男体山に登った

雨にたたられた三連休が終わり、HANAたちも東京に帰り、どうやら梅雨も終わりそう・・・
チャンス到来? ということで、一日休みにして、男体山に登ることにしました。
_1770299.jpg
おおお!、山頂まで見えてる~
登拝料を払い、お守りをいただいて、いよいよ登山道に入って行きます



何年も日光に来ているのに、なかなか登る気持ちにならなかったのは、まさに直登する山・・・だったから
もちろん、それまでは登山もしていないし、あまりにも大きく湖畔にそびえ、遠くからもよく見える男体山、
登るより、見る山だよね~というのを言い訳にしていました。
そろそろ? という内なる声がして、このチャンスに行くことにしました。
みなさんのブログやら βさんの百名山やら、事前調査はそこそこしていたので
なるほど、ここね、という感じで、四合目
_1770312.jpg
さぁ、いよいよ本格的な登山道
でも、一合目から林道までの林の中もなかなかきつかった・・・・


五合目を過ぎると、こんな景色が開けてきました。
_1770323.jpg
はぁ~、社山もあんなに低くなってる・・・・


六合目から七合目は、いわゆる大岩のごろごろした急登、歩きにくい
_1770328.jpg
これは手ごわい・・・・


木々の間からはるか下の景色が見えます。
_1770332.jpg
中禅寺の船着き場やら星野リゾート、本当に直登しているのだと実感


八合目を過ぎてくると、大岩ごろごろから少しなだらか?気味になり、木々の高さも低くなり、
視界が開けてきて・・・・
_1770352.jpg
こちらからは戦場ヶ原が見えてきました。


ああ、もう少しかな? もう上がない
_1770357.jpg
このあたりは、赤茶けた火山砂礫がザクザク、



頂上まであとちょっとだけど、それよりも、振り返るたびに  ああ~!!!とか
_1770359.jpg



おおお~とか 声にならない声を上げ
_1770360.jpg



到着しました。 登拝門から3時間35分、平均的かなぁ?
_1770380.jpg
到着とほぼ同時に、海外に出張に行っている夫っとから電話が入り、
夫は男体山に登ってないので、ひとしきり自慢をして(笑)


この間、真っ白な霧の中を登った女峰山と帝釈山を確認
_1770382.jpg
向こうの山並みはchikoやんが行ってるはずの会津駒の方かなー? もしかしてリンゴさんとやまとそばさんも一緒かもです。おおーい!



奥白根と 先週登った前白根、金精山、やっとこちらから眺めることが出来ました。
登る途中で、湯ノ湖もちらっと見えました。
_1770384.jpg
爆裂火口の中は、樹木が生い茂っていました。


さすがに高いところにいるんだな、
_1770362.jpg


展望を目に焼き付けます
_1770361.jpg


あまりに楽しくて、頂上に1時間以上も、そろそろ帰りましょう
_1770408.jpg
頂上直下は 砂礫ザクザク、

 
どんどん下り、もう飽きた~、これがまた長いんだなぁ。
どこまでも続く登山道・・・・


あまり余裕もなく・・・・
_1770410.jpg


お花の数も少ない・・・・
_1770412.jpg


よれよれになったころ、やっと登拝門に着きました。
_1770427.jpg
登山の無事を報告して、やれやれやっと終わり~
有名な山だからか、あれ?という時間に登って来る人も結構いて、なんだか心配。
二合目にもならないあたりで、時刻は午後一時、しかも結構なお年寄り、順調に登っても、戻れるのは七時は過ぎますよね~、無事に行けたのでしょうか……



展望が最高で楽しかったけど、疲れました・・・・
長年の懸案だった男体山、とにかく無事に登ってくることが出来ました。
満足感でいっぱいです。


CT 単独
登拝門06:25 ~ 山頂10:00  11:12 ~ 登拝門13:25
ちょうど7時間(休憩含む)






Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/652-2144f2a3

Comment

やまとそば | URL | 2014.07.23 06:58 | Edit
登りも下りも良いペースで登られましたね。
本当に素晴らしいです。
会津駒からも日光連山が良く見えていましたが、
夏空の山頂からの展望は、頑張ったご褒美~。
これからどんな山に登られるかも楽しみ、です~♪
Layla | URL | 2014.07.23 11:48 | Edit
姉ちゃん、速い~!

「長年の懸案」ってところが笑える~!

で、どうですか?
「あまり見るお花もなくて、楽しみが」とか言う話ではなく、
登る感じとして、やっぱり男体山って険しくて疲れますか?
女峰山と比べてどうですか?
全体の歩行距離はやっぱり女峰山のほうが長いですよね?

で、あまり余裕もなく、と言いながらコバノイチヤクソウ?を見つけたのだね。
山頂のハクサンシャクナゲは見なかったの~?

これだけ展望が良ければ、他は何もいらないよねぇ~。
夫っとさんも電話をかけた妻が男体山山頂にいるとは思ってもいなかったでしょうね。
なんだろうねぇ、この以心伝心。
はい、いろんな面で、ごちそうさまでした。w
yuko | URL | 2014.07.23 13:58
やまとそばさん、ありがとうございます。
もう勢いで、今日しかないか、という感じで思い切って行ってきました。
何合目、と標識があるのが、意外にも勇気付けられた感じで。
この展望が見られたら、もう文句は言えませんね。
この夏、女峰と男体山に登れて嬉しいです!
檜枝岐の方も行きたいなー、と早くも欲張りです。
yuko | URL | 2014.07.23 14:14
Laylaさん、
> 姉ちゃん、速い~!
(≧∇≦)ムフフ、そうかな?
> で、どうですか?
私に聞く〜?(*_*)、でも両方とも初めて登ったからフレッシュな
意見かもね? はい、山としては女峰山、好きです。
何より駅から眺めた姿が美しすぎる。
険しさ、うーん、同じかなー、山深い感じがたまらないと思います。
志津からはいり、霧降へ下るのが夢だけど、足が…ないのよねー
婿さんに無理やり頼もうかなー?(^^)

それに、書いたように直登って、好きじゃない、
だから富士山には多分一生行かないでしょう、
あ、これはまた別の観点かもね。
だけど、これだけは言える、頂上から見下ろしたところに湖や池があるのは
やっぱり素敵です。奥白根山が素晴らしいのも五色沼があるからかもしれません。

> で、あまり余裕もなく、と言いながらコバノイチヤクソウ?を見つけたのだね。
ん、名前を調べずに出したら、誰か教えてくれるかなー?って。
> 山頂のハクサンシャクナゲは見なかったの~?
それが〜、景色ばかりウハウハと見ていたもので、見落としました……とほほ

頂上に着いた途端に鳴り出した電話、それが〜、ちっとも爽やかな話題では
なかったんだけど、見てるのか?と思わず周りを………(*_*)

リンゴ | URL | 2014.07.23 17:16
私もLaylaさんのブログと勘違いしました(;'∀')
どういう訳か男体山ブームになってますね。
それにしても素晴らしいペース、私たちと殆どレベルは変わりませんよ。
山頂からの展望も良くて良かったですね。
トレッキング | URL | 2014.07.23 19:22 | Edit
yukoさん男体山登頂おめでとう!
かないが願いましたね。
それにしても所要時間7時間とは良いペースで登れましたね。
yukoさんの体力に驚くばかりです。
私が昨年家族で男体山登ったときは一日がかりでした。
天気も味方してくれて男体山からの奥日光すべてが見渡せる最高の眺めを楽しめましたね。
素晴らしい山頂からの景色!
私も感化されて登りたく成りました。
モモクリ | URL | 2014.07.23 21:19 | Edit
展望では、この間の前白根のリベンジ果たしましたね。
頂上に一時間も居られたほどの良い天気、うらやましいです。
chikoやん | URL | 2014.07.23 23:03 | Edit
朝のうちはガスっていたけど、どんどん天気が良くなってきた
会津駒から、日光連山を眺めて姉さんたちの噂話をしてました♪
あちら側の山頂からこちら側を見ていたなんて、なんとも
不思議な感じです。けど、嬉しいな~☆
日光娘としちゃぁ、姉さんたちの登頂記事に触発されて
「私も男体山へ行く~」と言いたいところだけど…
でも、やっぱり1200m。直登は私には無理だぁ。(笑)

それにしても、大展望ですね。
中禅寺湖が、青いっ。
一瞬にして疲れが吹っ飛んだことでしょう。(^^)
yuko | URL | 2014.07.24 01:24
リンゴさん、お帰りなさい~
こちらでは、「男体山祭り」となりました(笑)
Laylaさんのアップも待っています。
リンゴさんたちが登った時は3時間でしょう?、ありえない~と思ってました。
もっとも、頂上近くでヘロヘロになっている私を、ほとんど走り登りながら
抜いていく人もいたので、まぁ、同じ人間とは思わないことにしました。
なんとかマイペースで登りきれました。
展望は、もう、最高! 初めてですから感動しましたよ。
yuko | URL | 2014.07.24 01:31
トレッキングさん、ありがとうございました。
前日、結構悩んでいましたが、お天気に後押しされて行ってきました。
ここは登りがきつい分、次々に見えてくる景色があって、頑張れる、という感じですね。
イロハ坂の方から雲がもくもく湧いてきて、この男体山で止まる、
だから戦場ヶ原の方は晴れていたりすることが多い、という地形的な現象がよぉくわかり、
とっても面白かったです。
トレッキングさんも、お天気がよい日に、今年も是非登ってみてください。
って、偉そうに・・・(笑)
yuko | URL | 2014.07.24 01:34
モモクリさん、
はい、その通り、前白根と女峰のリベンジでしたね。やはり梅雨時はなかなか難しいものです。
山頂は風も穏やかで、上着もいらないくらい、みなさん、半そででした。
ザ、夏山!という感じで、ゆっくりと昼ごはんでした。
yuko | URL | 2014.07.24 01:42
chikoやん、お帰りなさい~
お互いに梅雨明けのベストタイミングだったね!
駒中のchikoやんとしたら、駒から夏山開始!で最高だったでしょう。
しかも素敵な同行者二人(笑)、三人一緒のシェーには参った~
男体山、さすがに直登はきつかったです。行けども行けども着かない感じ。
険しい、というか、全部があの角度、わずかに山頂近くでちょっと緩やか~
まさに修行の世界だわ・・・・・ だけど、この展望はね、これを見られるのなら、
もう一度行ってもいいかな? と思ったり・・・・・しないな、当分。
一年に一度行くことにします。
晴れ | URL | 2014.07.24 19:43
あぁ、さすがですね〜。登頂成功おめでとうございます*\(^o^)/*
私達にはちょっと、いえ、かなり高いハードルです〜。4合目の少し上まで登ってみようと思っていたけど…林道歩きはなかなかキツイの?社山にサラッと登ってくるyukoさんでも?
yuko | URL | 2014.07.24 23:16
晴れさん、ありがとうございます。
やっと行ってきました*\(^o^)/*
というか、やはり大変でした。ほんと。あの山のボリュームを考えたら
当然なんだけど、もう圧倒された、というのが本音、
林道に出る前ですでに大汗でした。でも、四合目、五合目、と
標識があるのは、私には励みになったかも。
面白いことに上に行く方が傾斜が緩くなって、景色も見えるようになるので、途中が一番キツイ、
四合目入ってすぐ、天気が良ければ中禅寺湖がきれいに見える所がありますよ〜
あ、林道からも見えますよ、一度いかが?
のんびり夫婦の山遊び | URL | 2014.07.27 21:46
yukoさん、こんばんわ!
男体山、登られましたか。私達も1回だけで
すけど、登拝料を収め、神社の境内から登り
始めるなんて~何か厳かですよね。
眼下に中禅寺湖や戦場ヶ原、頂上からは日光
の他の山々など、素晴らしい眺望が得られる
山でもありますね。
yuko | URL | 2014.07.27 23:14
のんびり夫婦さん、こんばんは
男体山、行かれたことあるのですね〜、
おっしゃる通り、神社の奥から登り出す、まさに
神様の山ですね。身近ですが、あまりにも巨大すぎて
自分には無理!と思っていましたから、登れて
びっくりです。
ケン坊 | URL | 2014.07.28 06:12 | Edit
おはようございます。
夏の男体山...お疲れ様でした。
ちょうど1年前に登ったことがつい昨日のように思い出しました。
花よりも景色に助けられた記憶が...
yukoさんの記事を見ると改めて直登の山なんだな~と実感です。
標高差1200㍍という男体山は厳しい山。午後から登っていく方って
どんな人なんでしょうか? 他人事ながら心配しちゃいます。
素晴らしい写真...天気に恵まれた山行きは最高ですよね...
yuko | URL | 2014.07.28 06:38
ケン坊さん、おはようございます。
直登スタイルの険しい男体山、1度登って来たら、
いつもの男体山が、違って見えるようになりましたよ。
展望に助けられないと、とても登り切れません。
ケン坊さんは至仏山に行かれたのですね!しかもマドンナさんと(^^)
山の鼻からの至仏山、私はもうヘロヘロでした〜
詳しいレポ、楽しみにしています!
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ