「こんなはずでは」考察

_DSC7395.jpg
我が家の婿さん、数年前まで某秘境系旅行会社勤務で、旅行計画を立てる仕事をしていました。
婿さんに聞いた話です。




会社の方針は社員添乗、つまり大手のように、添乗を外注せずに、一部を除いて、社員はみな添乗に出ます。
というわけで、婿さんも添乗員としてヒマラヤやアルプスのトレッキング、南米やらあちこちに
出かけるのも仕事の内でした。



お客様の平均年齢は70歳、トレッキングに限ればもう少し下がるでしょうが、
人気のあるヒマラヤトレッキングなど、高地に出かける時に、



「昔取った杵柄問題」が発生し・・・・



つまり、「その昔」山岳部だった、ワンゲルだったおじさま、おじいさま方が
人気のエベレスト街道など、トレッキングツアーに参加して・・・初めはやる気満々、
あそこへ登った、ここにも行った、などなど、昔の自慢話を散々聞かされる添乗員、
口とは裏腹に遅れがちな歩み、行程が進むにつれて、段々と歩けなくなり、
高度障害も出てきて、生命の危機!
ガイドとともに下山するケースがたびたびだったとか。




_DSC7400.jpg
時間ができてきたから、と言って、ウォーキングも登山も再開しないで、いきなりヒマラヤへ来る、
そして、まさに「こんなはずでは・・・・」を地で行くわけです。
もちろん、地道にウォーキングに励み、ヒマラヤに行くのだからと 富士山の高所訓練に参加し、
出来る限り山歩きして、参加する方々も多いのでしょうが、
昔の経験、知識、そして自分の体力への過信は、どうやらおじさま方に多いようです。




私は、と言えば、20代のころ、結構あちこち行ったのですが、もうそれはそれ。
長いブランクを経て、今は何と言ってもアラ還で、今年は登山一年生、
体力も不安があるし、足も上がらないし、気力もイマイチだけれど、
ソロでも行ってみようとしてからは、安全第一、好きな写真が撮れたら万歳で、この半年楽しめました。
少しずつだけど、一人でも行きたいところに行ける、一つ一つの経験をバネにして、
ちょっとずつ背伸びして、またお山に行きたいと思っています。




今年は素敵な出会いがたくさんあって、いろんな方と知り合えました。
冬に向けて、また新しい楽しみにわくわくしています。
どうぞまた誘ってくださいね。






(写真は湯の湖のマガモペアのお食事風景です)








Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/529-c816912e

Comment

やまとそば | URL | 2013.11.02 20:59 | Edit
こんばんは。
いつまでも若い・・・
と思う事は、今もあります。(苦笑)
昔取った杵柄、は考えさせられる案件です。
自分に合った山行を今後も続けたいものです。
リンゴ | URL | 2013.11.03 06:26
昔取った杵柄・・・そう、男性の場合は特に多いのかも知れません(^_^;)
いい所を見せたい、衰えたのを認めたくない・・・なんてね。
でも、何事も迷惑を掛けない程度に楽しみたいです。
y子 | URL | 2013.11.03 20:11
やまとそばさん、こんばんは
なんだか自分の今の状態って、よくわからない時があります。
そして、なにかあった時に、「!!!!」ってなるんですが(笑)私は。
でも、やまとそばさんは継続的にずっと続けてらっしゃるから、
そんなことないですよね。
若い時のようにガツガツしないで、ゆったりと、のんびりと、
そんな山行をされているように思います。

y子 | URL | 2013.11.03 20:16
リンゴさん、こんばんは
> 昔取った杵柄・・・そう、男性の場合は特に多いのかも知れません(^_^;)
そう、なのかもしれません・・・・連れ合いもそんな感じで(笑)

でも、リンゴさんに限って、平ケ岳の健脚ぶりを読ませていただくと、
素晴らしいですよね。 気力だけではとてもできないことです。
プリンスルートでさえ、私には無理だわ~っと初めからあきらめムードです。
楽園を見てみたい気持ちはあるのですが。
yosi | URL | 2013.11.03 22:35
ありますね、こんなケース。
「昔はな、馬乗ってたんだ。引馬じゃなくて一人で乗るよ」
うちの職場でもあるんです、こういうの。
丁寧にお断りしてますけど。

という自分も気をつけてます。若い時やっててブランクあって再開、まさに中高年のパターンですから。
chikoやん | URL | 2013.11.03 22:40 | Edit
「昔とった…」もなければ、基礎的運動能力も皆無なのは自覚しているけれど…
「怖いもの知らず」「やってみなくちゃ分からない」な、おめでた~~い性格なワタクシ。
行った先で「こんなはずでは」となって、迷惑をかけることにはなりたくないですねぇ。
1人で動くから同行者に迷惑を…ってことはないけれど、
「こんなはずでは」となってしまってからでは、皆に大きな迷惑をかけちゃうから。

無事に帰宅できての楽しい山遊びですよねっ。
y子 | URL | 2013.11.04 21:14
yosiさん、
よくあるパターンで、自慢話をひとくさり・・・
そこで負けてはだめですね。ご苦労も多いのでは?

> という自分も気をつけてます。若い時やっててブランクあって再開、まさに中高年のパターンですから。
昔の話って、なんであんなに甘いのでしょう(笑)
きっと自分の中で「美化」されているのでしょうか。
y子 | URL | 2013.11.04 21:21
chikoやんさん、
1人で夜の林道走らせて、車の中で寝ちゃうし、ほんと、chikoやんさんは
怖いもの知らず・・・・(笑)もうどこでも一人でいっちゃうものね。
でも、たぶん、人一倍心配性なところもあるのでは? 違うかな?
でなければ、ソロであれだけいかれませんよね~

> 無事に帰宅できての楽しい山遊びですよねっ。
そうそう!、それが本当です。
Layla | URL | 2013.11.06 01:47
私も杵柄無しなので、皆さんのブログを拝見して勉強させていただきます。
m(__)m

でも一応「初めての登山」みたいなのは読んでます。w
NHKの百名山みたいな番組で、実際に映像で見ることも大切だな、と思いました。
あとは実際にツアーで教えていただくことですよね。

でもやっぱり無理をしないのが一番だと思います。
「安全のための撤退」は忘れないように心がけます~。
y子 | URL | 2013.11.06 22:14
Laylaさんもソロで動いていますよね。
そうなると、天候や体調や時間配分や、1人で決めなければならないことがたくさん。
慎重にならざるをえないです。

> あとは実際にツアーで教えていただくことですよね。
そうそう。楽しいし、それにどうしても頼ってしまうけれど、
次回は一人で来てみようと思って、頑張って吸収しています。

> 「安全のための撤退」は忘れないように心がけます~。
それが大事!ですよね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ