を母に預けて、尾瀬にきたことがあった。
前夜は戸倉に泊り、見晴の桧枝岐小屋に2泊して、三条の滝も行った。
娘たちは、長靴にレインコート姿の写真があるので、雨模様だったのかな。
そのうちの一人の娘、今回30年弱ぶりに尾瀬に来て、「なんとなく覚えている~」そうです。





_1720390.jpg
お天気が良いときに、また来ようね。
燧ケ岳は、この日、初冠雪だったと聞いた。
どうりで寒いはず。





今度は、ぜひ、見晴あたりに一泊して、ゆっくりとハイキングしたいな、
来年になれば、GAKU ももう少し歩けるようになるかな。












Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/525-99c714cf

Comment

chikoやん | URL | 2013.10.17 22:35 | Edit
夏からの願いがかなってホントに良かったですね。
ニコニコ笑顔でピースしているお姉ちゃんたち。
そして、一生懸命ピースしているGAKUくん。
みんな、楽しそう~。そして、頑張りましたっ。
燧ケ岳が見えなくったって、みんなでお菓子を食べながら
広い湿原を歩いた経験なんて、きっとずっと記憶に残ることでしょうね。

草紅葉もまだまだステキ~☆
yosi | URL | 2013.10.17 22:54
みんないい顔してますね。
こどもたちは天候関係なくテンション高そうです。
小さなうちから尾瀬へとは、幸せですね。もちろんY子さんも。
y子 | URL | 2013.10.18 15:03
chikoやんさん、元はと言えば、chikoやんさんに尾瀬のあれこれを
しつこく伺ったのが最初よね~(笑)
なんとか一緒に行くことが出来て、良かったです。
悪天候、というか軽く嵐?というようなお天気だったのに、
なんとか至仏山も燧ケ岳も見えたんですよ。
大人は寒かったけど、子供たちの元気っぷりが際立ってました。
毎年連れて行きたいな。覚えてもらうには、それが一番。
y子 | URL | 2013.10.18 15:07
yosiさん、子供たちの元気さは、お菓子が豊富だったから?かもしれません。
これは元気が出る「元気玉」だよ、と言って渡せば、普通の飴玉が特別に!の魔法です。
でも、峠から下ったので、登って頂上の「お山」ではなかったので、
なんとなく、??? という感じではありました(笑)

やまとそば | URL | 2013.10.18 20:37 | Edit
こんばんは。
尾瀬・山ノ鼻は私も子供が小さい頃から行ってます。
多分子供は覚えていないでしょうね。
でも、尾瀬は何時行っても良いですね。
この所、あまり行けてないですが、行って見たくなりました。
y子 | URL | 2013.10.18 22:03
やまとそばさん、こんばんは
私はしばらく遠ざかっていた尾瀬、今年は何回か行かれて、良さを再認識です。
山小屋も豊富で、設備も整っているのが、こども連れには助かりますね。
お風呂のある山小屋は、ここだけでしょうか。
また半年、静かな季節になりますね。

Layla | URL | 2013.10.19 02:03 | Edit
y子さんもお子さんを山に連れて行ったお母さん、なんですね。
そして今ではお孫ちゃんたちを連れてゆくグランマ。
私は母に山に連れて行ってはもらわなかったのですが、
アウトドアショップの小さなウェアを見るたびに、
「早く連れて歩きた~い!」なんて思います。w
まだその気配もないですけどね。w

y子 | URL | 2013.10.19 10:37
子供も孫も絶対に刷り込み!(笑)
有無を言わさず連れて行く(のがかなううちは・・・)で、好きになる(か、ならないか?)
我が家も娘たちを毎年毎年キャンプに連れて行ってました。だから、今も好き。
Laylaさんも近い将来、是非! 近くなくても是非!
楽しいですよ~
リンゴ | URL | 2013.10.20 07:38
可愛いお孫さんたちとの尾瀬、幸せそうで楽しそうで良い思い出となった事でしょう。
今年は水芭蕉の時期に1度だけ、鳩待峠から入山しています。
来年はどの季節に行こうか?あれこれと思いを馳せています。
y子 | URL | 2013.10.20 16:57
リンゴさん、
夏に行こうとして、一回流れましたので、今回行かれて良かったです。
ただ、やはり山は天候次第で楽しさも変わりますね。
もっとも、孫たちはそんなことはお構いなしで、楽しかった様子。
たくましいものです。
来年は是非、秋にも。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ