鵲橋

だいや川公園の陸橋から見るこの景色、好きです。
_1740980.jpg
ひさしぶりに陸橋を渡って河川敷の方へ。



まだ梅も咲いています。
_1740985.jpg




そして、桜のつぼみは・・・・
_1740992.jpg
はじけそうですね。もうあと少し待つだけ・・・



来週末にはお花見が出来そう。
_1750003.jpg



さぁ、用事も終わったし、家に戻るか、と、いろは坂を登って行くと・・・・・・
そうだ!! 明智平のロープウェイに乗ろう、と急に思い立ちました。
日光には長いのに、まだ乗ったことのないロープウェイ、
天気のよい日中にここを通ることがそもそもあまりないし、、
たま~にあっても、価値観の違う夫っとは、絶対に行かないし・・・・
時々ミーハーの私は、やはりちょっと乗ってみたいのです、1人の今日はチャンスだ!♪



春休み最後のこの週末、こんなよい景色だもんね、さぁ、ロープウェイに乗りましょう。
_1750022.jpg



おおお~、いいぞ、いいぞ、高いところ大好き。
_1750023.jpg



そしてお約束のこの景色、確かに絶景ですね~
_1750027.jpg



今、登ってきた明智平方向を見れば・・・・確かによく地形がわかって面白い。
_1750038.jpg



みなさん、楽しんでます、でも、風が半端なく強くてさむ~い!!
_1750040.jpg




その時、急に思い出しました。
以前に読んだブログで、華厳溪谷にある滝と橋の話を。



中禅寺湖から流れ落ちる華厳の滝はあまりにも有名だけれど、この滝を最奥としたものが華厳溪谷、
この溪谷には何か所も滝がある・・・・
その一つが、有名にして無名の 白雲の滝、それがどこかというと・・・・
_1750033.jpg
左が華厳の滝、滝壺手前に、エレベーターの終点の展望台が見えます。
そして 中央が 白雲の滝です。
華厳とは趣も違うけれど、壮大な美しい滝であることは間違いありません。
位置的には、華厳の滝駐車場の、もう真下という感じです。
本当にすぐそばにありながら、見ることができるのは、明智平あたりからだけ。




そして!! この白雲の滝に、橋がかかっているのです。
それが表題の「鵲(かささぎ)橋」です。
_1750045.jpg
残念なことに、まさか明智平に行くとは思わず、最大で90ミリ、
もっと大きな望遠を持ってこなかったので、むりやり拡大した写真ですが、
なんとか橋の姿は目にとらえられるはず。
石造りのこの橋は、使われることが無くなって数十年、ほとんどの人に知られないまま、
ひっそりとこの地に居続けています。



その昔、1890年ごろから、今の第一いろは坂下部から 華厳の滝に至る溪谷遊歩道の整備が始まり、
その過程で発見されたのが白雲の滝、そして1900年ごろには、華厳溪谷遊歩道が完成して、
鵲橋がかけられたというのですから驚きます。
昭和25年ごろには、現在のような石造りの橋に架け替えられています。
いろは坂下部からの遊歩道のトレッキングコース、美しい白雲の滝を橋の上から見物し、
最後に 正面にそそりたつ華厳の滝をみて、崖上に登る、素晴らしいコースですよね。





そして落石等の危険からこのコースは閉鎖されましたが、展望台エレベータができるまで、
数十年は使われていたそうです。




豪壮な華厳の滝、その先の涅槃の滝、そして白雲の滝、それらの膨大な水量は
白雲の滝のすぐ下流で、すべて水門によって地下に吸い込まれ、発電に利用されているわけで、
その昔、足尾銅山の電力不足を補うために作られたというのですから、驚かされます。
現在は 古河電工の馬道発電所の管理区域となっているそうです。
つまり、遊歩道としては閉鎖されていても、一部の人はいまだに使っているのか?



それはともかく、今の華厳の滝エレベーターの終点の 展望台と反対側にある開かずの扉、
ここを開けると、その先に、鵲橋に通じる昔の遊歩道が今も存在するそうです。
一帯は日光市が管理する立ち入り禁止地域・・・・



そして、いろは坂下部からこの遊歩道へのアプローチは可能ですが、どこまで行かれるのか・・・・不明です。
もっとも、釣り師の間では、昔から有名だったとかで、案外入っている人も多いのかもしれません。




行かれないけど、行きたい~!!!




思いがけず、興奮してしまった明智平探訪でした。





Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/596-9575977b

Comment

モモクリ | URL | 2014.04.07 06:53 | Edit
桜、こちらは満開です。
馬返発電所は、第一いろは坂の最終カーブを過ぎ、トンネル前を右折するとありますが、その先は通行止めです。
華厳渓谷の水は、細尾、和の代、水沢の水力発電所にまわるので、清滝の河原にはほとんど水が流れませんでした。
昔の財閥だから出来た事で、今なら環境問題で駄目でしょうね。
yuko | URL | 2014.04.07 07:30
モモクリさん、おはようございます!
なるほど、馬返発電所というのですね、訂正します。
発電所に至る道は、毎回横目でみて通過していますが、やはり奥には入れないのですね。
馬返しからみると、いろんな施設が点在しているのが見えます。
華厳溪谷、なんとなく惜しい!と思うのですが、今後も変わらないのでしょうね。
そちらは満開ですか、少しの差で開花が違うのですね~
モモクリ | URL | 2014.04.07 12:31 | Edit
私のは、子供の頃の呼び名で、和の代は上の代、水沢の鉄管山は今は無いようです。
取水口は横手の川の反対側にあります。
やまとそば | URL | 2014.04.07 20:16 | Edit
鵲(かささぎ)橋・・・
初めて知りました。
何度も日光を訪ね、華厳の滝も何度も何度も見ました。
が、明智平はいつも素通り~
判らないはずですよね(汗;)
リンゴ | URL | 2014.04.07 20:23
そう言えば、私も明智平のロープウェイには乗ったことがなかった。
へ~、こんな風景が広がっているんですね。
白雲の滝の存在も初めて知りました。
立ち入り禁止は仕方がありませんが、ちょっと見てみたい(笑)
chikoやん | URL | 2014.04.07 21:38 | Edit
私も明智平のロープウェイ。乗ったことないわぁ~。
明智平の駐車場も、いつも素通り。
華厳の滝へ寄ったのも、もう、何年前の話やら。(笑)
明智平から…確かに絶景だわ。

。。。と、反応しつつ、春っぽい景色に変わりつつある奥日光。
ん~、どこであそぼかな?
と、巡る頭の中に、ロープウェイが入ってこないぃ~(汗)
白雲の滝。。。覚えときます。
素敵な滝ですね~☆
モモクリ | URL | 2014.04.07 21:47 | Edit
何度もコメントですみません。

スマホで入れたテーマ名が反映されないようで...
馬道発電所で正解ですヨ。
それ以外は12:31コメントで....
追加:
水沢の鉄管山は多分、別倉発電所と言う名前だと思います。
そこに、別倉製材所がありました。(今も有るのかな?)
水沢地区は清滝に昔から有る部落で、清滝神社の神輿のお休み処では、毎年、ジャガイモの煮ころがしと沢庵が出たのを覚えています。
yuko | URL | 2014.04.07 22:26
やまとそばさん、こんばんは!
そうですか? 明智平のロープウェイにはお乗りにならないでしょうけど、
華厳溪谷のことはご存知かと・・・
かくいう私は、華厳の滝エレベーターにも乗ったことはありませんが(汗)

ロープウェイに乗らなくても行けるようですよ。
茶ノ木平から明智平展望台へ歩いていけますね。
一度ご覧になってください。
yuko | URL | 2014.04.07 22:32
リンゴさん、こんばんは!
ロープウェイ往復730円!、高いか安いか(笑) 写真や絵ハガキ通りの絶景です。
私は白雲滝と鵲橋を見られたから、大満足でした。

> 立ち入り禁止は仕方がありませんが、ちょっと見てみたい(笑)
ですよね?(笑)下りイロハのGSの先、右側の林の中に道標があるそうです。
もちろん、道はありません。崖を下ると白雲の滝に出るそうですよ。
もっとも、普通の人は行くところではないですが、行く人もいるのですね~
エレベーターの開かずの扉、開かないかなぁ・・・・・
yuko | URL | 2014.04.07 22:35
chikoやん~、こんばんは!
まったく、だぁれも乗ったことないなんて、想像通り(笑)
そんなものですよね、でも、観光シーズンには、明智平に吸い込まれる車の列、
天気が良いと、駐車場もいつもいっぱい。

> と、巡る頭の中に、ロープウェイが入ってこないぃ~(汗)
> 白雲の滝。。。覚えときます。
> 素敵な滝ですね~☆
見るだけ、というのが、なんともそそられます。
yuko | URL | 2014.04.07 22:45
モモクリさん、こんばんは!
こちらこそ、ご丁寧にありがとうございます! また訂正しました(笑)
今まで、お山の方にばかり気を取られていましたが、こうして発電施設やら気を付けてみると、
また別の興味が湧いてきますね。 
モモクリさんは、以前清滝に住んでおられたとか?
あのあたりも別の視点で歩いてみると、面白そうですね。
別倉発電所、水沢地区、初めて聞きました。今度、探してみよう。
Layla | URL | 2014.04.08 00:41 | Edit
ロープウェイ、私は娘達と1回、友達を連れて1回乗りましたよ。w
いずれもスノーシューの時なので、展望台に雪が無いこのお写真が新鮮。w

で、その橋は私も自分の写真を見て気づきました。
「おぉっ!こんな所に橋! 行けるの?」と思っていましたが、
こんないい場所に橋があるのに人が一人も歩いていない、そぞろにも出てこない、
のは行けないのだろうと思っていました。
何かの管理用なのだろうな、と。

が、今回 yukoさんの説明を読んで納得!!
スッキリしました~!
崩落の多い男体山周りですから、落石で閉鎖と言うのもわかりますね。
見るからに落ちてきそうだもの。(^o^;
でも一度くらいは歩いてみたいですよね~?w
yuko | URL | 2014.04.08 07:29
Laylaさん、おはようございます!
乗ったことあるんですね、それも二回(笑)
で、滝と橋に気が付いた、とはさすがLaylaさんだわ!
華厳のほうに気を取られていると、目に入らないのにね。
そうなんですよ~、なにも滝を登りたい、とかそんなこと言ってるわけではないし、
閉鎖されているからこそ、みんな危険な崖を降りてるわけで・・・・
展望台の奥の扉から、苔むす古道をトレッキング、ヘルメット着用、橋の往復のみ、
期間限定、入場料あり、てな感じで、開けてくれないかなぁ、どなたか。


トレッキング | URL | 2014.04.08 18:05
こんにちは。
明智平のロープウェイ随分昔の独身時代に乗った事が有ります。

日光好きで毎年何度も日光に行っている私は興味を持って鵲橋へは、随分昔に一度一度行ったことが有ります一度行けば十分の場所でした。
橋の名前は漢字ではなく『かささぎ橋』とひらがなで書かれて有ったような気がします漢字名で鵲橋初めて知りました。

鵲橋を探しながら下りて行った時に迷って白雲瀧の吹き出し口に出てしまって水の流れる爆音と友に足がすくんだ記憶がよみがえりました。

発電施設と小さな小屋が有った記憶が有ります。
1人で入って行ったので何も出逢わないようにと、ただ怖かっただけの記憶しか残ってませんでした。

かささぎ橋、行ってから気が付いたのですけれども華厳の滝観瀑台からも行けたようです。
秋とかに行けば見応えが有るんでしょうね。
yuko | URL | 2014.04.08 21:36
トレッキングさん、こんばんは!
本当ですか?トレッキングさんは、冒険家なんですね~、実際に行かれたなんて!。
確かにそこへ行った方のブログの写真を見ると、「かささぎ橋」と書かれているようですね。
距離としては短いのでしょうが、道なき道どころかとんでもない所のようですね。
観瀑台からは扉が閉じていて、通行禁止だそうですよ。
ここから行ければいいのですが。
それにしても、勇気があるなぁ~


yosi | URL | 2014.04.10 00:03
明智平のロープウェイ、盲点でした。
存在は知りつつも乗ることは考えてもみませんでした。

滝と橋。ここまで書かれたら気になって仕方がありません。どーしましょ。
yuko | URL | 2014.04.10 10:29
yosiさん、うーん、yosiさんのスピリットを刺激してしまった〜かしら?笑
さすが山岳部!だけどこれは探検の領域のようですねー、
かささぎ橋、日光とググると出て来ます。探検記が。それを見ると滝めがけてではなく、大回りしているようですが、危険なことには変わりはない、ちなみに夏場は相当茂るそうで、探検した人は五月におりてますね。
明智平にある100秒100円の望遠鏡で、豪快な滝しぶきまで見えますよ〜。
晴れ | URL | 2014.04.13 23:49
あらま、コメントを読み進めるうちに、たいへんなことになっていますね〜。もちろん私も気になり度満点です〜。みんなでガイドさんとツアー?なんちゃって(笑)
立ち入り禁止?
yuko | URL | 2014.04.14 09:24
晴れさん、こんにちは、
そうなんですよ、イロハを下る時には、ああ、あの辺だなー、と思ってみたりして。

> みんなでガイドさんとツアー?なんちゃって(笑)
> 立ち入り禁止?
ですね、、、、永遠に実現しないだろうなー、って、どうなんでしょうか(笑)
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ