稜線は霧の中~ 前白根に行く

美味しいハナビラタケをたらふくいただいた翌日は、日曜日、
昨日、展望台から見えた白根山に行ってみたいな、でも、東京に帰ってから、
このハナビラタケをみんなに食べさせたい、と逆算すると、どうしても昼には菖蒲に戻らないと・・・・
気になるお天気は、あまりよろしくないけれど、どうやら午前中なら降られないみたい、いや、もしかしたら
稜線からはちょっとだけは展望があるかも?? と期待もコミコミ。
Laylaさんからは、土曜日の素晴らしい展望の速報も入り~、そこまでは望めないけど行ってみましょう。



大好きな白根山塊のルートを全部トレースしたい、と以前から思っていました。なので
今日は、湯元から、前白根山に登り、五色山を経て、国境平、湯元に戻るのコース。
前白根周辺は、数年前、奥白根から下山し、避難小屋から前白根経由で湯元に戻ったことが一回だけ。
丸沼からは何回も登り、去年は菅沼からの周回コースも登ったし、
行ったことのない前白根~五色山~湯元を今日はトレースしましょう。
これで金精山~国境平を歩けば、一応全部だよね?



4時前に起きて、4時半前発、 おお!!、やればできる(笑)
地の利を生かして、4時40分には湯元の駐車場をスタート。
赤沼から見えた白根方面は、上の方がすっかり雲の中、金精山は見えていました。
雲がもう少し移動してくれるのを祈りつつ・・・・・



スキー場です。
_1770186.jpg
男体山も雲に隠れています。


スキー場の中をゆるゆると登り、
_1770187.jpg
左側がいつも滑っている上のゲレンデ、


登山口、さぁ、ここから急登だ。
_1770191.jpg


さっきのスキー場ゲレンデがいつの間にかあんなに下に・・・
_1770197.jpg


前回、女峰山に登った時、山の師匠、やまとそばさんから教わった歩き方を
今日は一人でやってみたい。 
とは言っても、ゆっくりと自分のペースで歩くだけ、ただし、休憩は給水、補食のみで
立ったままでなるべく短く、座る休憩は山頂までお預けです。
汗をかかないように、息が上がらないように、とは言ってもねぇ、だってすごい急登の連続、
せめて立ち止まりを最小限にと、ゆるゆると登ります。


さすがにこんな時間だと、一番乗り?と思ったら、あとから来たソロの男性にあっという間にぬかされ、
まぁ、いいやと、進んでいくと、あれれ?前に若い子たちのグループ、しかも私並みに遅い~(笑)
ぬかすのも面倒なので、そのままゆるゆると着いていくと、本当に遅い、
どうやら、湯元でキャンプでもしたのか、そんなザックを、このルートの途中でデポ。
おそらく・・・・あまりの遅さに、リーダー判断で、ピストンに変更した様子。
ほとんど空身状態になったにもかかわらず、相変わらず遅いペース、そのうち、どっかりと
座り込んで休憩していたので、とうとう抜かしました。
大学生くらいの女子4人、男子3人くらいかな?
私にぬかされるなんて、相当ですよ~


石楠花が咲いていてホッと。
_1770199.jpg


外山鞍部の分岐を経て
_1770204.jpg


この辺だとまだつぼみ
_1770206.jpg


天狗平  後ろから靴音が・・・・
_1770210.jpg


こんな急登ルートでもトレランの方々が・・・・・
_1770211.jpg


ふぅ、すごいなぁ、女子は初めて見ました。
_1770214.jpg


そして、前白根山山頂に到着しました! CT+10分ってとこ。 ミルキーホワイト~(笑)
_1770219.jpg
景色も見えないので、座って休憩もなしにしました。


前白根山頂は広々としているので、ルートを間違えないようにしないとね。
ここからは初めての道です。
_1770220.jpg


はい、こちらに下りましょう。
_1770221.jpg


霧も深いし、お花を探す雰囲気でもないけれど、ちょっとだけ
_1770222.jpg


五色山山頂、本当は、ここからは五色沼と奥白根山の素晴らしい展望が臨めるのでしょうが、
この霧・・・・ 前日、Laylaさんが登っているので、ブログアップを待ちましょう。(笑)
私は、また来るからさ、その時に見るのを楽しみにします。
_1770229.jpg



笹の中の道をくだっていきます。
_1770234.jpg
このあたり、登ってくる人が意外に多い、全部で7人くらいとすれちがう。



そして国境平に着きました。ふ~ん、ここから金精山だけが未踏だな(笑)
_1770236.jpg
国境平からの湯元下山コース、なんかすごく地味な印象です。
笹深いというし、ひたすら下る下る・・・・


本当に笹が深くて、もぐりこむような感じ、広い尾根筋だけど、晴れていたら景色はいいのかな?
道はえぐれえぐれて、時にはまるで暗渠 ? というようなトンネル状態もあり、
ここを上るのは勘弁よね~、と30分ほど下ると、まさかの登ってくる人が、しかもお年寄り!
一本道で迷うことはないけれど、あんまり楽しい道でないことは確かでした。
しばらく立ち話などして、分かれましたが、私なら絶対下山しか使いたくないな、


と、ちょっとうんざりしてきたところ、なんだか甘い香り
ミヤママタタビが咲いていました。
_1770241.jpg

_1770249.jpg
この間戦場ヶ原で見たときには、つぼみだったから、素直に嬉しい~
この下山路で唯一嬉しかった~


長い道も 歩き続ければいつかは終わる。
最後にお出迎えしてくれたのが、ショウキラン、 うまく撮れてない・・・・
_1770251.jpg
ギンリョウソウかと思い込んでましたが、chikoやんに教えてもらい、訂正しました。


浄水場のところの登山口に出てきました。 本日はこれにて終了、
_1770258.jpg


登山道の地味さを象徴しているような(笑)
_1770260.jpg


と、また軽快な靴音がして、ここにもトレラン下山者が! 
_1770262.jpg
私はゆっくりゆっくりと駐車場に向かうことにします。
天気は悪かったけど、一応、トレースできたので満足しました。
好きな地域は、何回でもくまなく歩きたいほうなので、また白根山塊、来ようっと。
菖蒲に戻ったら、すぐに雨が降り出しました。 ああ~よかった。


7月13日 (日)単独
湯元駐車場04:40 → リフト脇登山口05:13 → 外山06:37 → 天狗平07:06 → 前白根山頂07:31 →
五色山08:06 → 国境平 08:28 → 湯元登山口10:09 → 湯元駐車場 10:21   約5時間40分


追記***
東京へ戻ってから、またハナビラタケ炊き込みご飯、HANAたちは三杯飯でした(笑)
そして、今日は、お盆で従姉が来たので、マリネを2種類、イタリアンと和風、評判がよかったのはイタリアン。
従姉にお土産にあげ、最後の残りで、あさって、もう一度炊き込みご飯にします!
感動の完食です。 モモクリさん、本当にありがとうございました。


Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/647-eac33d2c

Comment

Layla | URL | 2014.07.15 23:37 | Edit
おおぅ!
前白根へ行ったのはyukoさんでしたかっ!
真っ白とわかっていても行かれるところがさすが変人だ。w
しかも白根沢から。ww

そうかぁ、yukoさんでも前白根まで3時間、。。

午前中できっちり帰ってくるところはさすがですね。
私が言うのもなんですが、前白根~五色山からの景色、すばらしいです。
できるなら、金精山から五色山に到達すると、
いきなり五色沼と奥白根が目の前に飛び込んでくる景色がとても感動的で、
わたし的にはお勧めです。
chikoやん@平和な夜勤ちう | URL | 2014.07.15 23:48 | Edit
パソ通時代からのお友達が湯元から白根山に行った。なんてレポを読んだのは、もうずいぶん前のこと。
そのルートは、ガチの山屋さんしか登ることができないコースだと思ってました。
でも、緑色がきれいな、The 登山道って感じの雰囲気ですね。
私、好きかも♪

あの日は、思った以上に天気の崩れが早かったですね。
yukoさんも真っ白な山頂だったんだぁ。(笑)
何度でも登っていいんだよ~って言う天からの声だよねっ。(笑)
私も前白根の稜線、歩きたぁい。
でも、駒にも行かなくちゃ(笑)

出迎えてくれたのは、もしかして、ギンリョウソウでなくて、ショウキランじゃないですか?
yuko | URL | 2014.07.16 00:08
Laylaさん、
> 真っ白とわかっていても行かれるところがさすが変人だ。w
> しかも白根沢から。ww
前日の素晴らしい速報、あれを見たらね、でも、変人かも。
予報よりずっと悪くて残念、ちょびっとは見えるかなぁと期待してましたが、
そうは甘くはなかった、のでした。

> 私が言うのもなんですが、前白根~五色山からの景色、すばらしいです。
> できるなら、金精山から五色山に到達すると、
> いきなり五色沼と奥白根が目の前に飛び込んでくる景色がとても感動的で、
> わたし的にはお勧めです。
了解で~す! 今度は最後のトレースを踏みに行ってくるね。
いつになるのかな?(笑)
yuko | URL | 2014.07.16 00:13
chikoやん、夜勤、お疲れ様です。平和に夜が終わりますように。

> でも、緑色がきれいな、The 登山道って感じの雰囲気ですね。
> 私、好きかも♪
なんかね、私もずっと気になっていたのだけれど、本当にクラシックルートという感じで
山の大きさを感じられたなぁ。
結構いいかもしれません。

> 何度でも登っていいんだよ~って言う天からの声だよねっ。(笑)
お!!言いこと言うね、chikoやん~、異議なし~(笑)

> 私も前白根の稜線、歩きたぁい。
> でも、駒にも行かなくちゃ(笑)
はいはい、お休みと相談してくださいね。

> 出迎えてくれたのは、もしかして、ギンリョウソウでなくて、ショウキランじゃないですか?
そうそう、ありがとう!! よくよく調べてみたら、ショウキランですね!!
ギンリョウソウだとばかり思い込み、さっそく訂正するね~  
やまとそば | URL | 2014.07.16 07:33 | Edit
おはようございます。
前白根までの登りのペース、素晴らしいですね。
私が歩いた時とほとんど変わらない~良い感じです。
展望は、『またおいでよ~』と言う事で~白根も、女峰もね~♪
下りは慣れです。歩きなれれば、こつさえ掴めば直ぐに速くなります。
ただ国境平からの下りは塹壕の様な所が多く、天気の悪い時はお奨め出来ません。このコースの唯一のメリットはグルリップ出来て車の所に戻って来られる事でしょうか?
yukoさんなら湯元から奥白根、行けますよ~。
良いお天気の時に、是非。
トレッキング | URL | 2014.07.16 12:18 | Edit
yukoさんレポ見て改めて歩きたく成りました。
登山口の湯元のスキー場の写真覗きながら後4ヶ月で冬か雪も良いかなと。
この日、白根山に行って湯元の温泉神社に入って来たいなと考えていましたが先に至仏山に向かいました。
日光白根山から見た五色沼の美しに沼まで下りて行きました湯元から歩いて見たいです。
静かな白根山1人でのんびり歩くのも気持ち良かったでしょう。
モモクリ | URL | 2014.07.16 21:16 | Edit
やっぱ、視界は望めませんでしたか。
景色は次回の金精ルートの楽しみに取っておきましょう。
我が家は、クリと奥さんの三人で、霧降、川俣、山王経由で回りましたが、天気が悪くて単なるドライブでした。
ハナビラ、いろんな料理で使い倒してますね。
yuko | URL | 2014.07.17 00:10
やまとそばさん、
そうですか? i-179 嬉しいな。
今回、きつくなかった、と言えばうそですが、続けて登るというのが
ちょっとわかった・・・・かな?という感じでした。
展望は・・・まぁ、心の目で(笑)、また行かないとね、ですね。
なかなか行くチャンスと、お天気がベストマッチしないものです。
下りは相当遅いです。自分でもわかっているけれど、慣れですか・・・・
ううう~ん、いつかはできるようになるかな?
湯元から奥白根・・・夢ですけど、いけるかな?
霧だったけど、やっぱり好きです、白根山塊。 

yuko | URL | 2014.07.17 00:16
トレッキングさん、
私も至仏山、また行きたくなりました(笑)あれこれ刺激されて忙しいですよね。
この週末は日曜日の天気の崩れが早すぎでした。残念!
もう雪の季節を思い描いているトレッキングさん、いやいや、まだ歩いてみたいところが
たくさん、早く梅雨明けして~! という気分です。
湯元からのクラシックルート、やはりいい所でした。
霧でも・・・・(悔し紛れ?笑) 
yuko | URL | 2014.07.17 00:20
モモクリさん、
霧降のキスゲは今年は裏だとか? それにしてもあのお天気だったので
どこへ行っても、パッとしませんでしたね。
でも土曜日は展望台からきれいな山並が見えて、とっても嬉しかったですよ。
皇海山、いつかは、とひそかに思ってますが、たぶん無理。
見るだけにしておこう。
ハナビラは明日でラストとなります~
のんびり夫婦の山遊び | URL | 2014.07.18 21:18
yukoさん、こんばんわ!
クラシックルート、前白根山から眺望が得ら
れず、残念でしたね。ハクサンシャクナゲは
これからのようですね。
12日、私達は全く初めてでしたが、きつく
感じたのは外山鞍部まででしたので、時間さ
えあれば奥白根山日帰りは十分可能ですよ。
ヨレヨレでしたけど...
これからもよろしくお願いします。
yuko | URL | 2014.07.18 23:06
のんびり夫婦さん、こんばんは
コメントありがとうございます。
私は単独なので、ちょっと心配な所がありますが、
天気が悪いとさらに不安になります。
展望が良ければテンションも上がるし、次回は(笑)と
思っていますが、いつになるかなー?
白根は色々なルートを取れるのが魅力ですね、
きっと、またおいで〜と言われたんだと思います。
> これからもよろしくお願いします。
こちらこそよろしくお願いします。
ケン坊 | URL | 2014.07.20 18:02 | Edit
こんにちは。
恐れ入りました。リンゴさんのブログのコメントを読んでる時から
素晴らしい山ガールとお見受けしておりましたが、前白根山へ
しかも単独でこのガスってる中を登るなんてケン坊には出来ません。
ショウキランの写真にビックリ、偶然でしょうか。ケン坊も湯滝の
周回コースで初めて見ました。
ミヤママタタビの花って地味ですが良く見ると可愛いですね。
綺麗に撮れてます。ナイス!
yuko | URL | 2014.07.20 21:37
ケン坊さん、こんばんは
山ガール、なんて恥ずかしい(*_*)、赤面です。
単独はやはりリスクが大きいので、常にビクビクものです。
それでもやっぱり行きたいので、仕方なく(笑)
白根山塊はくまなく歩きたい思いが先行しました(^_^)
ミヤママタタビの花、下向きに咲いて目立たないので、目立つために葉が白くなるそうです。
ここの葉は一枚だけ白くなっていました。花は小さくて可愛いですね。

Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ