勢いで行ってしまった・・・・・駒サマ

日光菖蒲が浜は奥日光に位置するために、アクセスがいいような、悪いような(笑)
尾瀬戸倉までは1時間半、今回行かれなかった女夫淵までは下を回って2時間、たかはら山も同じくらい、
桧枝岐村までは3時間、 だけど湯元までは15分。


お友達の皆さんがこの夏楽しんだ 「会津駒ヶ岳」、一番遠いなぁ、でも行きたいなぁ、
この間、帝釈、田代、そして翌日はお燧さまに行ったので、そろそろいいかもしれない。
ほら、私、段階を踏む人なんで、みんなと一緒に行く前に、偵察?下見? しないとな、
今回は、日光には一人で来ているので、これはチャンスかもしれないな(笑)と思って、
早速、Laylaさんにメールして、お泊り場所や登山口情報を教えてもらい、
ダメもとで誘ってみたけど、「お仕事なので、無理!」  それはそうでしょう。
chikoやんは仕事だよね、リンゴさんは? いや、アドレス知らないし・・・・やまとそばさんも
きっとどこかの計画がありそうだな。そもそもこんなに急では失礼というもの。 
ということで、行ってきました、ひとり会津駒。


山に行く人は、どうやら朝の3時出発なんて当然らしい・・・
でも、夜更かし型の私は、朝はなんとか起きられても、朝とは言えない3時??
私には深夜ですから~・・・ 現にこの間それをやってみたら、死にそうに眠かったし・・・
というわけで、お風呂にも入り、夜7時に菖蒲を出発しました~
どこかに泊まることも考えたけど、あれこれやっていたら、遅くなっちゃった。
今夜は初めての 「ホテル白い車」 宿泊に挑戦だ!!



8月31日(日)
あちこちのブログで見慣れた(笑)この階段、やってきました~、めでたく朝の5時半前。
_1780744.jpg
今日の予報、登山指数A、ただし午後1時まで、 某サイトでも雨雲は確実にやってくるのが午後2時、
というわけで、早めに出発です。 そんなに早くないか・・・・


頭上は青空、雲が流れていく~
_1780752.jpg
木々の合間から、美しい雲海も見えれば、登りの苦しさもちょっとは薄れ・・・ 水場到着。
これで半分・・・・らしいけれど、なかなか険しいです・・・・・・
ハイドレーション持参したので、給水は順調ですが、どうにも急登が大変。



ちょっとレンズが曇ったらしい・・・けれど、なんだかフィルター効果も。
_1780759.jpg


マクロレンズ欲しいな。
_1780762.jpg


そんなこんなで時間と仲良くしながら、ヒーコラ登っていくと、なんとなく開けてきた・・・・
_1780774.jpg
どうやらこのベンチの向こうに、駒さんが見えるそうですが・・・・
最近のこのお天気、降られないだけまし、かな。


あれがもしかして・・・・
_1780778.jpg


そして、ここです。 私もやってきたよ~
_1780808.jpg
小高い丘の上に、三角屋根の小屋が。 行ったことないけどまるでスイスの山小屋みたい~
chikoやんが「ハイジの丘」というのもわかる~  緑の木道を楽しみながら、登っていくと、


これが駒の小屋下の大池ですね~
_1780815.jpg
やっと駒さんも姿を見せてくれました。


時刻は8時過ぎ、ちょうど宿泊した方たちの、下山タイムのようで、小屋前はちょっとした混雑。
_1780817.jpg
駒の姉さんはすぐにわかりました。 よく通る声と素敵な美人さん。



小屋をのぞくのはあとにして、先に中門岳の方に行くことにします。
_1780822.jpg



池の周りはイワショウブ、そしてこちらはモミジカラマツ
今は、どうやら白い花の楽園のようです。
_1780826.jpg


そしてほどなく、ここが会津駒ヶ岳山頂、
_1780835.jpg
残念ながら、ガスに包まれてなにも見えません~(笑) だけど、登ったなぁ、私。 
ちょっと気になって、「日本百名山」を調べたら、この会津駒で15座目でした。 
ちょうど登ってきたソロの男性の写真を撮って、分かれたけど、このまま引き返すそうです。
これからがよさそうなのに、もったいないよね。


またガスが上がってきたけれど、中門岳に向かって行ってみましょう。
_1780839.jpg
下ってすぐに、ニッコウキスゲ、chikoやんが言っていたのはここかなぁ?



結局、ここ一帯だけ咲いていました。
_1780840.jpg


イワイチョウ
_1780855.jpg


展望はないけれど、この稜線を歩けるだけで、幸せ~
_1780861.jpg


これがたくさん咲いていたのね~、来年は会いに来よう。
_1780869.jpg


山頂がこんなになだらかで、あちこちに池塘があるというのが、本当に不思議。
_1780878.jpg
湧水ではなく、雨水が溜まったままだということですが・・・・


これは何かな?
_1780901.jpg


今は白いお花畑
_1780909.jpg


イワショウブも段々と色づいてきています。
_1780921.jpg

_1780924.jpg
白い花がこんなに変身するなんて、不思議。


エゾリンドウの青紫が目立ちます。
_1780922.jpg


延々と小一時間、稜線散歩を楽しむと、中門岳一帯、の道標、やっぱり傾いてますね(笑)
_1780927.jpg


少しだけ青空
_1780929.jpg


まわりが真っ白だけど、ここまでやってこられて、ほんとに嬉しい。
_1780934.jpg
思わず、バンザーイ!



静かな池塘をゆっくりと楽しんで
_1780938.jpg


名残惜しいけど帰りましょう。


大津伎のダム湖かな?
_1780957.jpg
と、よそ見をした途端、ぬるっとした濡れた木道でスッテン!!
尾てい骨強打!!  うぉ~!!!!  ひぃ!!! 


この後、性懲りもなく、も一度滑った私でした・・・・・


小屋に戻ると、小屋前のベンチで、姉さんがちょっと難しい顔をして、密談・・・
売店をのぞくと、駒の小屋シャツが目に入りました。
初めてだけど、買ってしまったよ~(笑)
ご主人とおしゃべり、友達が何度も来てますが、シェーを 強要されて ご一緒してませんでした?と
お聞きすると、「ああ!!!、私もやりましたよ」と(笑)苦笑い。
とっても感じの良い三橋さんでした。 東京の方なんですね~
6年前にこの駒の小屋の管理人になられたとか・・・は、のちにちょっとわかりました。
雪深い会津、小屋終了の際や、残雪期はさぞ大変なのだろうなぁと、思いを馳せ・・・
9月の下旬には、紅葉がきれいですよ、そのころは星空も・・・ということで
また訪れてみたい会津駒、そして宿泊も是非したくなりました。



さよなら~、駒の小屋~ また来るね~、
_1780968.jpg



さて、下山・・・・ところがさっきのスッテンコロリンが効いて、どうも調子が良くない、
というわけで、ゆっくりゆっくりと下り、嫌になる頃、水場に到着。
やっぱり山が大きいなぁ、それにしても、転んじゃだめだよね~、一回それで懲りてるし・・・
と、独り言を言いながら、だれにでも公平にあるこの距離、下山のころに登ってくる人たちも
相当いるな、荷物からすると日帰り? 雨が降りそうだよ~、と言いながら、
やっと着いた階段、もう嬉しくて拝みたくなるほどでした。 やっぱり大勢で歩く方が楽しいかもしれないな。


_1780977.jpg



花の名山、会津駒ヶ岳、山頂湿原のあるこの山は、展望がなくてもかなり楽しめました。
なにより、この広大な茫洋ともいえるたおやかな山域、山の持つスケールの大きさに圧倒されました。 
そしてこの高地にある宿泊のできる山小屋、夕焼けや星空や夜明けの風景を楽しめる贅沢、
そして小屋番のお二人の魅力も全部が、駒中毒者をどんどん増やしているんですね
そういう私は、まだ予備軍、これから成長するでしょうか?(笑)
そして ホテル白い車、これはもう 慣れ、でしょうが、老体にはちと・・・・(笑)



今回のコースタイムです。

滝沢登山口05:22 ~ 水場06:44 ~ 駒の小屋08:14 (休憩) ~
会津駒ヶ岳山頂08:52 ~ 中門岳09:42 ~ 駒の小屋10:32 (休憩) ~
下山開始11:05 ~ 水場11:56 ~ 登山口階段12:54
約7時間半

Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/671-1f8f3345

Comment

矢車草 | URL | 2014.09.02 21:32 | Edit
こんばんは~♪

駒に登って来られたのですね。
それも日帰りとはすごいです!
あそこの木道は誰でも滑ります(笑)
私も何度も何度も滑ったので怖くてしょうがないの(^-^;

でも、あのなんとも言えない美しい湿原と素敵な小屋番さんのいる小屋と、
私も大好きです。今月下旬に予約してます。

山はもう秋の気配がいっぱいですね。
雨にも降られずに歩けて良かったですね!
トレッキング | URL | 2014.09.02 21:46 | Edit
なんと!yukoさんまで会津駒へ登って来ちゃいましたか。
ホテル白い車を利用して素晴らしい行動力
まだたくさんの草花楽しめましたね。
会津駒行って見たいけど遠いですね。
私なんか3時起きするにも寝るのは夜中の1時頃なんで会津駒だとホテル白い車に成りそうです。
yukoさん見かけによらずアクティヴさに驚くばかりです。
chikoやん | URL | 2014.09.03 01:57 | Edit
行っちゃいましたね~☆
Laylaさんから「姉さんの不穏な動き…」を聞いたとき、
もしかして…って思ってました。(^^♪
水たまりに映った「中門岳」の柱の写真。
とっても素敵~~♪
そして、ニッコウキスゲが咲いてる場所。
そうそう。あそこです~~。
私たちは、もうちょっと下ったところで立ち止まって
写真撮ってました~。(^^)
ほんの2週間前に行ったばかりの駒さん。
もう、すっかり恋しくなっちゃってます。
ゆっくりゆっくり、秋の足音が聞こえてくる草の色ですね~。

イワイチョウの葉っぱが黄色く輝くまで、もうちょっと♪(*´ω`)

ウフフ。私も駒さんの木道ですってころりん。ありますよ~。
転んだだけじゃなくて、笹原におっこちてます。(^_^;)
リンゴ | URL | 2014.09.03 06:40
不穏な動きのオチは、なんと一人会津駒でしたか!
ホントyukoさんの行動力には脱毛・・・いや、脱帽です(;^ω^)

今度はみんなで行きましょう。
モモクリ | URL | 2014.09.03 06:57 | Edit
また一人、駒中が出ちゃいましたね。
天候が不順な時にこれだけの見晴らしが有って、ナイスな1日でした。
車泊、私もやりますが、シートがフラットにならないとなかなか寝られませんね。
yuko | URL | 2014.09.03 07:25
矢車草さん、おはようございます。
やはり滑りましたか! って笑ってどうする?ですけど、怖いですよね~
木道自体が相当お古なので、ちょっと濡れているだけでもうツルツルでした。
少しお天気には難ありだったけど、山はそんなもの、頑張って登った甲斐があった、
素晴らしい駒さんでした。 
矢車草さんももう予約なさってるの?さすが、いい時期を押さえてますね!
うちのchikoやんにばったり!も この駒さんでしたっけ?
私もその内お会いできるといいなぁ、と妄想しています。


yuko | URL | 2014.09.03 11:39
トレッキングさん、こんにちは
そうなんですぅ。行っちゃいましたよ~
うさわ通りの素晴らしい山でした。行ってよかった、と心から思えました。
だけどね、いくらフラットになるとはいえ、やはりこの年だとちょっとしんどい
車中泊(笑)、高崎からも遠いですよね、やはりアクセスしやすいところに
行ってしまう・・・・のはよおくわかりました。
桧枝岐前泊、というのならいつでも行きたい!というのが本音かな?(笑)
晴れ | URL | 2014.09.03 12:22
あらまあ!さすがはyukoさん、素晴らしいパワーですね〜。では前日の戦場が原は足慣らし、でしたか。

駒の小屋へ続く稜線の写真を見ると、♪ヨーロヨーロヨッヒッホ〜♪と口ずさみたくなるのは私だけでしょうか?(笑)
yuko | URL | 2014.09.03 14:17
chikoやん、こんにちは
駒中の chikoやんなら、あそこもここも全部知ってるよね。
山頂まで登って、それ以外にこれだけ楽しめる山って、そんなにないのでは?? 
もちろん、素敵な小屋の存在も大きいですよね~
桧枝岐までの3時間も、これならユルス、という感じでした。
一人でも楽しかったら、仲間と行ったらもっと楽しい!
次回は一緒に行きたいです。

> ウフフ。私も駒さんの木道ですってころりん。ありますよ~。
> 転んだだけじゃなくて、笹原におっこちてます。(^_^;)
笹原転落、私も~(笑)だって、木道が斜めだったんだもの。
木道ツルリ!したときに、どうやら背中も強打したらしく、
尾てい骨完治のいま、まだ背中がいた~い!!(泣)
みんな転んでるんだ! とちょっと安心した(笑)
r様やy様って、転ばないのかな?  
yuko | URL | 2014.09.03 14:21
リンゴさん、こんにちは
おそらく~、リンゴさんもchikoやんもみなさんもうすうすは・・・・だったでしょ?(笑)
車中泊がネックになってなかなか決行できずにいましたが、思い切って・・・ね。
駒さんはさすがに素晴らしい所でした。スッテンコロリンしなければ、
体調もばっちりだったんですが(笑)今、まだ痛いです・・・・

> 今度はみんなで行きましょう。
なかなかハードルは高かったけれど、これで様子はわかった!!
是非、お願いします。
yuko | URL | 2014.09.03 14:26
モモクリさん、はい、まだ予備軍ですが、見習いってことで(笑)
> また一人、駒中が出ちゃいましたね。

> 天候が不順な時にこれだけの見晴らしが有って、ナイスな1日でした。
お天気の合間にかけこみ、っていう感じでしたね。
だけどやはりもうちょっと見えたらなぁ、とついつい欲が(笑)

> 車泊、私もやりますが、シートがフラットにならないとなかなか寝られませんね。
モモクリさんの車は良すぎて、そもそも車中泊するのには向いてないですって!
私のちび車は、フラットにはなるのですが、テントマットだけではちょっと背中が
ゴロゴロでした・・・・ と思ってよくよく見たら、マットを膨らますのを忘れていた・・・・
という、オチ付きでした・ これじゃ、痛いはず。
なんでも初めての時には失敗するもんですね・・・・
yuko | URL | 2014.09.03 14:32
晴れさん、こんにちは
前日、ばったりしたときには、まさか駒さんに行くなんて思ってもみなくて・・・
午後、何の気なしに天気予報をみていたら、それが「悪魔の誘い」(笑)だったのよ。
> 駒の小屋へ続く稜線の写真を見ると、♪ヨーロヨーロヨッヒッホ〜♪と口ずさみたくなるのは私だけでしょうか?(笑)
いやいや、私もやってました。どう見てもスイスだよね、行ったことないけど。
でも、あの三角の屋根の小屋、一つはトイレ棟なんだけどね(笑)

そういえば、「たきのちず」縮小版、パウチもしたのよ~
βさんのところに預けましょうか? それとも家に置いておく? 
Layla | URL | 2014.09.04 14:13 | Edit
おぉ。
やっぱり木道は濡れると滑りますよね。
まだあちこち登山経験があるわけではないので、
先日の登山では傾斜のある木道にびっくりでした。
乾いていてもこわごわ歩いていました。w
しかも傾斜のみならず、木道自体が傾いてるのでさらに恐怖!w

車泊は私もどうも調子悪くなるみたいです。
なので極力布団で寝るように考えます。
自宅で早寝早起きで行くか、現地近くのビジネスホテル泊にするか。
桧枝岐村6時は、東京からは2時に出ても着かないと思うので、
前泊無しでは難しいです。

なので、秋もまた行けるように自分で考えます。。。(ToT)

え? 「たきのちず」縮小版? わたしも欲しいっ!!w
晴れ | URL | 2014.09.04 19:48
わあ、楽しみにしています〜。またお会い出来るかもしれませんので、菖蒲ヶ浜でよろしくお願いします。
yuko | URL | 2014.09.04 21:13
Laylaさん、こんばんは
古い濡れた木道、怖いですよね~、まるでマンガのようにスッテンコロリン、
思わず周りを見回す・・・・ ああ、まだ背中が痛いよ~
これってchikoやんも転んでるし、r様やy様は転ばないの?・・・
どうやら、「視界から消えた・・・・」こともあったそうな(笑)

車泊、厳しいですよね~、慣れだとは思うけど、私も出来たら避けたい方。
Laylaさんのペースで楽しめることが一番だから、秋にもぜひ行ってきてくださいね~

> え? 「たきのちず」縮小版? わたしも欲しいっ!!w
はいはい、用意してありますって。
yuko | URL | 2014.09.04 21:15
晴れさん、こんばんは
たきのちず、了解ですよ~、用意してあるので菖蒲に置いておきますね。
yosi | URL | 2014.09.04 23:48
おお、これでしたか。
中毒に片足を突っ込まれたようで。
私も木道の隙間に片足突っ込んでケツ打ち(笑
次は木道間にザックが挟まって亀の裏返しでした。

ここは何度でも行きたくなります。
泊まりが良いですねぇ。
yuko | URL | 2014.09.05 20:54
yosiさん、
> 中毒に片足を突っ込まれたようで。
そのようです(^^) まだ泊まってないし、予備軍ですけどね。
> 私も木道の隙間に片足突っ込んでケツ打ち(笑
> 次は木道間にザックが挟まって亀の裏返しでした。
yosiさんもですかー!なんか嬉しくなっちゃう(なんで?)
古びた木道が斜めになってるし、これは転ばないのが不思議ですよね!
確かに日帰りするには惜しい!という感じ。
また行きたいです〜
ケン坊 | URL | 2014.09.07 09:46 | Edit
おはようございます。
yukoさんは前から凄いと思って毎回ブログを読ませて頂きましたが
今度は会津駒ケ岳を単独で行かれたんですね~
もう呆気にとられて口が塞がりません>笑<
今年は無理ですが来季は皆さんが行かれる頃を見計らって...
写真も素晴らしい! 
来年はケン坊の番かな?って言いたいです。
yuko | URL | 2014.09.08 07:15
ケン坊さん、おはようございます。
いやいや、周りのお友達に刺激されての山行、でした、が、
無事に行って来られてよかったです。
ただ、やはり車泊はちときつかったですね(^^)
頑張って行って見ましたが、本当に行った甲斐のある素晴らしい駒さんでした。

> 来年はケン坊の番かな?って言いたいです。
マドンナさんとの山行、いかがでしょう?
きっと感動されることと思います。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ