古賀志山に行った

IMG_6012.jpg
日曜日の菖蒲が浜の朝、早起きするつもりが、ついついよく眠ってしまって、起きたら・・・雪
夜間、ずっと降り続いていた雪は15センチ以上はありそう・・・ まだまだ降り積もりそうな今日、
昨日は草も見えていた庭が真っ白に… それに時折強風が吹いて、地吹雪のようないや~なお天気、

さて、どうしよう?

雪の多さと天気の悪さに、一瞬、めげたけど、調べたら、宇都宮方面には、雪雲はない!、
大急ぎで車を掘り出し、15センチほど屋根に雪を積んだまま、出発!




IMG_6013.jpg
湖畔の国道はこんな感じ、運転しながら撮ったらいけません・・・・・
イロハ坂はもとより、とうとう、馬返しまで路面は雪でした。
有料道路に入るころには、天気も晴れて、どうやら日光のお山だけが雪雲の中のようでした。
道路の料金所のおじさんに、「湯元からですか?すごい雪!」とあきれられたりして、
徳次郎ICを降りて、宇都宮森林公園へ。




IMG_6016.jpg
日曜日、とあって、駐車場はほぼ満車、それでもどんどん車が到着、それにしてもいいお天気。
なんとか駐車して、出発します。



IMG_6017.jpg
歩くとすぐに赤川ダムです。どうやら目の前のこの山が、古賀志山のようですね。



IMG_6020.jpg
道標もしっかりしています。 
古賀志山を検索していたら、宇都宮市のハイキングマップがあって、今回持参、
山はもとより、この辺りはまったく初めてなので、見当もつかず、とりあえず、オーソドックスな
赤川ダムから北コースを登り、富士見峠経由で、東稜展望台、古賀志山山頂、御岳山頂、
古賀志山に戻って、南コースから赤川ダムへ戻る、約3時間のコースに出発です。

歩き出してちょっとすると、水場でベンチ、たくさんの人が休んでいました。
ちょっと一休みして、地図を取り出して見ていると、ひとりのおじさんに声をかけられ、
「初めてですか?、それなら一緒に行きましょうよ」と、言うことになり、
これ幸いとご一緒させていただくことにしました。かれこれ10人以上です。
みんな同じような中高年(笑)、和気藹々です。


ひとのぼりでもう富士見峠、富士山は見えません(笑)


峠は分岐で、そこから東稜展望台へ。はぁ、よい景色~・・・・
富士山、スカイツリー、筑波山、すごい!
一行の一人の女性が、こっちへおいで、と誘ってくれて、裏側に回ると高原山、
雪雲の中にすっぽりです。あした、行くからね~




IMG_6028.jpg
分岐に戻り、古賀志山山頂へ。たくさんの人たちがお昼を食べています。
いつのまにかさっきの大勢がベンチにどっかりと。
席を空けてもらって、みんなで思い思いのお昼ご飯、男性はだいたいカップラーメン、
女性は手作りお弁当、私は、いつものカレーパンとココア(汗)
おかずが回ってきたりして、いろんなものをいただきました。


一通り食べ終わると、さっきの女性とあと二人の4人で、御岳に向かいます。



IMG_6033.jpg
すぐにこんな鎖場、ちょっと渋滞しています。岩場が少々連続します。
後ろの女性に「ずいぶんあちこち行ってるんでしょう?慣れてますね~」とほめられました。(笑)




IMG_6035.jpg
御岳山頂はひらけていてよい景色です。、
これは・・・・おそらく・・・・・日光のお山かな?・・・高原山?
方角が違うので、実物はわかりましたが、写真でみると、???
女峰のすそ野でしょうか? yosiさん、リンゴさん、どうですか?



IMG_6041.jpg
御岳山頂には、こんなクライマーさんたちも休んでいました。すごい荷物です。
御岳というのは、ロックゲレンデがあるようです。



IMG_6042.jpg
さて、古賀志山に戻ると、さっきのみなさんが待っていてくれて、みんなで南コースを下山します。
下りながら聞いてみると、一つのグループではなく、駐車場で一緒になったから、とのこと。
それにいつの間にか人も増えていたりして(笑)
もう、誰が誰と一緒なのか全然わからない。
でも、いい感じにあれこれお喋りしながら下ると、林道に出て、また少し穏やかな林の中を歩くと、



IMG_6048.jpg
出発地の赤川ダムの反対側に出ました。正面で釣りをしている人に、大きな声で声をかけるおじさんたち・・・・


駐車場のそばの野菜直売所で、少々買い物して、みなさんにお礼を言って解散しました。


ほんとに、宇都宮の方々、栃木の方々、本当にみなさん、親切なこと、感激しました。
おかげさまで 初めてのところでも、本当に楽しいハイキングになりました。
赤川ダム周辺は桜がたくさん植わっているので、お花見のころもきれいでしょうね。
それにヤシオの咲くころ、古賀志山だけでなく、高原山の方にも是非行きたいと思いました。
みなさん、地元を愛してらっしゃるのが伝わってきました。あれこれ自慢話を聞かせてくれました。




IMG_6056.jpg
ダム湖正面から、奥が古賀志山、手前は東稜の展望台です。
雪のないお山、これはこれでとっても楽しかった~






IMG_6100.jpg
帰り道、以前から行きたかった 大谷資料館に立ち寄りました。
まるで別世界のような静かな冷たい石の殿堂、寒かったけれど、見ごたえありました。

イロハ坂にさしかかると、すでに路面は白く、また真冬の世界に戻ってきました。

さぁ、明日はスキーだ!









Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/553-bb6cbcbd

Comment

リンゴ | URL | 2013.12.20 20:22
なんとスタート直後から楽しい出会いがあったのですね。
それに北コース~東稜展望台~山頂~御岳~南コースは初めての方にはおススメのコースでした。
御岳からの眺望は日光連山の裾野に間違いありません。
天気が良ければ男体山、女峰山がドーンと眼前に・・・。
少し北に目をやれば高原山の雄姿も望めます。
ヤシオ咲く頃に是非お出でください。
やまとそば | URL | 2013.12.20 20:55 | Edit
本当、何とも楽しい方たちですね。
リンゴさんの言われる様に御岳から正面(どっちが?)というか一番まじかに見えるのが日光連山です。
古賀志の岩場(ゲレンデ)は、不動滝、マラ岩の2か所があります。
城西小方面に下ると不動滝のゲレンデ横を通過します。
ヤシオ咲く頃、お待ちしています。
y子 | URL | 2013.12.20 22:37
リンゴさん、
そうなんです、私が頼りなさそうだったから?かもしれません、でも、
と~ってもみなさん、感じが良くて、すぐにお友達に・・・
日光から来た、と言ったら、すぐにいろいろ聞いてくださったり、
こんなにフレンドリーな方たちは初めてでした。
> 御岳からの眺望は日光連山の裾野に間違いありません。
了解です~(笑)、確かにドーン!、という感じ。次回はぜひ雄姿を拝みたいですね。
ヤシオの咲くころ~、みなさん、そうおっしゃいますね。
さぞ、きれいなことでしょう。こちらでは桜は ??? なのかしら?(笑)
y子 | URL | 2013.12.20 22:44
やまとそばさん、眺めがいいのは、本当に素敵なことですよね。
雪雲の中の日光連山と高原山以外は、富士山もスカイツリーも見えたので、
満足でした。関東平野って広いなぁと思いました。
東武線の方から見える古賀志山は、おそらく岩場の方でしょうか。
初めは、文挟の方から入るのかと思いましたが、森林公園からの方がいろいろ行けそうなのですね。
少し慣れてきたら、また違うルートで、と思っています。
> ヤシオ咲く頃、お待ちしています。
はぁい、また遊びに行きます。 
yosi | URL | 2013.12.21 21:05
古賀志山に入る人、みなさんフレンドリーです。
通いなれた人も多く、声をかけたり掛けられたり。枝道分岐で考えてると、丁寧に教えてくれたり。
まあ狭い山域なので、森林公園ベースにいろんなコース取りが出来るのも魅力です。
山越えて向こうの里に出て、別のルートで戻ってくるなんてのも可能です。

ここ、はまりますよ。
Layla | URL | 2013.12.21 21:20 | Edit
おぉ。
行かれましたね。
私もそのうちに行こう。
師匠がいっぱいいて頼りになるわぁ~。w

多分私だって東北道、日光宇都宮道路、から見ているはずなんですよね。
う~ん。 どれだろう?
ゴツゴツしているんですね。
まぁ、わき見運転は危険だから、そのうち本当に行ってみましょう。w

大谷石の資料館も誰かから「行ってごらん」って
言われていたんでした。
暗くなってから行ったんですか?
ステキですね。

で、今日はスキーなの!?w
y子 | URL | 2013.12.22 07:49
yosiさん、おかげさまで楽しく行ってきました。

> 通いなれた人も多く、声をかけたり掛けられたり。枝道分岐で考えてると、丁寧に教えてくれたり。
そうそう、そういう光景、あちこちで(笑) 本当にみなさん、お友達状態。
それにいろんなところから人が出てきたり、入ったり。
面白いですね! 同行してくれたおじさんに詳しい地図までいただきました。
見ると、ほんとにルートだらけ(笑) 

> ここ、はまりますよ。
わかります~、 私も次はどこを歩こうかな?? と地図をみています。
登山ではないですが、鞍掛峠の旧道が心霊スポットなんていうのも見つけてしまいました(爆)
y子 | URL | 2013.12.22 08:03
Laylaさん、位置としては宇都宮ICの手前あたりですけど、東北道からはちょっと離れ気味。
東武電車からはよく見えるんですよ~ これが見えると、次は下今市だ!という感じ。
日光からは徳次郎ICから行きました。
そうです、師匠はたくさんいますよ! 真冬でも歩けるのが魅力です。
地元の山、おらが山、という感じの、愛すべき山域です。
大谷資料館は、ここと徳次郎の間、大谷石の採掘場跡地なので、資料館は地下なんです。
掘ったあとの壮大な空間で、圧倒されますよ。 私はこの時、カメラが入院中のため、
コンデジだったので残念な写真ばかりでしたが、デジイチもってもう一回行きたい。
入館はたしか3時半までかな?

> で、今日はスキーなの!?w
次の日、16日(月)でした(笑) 遊び倒した週末~週初めでした。
chikoやん | URL | 2013.12.23 23:37 | Edit
y子さんが宇都宮の山に登ってるって、なんか、ちょっとだけ不思議な感じ(笑)
御岳って、日光連山の展望台みたいな感じですよね。
時間つぶしにざっくりと登った古賀志山。
今度はゆっくり登ってみよう。と思いながら未だに行けてません。(汗)

それにしても、山登りの翌日スキーって。
もぉ、パワフルぅぅ♪
y子 | URL | 2013.12.24 12:03
chikoやんさん、
雪を求めて社山に登ったchikoやんさん、雪がないのを求めて宇都宮遠征した私、
なんかおかしい(笑)
でも、長年、車窓から眺めていて、かっこいいなぁ、と思っていたんですよ。
今回、リンゴやyosiさんのおかげで名前がわかり、調べて~、という次第でした。
ご一緒した女性は、「暇があると来る」っておっしゃってました。
飽きないのでしょうね、わかります。
> もぉ、パワフルぅぅ♪
え? 登るの、リフトだし(笑)
でも、ちょっと筋肉痛の翌日でした・・・・
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ