台風一過  昼編


この週末、婿さんは出張で、娘は代休が取れた、でも、台風が来る・・・
どうしようかと悩んだ末、雨の中、HANA たちと出かけてみることにしました。
結果オーライ!、翌土曜日は、昼過ぎから雨がやみ、それでは、と湖畔までお出かけしました。
昼ごはんを食べて、二荒山神社へ。 このころはまだ曇っていました。




_1720562.jpg
中宮祠の二荒山神社の登拝門から登る男体山、10月25日で今年の登山期間は終了、
登拝門はこのように閉まっていました。 来年、行かれるかな・・・




_1720534.jpg
これが一合目のうわさの階段ね。




境内は紅葉が美しい。
_1720498.jpg
言われてないのに、なぜか三人で並ぶ・・・・


山の方へ入って行くと、ちょっとした散歩道になっています。




_1720546.jpg
砂時計をひっくり返して、その間、瞑想を!、無我の境地どころか、砂時計ばかり見る二人。




_1720550.jpg
やった!、終わるよ~   なにが「やった~」なのか・・・・





_1720567.jpg
境内はきれいだなぁ。





_1720583.jpg
葉っぱが沈んでいるよ~



せっかくなので、目の前に見える半月山スカイラインに行ってみましょう。





_1720594.jpg
段々と青空が見えてきました。





_1720604.jpg
第一展望台より。
ものすごい強風が吹き荒れていて、第二に行くのは諦めて、戻りましょう。





_1720606.jpg
歌が浜にて。 強風に三角波が・・・・
さっきまで、風が強くなかったのになぁ。





_1720655.jpg
金谷のボートハウス。
日当たりのよいこの辺りは、いつもきれいな発色。





_1720657.jpg
湖畔もとても気持ちがよさそうです。
夕方の斜めの光がとってもきれい。




_1720620.jpg
きれいな葉っぱを夢中になって探す三人、




_1720615.jpg
ほら、みてぇ~






_DSC7456.jpg
いったん家に戻り、防寒ばっちりに着替えて、さぁ、キャンプ場へ行ってみましょう。
夕日が沈みそうだね、夕日と競争だ。

今年は27日までの予定だった菖蒲が浜キャンプ場、台風の影響で、25日金曜日で営業を終了でした。

だれか、いるかな?









Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/533-ad1ca4b5

Comment

yosi | URL | 2013.10.28 22:26
日光入りと台風通過のタイミング、いい具合でしたね。
でもさすがに風は強そう、波の形からでも分かります。

3人、元気でかわいい!
y子 | URL | 2013.10.28 23:41
yosiさん、
台風の遅い進みにやきもきしましたが、雨でもいいやっと出かけて、正解でした。
葉っぱはそれほど飛ばされていませんでしたよ。
でも、展望台の強風、さすがにすごかった~
> 3人、元気でかわいい!
3人いるので、いつも保育園状態、にぎやかです。
リンゴ | URL | 2013.10.29 18:43
もう随分前ですが、二荒山神社の登拝門が閉まった後に志津峠から男体山へ登った事があります。
登山道に霜が降りていたのでちょうど今頃(10月下旬)だったかな?
奥日光の紅葉も見納めのようですね。
明日は休暇を取ってカミさんと紅葉狩りに行く予定ですが、どこに行ったら良いのか迷っています(^_^;)
日光方面には間違いないと思いますが・・・。
chikoやん | URL | 2013.10.29 20:43 | Edit
金谷ボートハウスの紅葉はホントにきれいでしたね~。
先週、赤沼に向かいながら「をぉぉぉ!!!」って思いながら
そのまま通過。(汗)
帰りはクタクタで、またまたそのまま通過。(爆)
車だとあっという間に通りすぎちゃって勿体ないようです。

砂時計の砂が落ち切ったところの2人の表情がかわいい~。
y子 | URL | 2013.10.29 23:48
リンゴさん、
紅葉狩りの行先、決まりましたか? 中禅寺湖周辺はそろそろ終盤、
そうそう、イロハの下りが見事でしたよ。紅葉狩り渋滞していました。
志津峠からのルートは、今は、車が止められなくなって行きにくくなって残念です。
根性なしの私は、表からはとても登れそうになくって・・・

y子 | URL | 2013.10.29 23:56
chikoやんさん、
私もいつも金谷ホテルのところは通り過ぎて・・・
同じように「ををおお~」って叫ぶだけ、でもあそこは車が止められるのよね、
さすがに斜めの光を受けて、あまりにきれいで止めました。

> 砂時計の砂が落ち切ったところの2人の表情がかわいい~。
子供ってほんとに面白いです(笑)
帰り道にまたやっていましたよ~
Layla | URL | 2013.10.31 22:43 | Edit
あれれ?
登拝門が閉まっていても階段の方に行けるのですか?

砂時計ってどこにあったのでしょう?
本当に二人の目がキラキラしていて良いですね!
これこそ無我の境地なのかもっ!
y子 | URL | 2013.10.31 23:22
Laylaさん、
登拝門のちょっと手前、右側から山の方に入る入り口があるんです。
ちょっとした山の散策路になっていてね、そこから登山口の階段がのぞけるの。
もちろん、ロープが張ってあって入れませんが(笑)
砂時計もその散策路にありますよ。
陶器のお皿を思い切り叩き付けて割って、厄落とし!なんていうのもあります。
今度行ってみて。

> これこそ無我の境地なのかもっ!
ああ、無心に眺める二人、確かに無我の境地?
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ