少しだけ重い話・・・・

この、花咲く清々しい季節ですが、少々重い話を・・・・


既にお気づきの方もおられるとは思いますが、私はかなりの難聴です。
今日はちょっとそんな話を。



自分の耳のおかしなところに気が付いたのは、高校入学時の身体検査でした。
聴力検査があり、ひっかかってしまった私は、保健室に呼ばれ、再検査を言い渡されました。


月日は流れ、いつだったか忘れましたが、あまりに耳がおかしいので、耳鼻科に行き、聴力検査を受けたところ、
かなりの難聴、それも両耳、聴神経がやられている感音性難聴で、回復はない、
むしろ悪くなるのを防ぐため、大きな音を避け、ヘッドフォンの使用は止めるように、と言い渡されました。 
高音域が特にだめで、中ぐらいの2000ヘルツ以上は聞こえていない、低音域はなんとか聞こえているが、
それも普通の半分ほどだということでした。


原因は不明、比較的丈夫だったけれど、重い病気になったのか?もわからず、
今はだめでも、小さい時には蝉の鳴き声や鳥の声も知っているので、
大人になるにつれ、段々と悪くなってきたようです。


これまでに、病院を変えながら何回も検査を受け、頭のMRIを撮り、また、数社の補聴器を試してみましたが、
私のタイプを回復させられる治療法も補聴器も見つからずに、今に至っています。


生活で一番困るのは、チャイムの音や電話のベル音が聞こえにくいこと、電話の通話もとても苦手で
知らない相手だと、まず、名前もなかなか聞き取れないことがほとんどなので、留守電にしています。
幸い、最近は家の電話には、セールスしかかかってこないし、本当に連絡を待つときには、
携帯に連絡してもらいます。


それから、雑談が苦手、テレビのアナウンサーの声のようならまだ良いのですが、
早口や高い声が聞き取れず、話の内容がわからない、仕方なく黙ってしまうのです。
会話というものは不思議で、何についての話か最初にわからないと、その後は全然
付いていけない、というものなのですね。


オーケストラを聞いていると、ヴァイオリンの高音域になると音が消え、
ピアノを自分で弾いていても、高い音になると、カタカタいう音だけで、
弾いている音を間違ってもわからない、
こんな状態なので、最近は音楽や歌を聴いていても、あまり楽しめなくなっています。


加齢と共に、残っている聴力も徐々に落ちてきているなぁ、と少し落ち込んでいますが、
これも死ぬまで付き合っていかないといけないものだから、
本当に自分でなんとかしなければいけないのですね。


そう考えると、ちょっと言いにくいことではあるけれど、オープンにしてしまって、
私、耳が悪いので、よろしく!と開き直るしかないなと、最近思うようになりました。


高い音、高い声、遠い音、小さい音はとっても苦手で聞こえませんが、大きな低い音は聞こえます。
が、ここが問題、人の言葉は高音域と低音域の両方でなりたっているようで、
「音」としての部分は十分に聞こえていても、聞き間違える、あるいはわからない、
例えば、駅のホームで聞く臨時の放送、誰でも聞こえずらいとは思いますが、私は内容が全くわからない、
また、いきなり単語を言われると、前後関係から類推できないので、全くわからない、
遠くから話しかけられると、耳に入ってこない、などなど・・・・なかなか理解してもらえないところも多いのです。


耳が悪くて・・・・というと、「あら、私もよく聞き間違えするし~」と
軽くいなされてしまうこともありますが、聞こえないレベルが違います。


聞き間違え、勘違い、そんな失敗は数知れず、耳から入る情報が欠落しているので、
不安も大きくて、自ら確かめるしかないのですが、ここらへんは自助努力で頑張り、
人との会話では、ちょっとぼーっとしていてもお許しを・・・・(笑)
大事なことは、聞き直して確認したいので、その辺はお付き合いくださいね。


最近、HANAたちもよくわかってくれて、そばに来て、ゆっくりと大きく言い直してくれたり、
GAKUの言葉を通訳?してくれたり・・・
困ることは山ほどありますが、人と楽しく会話したいので、
できたら、少しだけフォローしてくださると、嬉しいです。


これから先、案外「都合の悪いことは聞こえない~」と開き直って、図々しく行くのも「手」かな?と
思うこの頃です。











Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/599-d2c6f089

Comment

モモクリ | URL | 2014.04.19 17:43 | Edit
高音域が聞こえないのはつらいですね。
自然界には人間の耳には聴こえない高音域があふれていて、しかもそれが癒しになるとか。
聴こえていなくとも、体の細胞が感じているのかもしれませんね。
うちの奥さんはオケラの鳴き声が聴こえないので、高音域が苦手なようです。
| | 2014.04.19 17:47
このコメントは管理人のみ閲覧できます
yuko | URL | 2014.04.20 14:49
モモクリさん、そうなんですよね。
いろいろな音域が交じり合って、自然界の音はできているし、
癒しになる・・・・のでしょうか。
心地よいという感覚の中、ヒトが意識できる以上のことがあるのでしょうね。
だれでも加齢で高音域から聞こえなくなってくる、とか。
私は、今の状態が確保できれば、それ以上は望まないのです。

Layla | URL | 2014.04.20 22:06 | Edit
>早口や高い声
うわぁ。 遠慮なく言ってくださいね。

年齢と共に、人には言わなくても、
おそらく多かれ少なかれ、みんな何か悩みがあると思います。

言ってくれた方がこちらも楽、ってことありますよ。
私はそそっかしくて理解できなかったり、
言われても忘れてしまったりするので、
お互い確認し合いながら行きましょう!ww
yuko | URL | 2014.04.20 22:44
Laylaさん、こんばんは
女性の声は、ちょっと苦手な部類に入るんです(笑)

> 言ってくれた方がこちらも楽、ってことありますよ。
ありがとう。そうですよね、間違えるよりいいもんね。

> お互い確認し合いながら行きましょう!ww
私もそそっかしいのでは負けません、しかも思い違いも多くてね。
よろしく~!!
chikoやん | URL | 2014.04.21 16:43 | Edit
わ・わ・わ・・・
いつも早口でごめんね。
聞き取ることが苦手であるって、外から見ても
わかりにくいことなだけに、ここでオープンにすることにも勇気がいることだったんじゃないですか?

これからはもっとゆっくり喋るようにするね~。
これからもやってくる楽しい時間だもん。
爽やか~な風を感じながら、楽しいおしゃべりしましょ♪

…と言う私も実は、ざわついたところで会話を聞きとることが苦手です。
何度も聞き返したり、近づいて話を聞くこともしょっちゅう。
聴力検査では全く異常なしなんだけどね~。
yuko | URL | 2014.04.21 22:27
chikoやん~、こんばんは~
実はすごく勇気をふるって出してます。そうよね、もしかしたら言わなければわからない、かもしれないし。
あまりくどくど書くのも気が引けて・・・・ いままでがそうだったから。
だけど、ここで開き直ってみようかと思いました。
恥ずかしいことを隠しているのはそれはそれだけど、間違いをそのままにしておくのは、いけないな、
勘違いがいつかは大きな間違いにつながってしまうかも。
人とのつながりを大切にしたい!と思った次第です。
と~ってもおっちょこちょいの私なので、これからもよろしく~
やまとそば | URL | 2014.04.22 20:51 | Edit
こんばんは。
今を・・・そして明日を楽しく生きて行けたら良いですね。
一期一会を大切にしていきたいものです。
その瞬間から人は一人ではないのですから~♪
お会い出来る日を楽しみにしています。
yuko | URL | 2014.04.22 21:58
やまとそばさん、こんばんは
私も これは個性よ、と言えたらいいのですが、なかなか・・・・
でも恥ずかしいと思うから恥ずかしいのかな、となんだか頭の中がぐるぐる回り。
一期一会、いい言葉ですね。 私も楽しみ~です。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ