初冬を歩く

11月15日(土曜日)朝の菖蒲が浜  6時半
_DSC0381.jpg
夜中、小雪が舞っていたので、地面はうっすらと雪化粧。



冬支度のために 前日夜に日光入り、冬タイヤにも交換しました。
スタンドのおじさんは、「まぁ、まだ降らないけどね~」 と言ったけど、去年、出遅れて怖い思いをしたので
今年は早めに・・・・    結局は全く 「早め」 ではなかったのでした。



この週末、関東地方はおおむね晴れ、だけど北部の山沿いは雪になる・・・・とか。
市街地からみた女峰山はきれいに全容をみせていたけれど、菖蒲にあがってくると、雲が増えて来ていました。
翌朝、雲の多い朝の浜辺を散歩してから、上の様子を見に行くと、
戦場が原から見える範囲では、湯元白根山塊は、雪雲の中、男体山、太郎山も霞んでいる、というわけで、
今日は戦場が原を散策することにしました。(一応B案です)




人けのない戦場が原に入って行きます。 頭上はそこそこの青空だけど 、絶え間なく小雪が舞っています。
_DSC0413.jpg
木道も場所によってはこんな感じ。



初冬の雰囲気をカメラに収めます。
_DSC0437.jpg
湯川の淀みに張った氷と、積もった雪



渋いけれど、好きな色合い・・・・  妖精が舞っているようです。
_DSC0452.jpg



湯元の方は、こんな雲にすっぽりと覆われ、重なり合った山のグラデーション。
_DSC0460.jpg



男体山の方に目を転じれば、青空まで垣間見えるというのに、天気のはざまは面白い。
_DSC0461.jpg



分岐から小田代方面に入ると、ちらほらいた人影もなくなって、
_DSC0468.jpg
自分の足跡を付けてみる。 ちょっと自己満足。



静かです。
_DSC0497.jpg



派手な色合いはもうないけれど、草紅葉の名残はしっかりと残っています。
_DSC0483.jpg
ころあい良くバスも来るようだし、時間も早いので、もう少し先まで行ってみましょう。



1人だけ乗っているバスがやってきて、小田代からは3人、西の湖入り口で3人降りました。



天国のカラマツ林も、すべての葉を落とし、静かなたたずまい、こんな季節も好きだけど、
来年は黄葉を見に来よう。
_DSC0505.jpg



なんとなく、橋の手前で 千手の森歩道に曲がってしまっていました。
_DSC0509.jpg



童話の世界のような林の中を歩く、この遊歩道は大好き、
_DSC0514.jpg



千手が浜の手前まで来ると、こんな倒木、いったい何があったのでしょう。  落雷? 強風?
_DSC0537.jpg
圧倒的な存在感です。



しばし、周りをグルグルして眺める。
_DSC0545.jpg



縦に裂けた木の中は、まだ生木、この縦の線がストローのように地中の水分や養分を運ぶのでしょうか。
_DSC0561.jpg
まるでつむじのような、こぶが面白い。



ほどなく千手の浜に出ました。 ここで早めのお昼ご飯。
_DSC0567.jpg
パンを一つ食べ、熱いコーヒーを飲んでいるうちに・・・・



雲が取れて、男体山が姿を現しました。 同じ場所なのに、全然違う。
_DSC0571.jpg


さぁ、赤沼に帰ろう。


で、金精道路を見にいこっか。

Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/693-0a76fa7e

Comment

トレッキング | URL | 2014.11.18 21:32 | Edit
木道にうっすらと積もった雪が良い感じに写っています。
妖精が舞っているような写真が神秘的で良いですね。
この日、戦場ヶ原から小田代、千手が浜へとアクティブに動いたのですね。
静かな森の良さが伝わって来ます。
落葉した奥日光の森を歩くのも好きです。
千手が浜手前の倒木どうしたのでしょう倒れるとき大きな音がしたでしょう。
ルンルン | URL | 2014.11.19 00:28
菖蒲が浜の朝焼けが美しいですね。
戦場が原や千手の森の静かな初冬の景色をみて、奥日光にいきたくなりました。
低公害バスの走っている季節もあとわずかなんですよね。間に合うかな?
yukoさん以外に歩いている人は誰もいないようですね。
最後の男体山が現れてくれてよかつたですね。
yuko | URL | 2014.11.19 07:36
トレッキングさん、お早うございます。
ちょっとでも雪になると、いてもたってもいられない、そんな子供のように
ワクワクして、散策していました。 
お花はなくても雪がお花の代わりよぉ、そんな感じ、どんな季節に行っても
心が満たされる場所ですね。 トレッキングさんの気持ちもよくわかります。
倒木、すごいですよ。遊歩道にかかったところは、さすがに切られていましたが、
あとはそのまま朽ちていくのでしょうね。
yuko | URL | 2014.11.19 07:40
ルンルンさん、おはようございます。
菖蒲の朝焼け、ルンルンさんに言われてから、ちゃんと散歩してみるようになりました(笑)
朝がちょっと苦手だったもので、それに寒いし・・・・・
これからはカメラマンに加えて、オオワシねらいの鳥屋さんがたくさん来るようになります。
低公害バスもあと10日あまり、今度の連休にでもいかがですか~?
静かでいいですよ。
晴れ | URL | 2014.11.19 21:38
さすがはyukoさん!朝焼けから曇り気味の山の風景まで、その日に行けなかった私の心が癒される写真をありがとうございます〜。
毎日見たい奥日光です〜。
chikoやん | URL | 2014.11.20 01:30 | Edit
朝日が昇る直前のオレンジ色に染まる菖蒲が浜。
そして、茶色くなったホザキシモツケの上に舞う小雪たち。
もぉ、なんて素敵なんでしょ。
音のないその空間で、静かに流れる時間を過ごしたいです~。
ん~、私らしくない?(^^;

たまには、そんな時もあるんだって。(^O^;

千手の森のトレイル。私も大好きです♪
yuko | URL | 2014.11.20 12:15
晴れさん、こんにちは!
今はガツガツと歩けないので笑、ゆっくりと丁寧に
写真を撮ろうという気になってます。(^^)
登るのが目的だと、精一杯なもんで。
曇り空も素敵ですよ、時折日がさして光の具合が良くなるのも素敵ですよね。
yuko | URL | 2014.11.20 14:37
chikoやん、こんにちは!
奥日光、静かですよ〜〜、チラチラ小雪が舞う中の散歩は
いい気持ちでした。
> ん~、私らしくない?(^^;
> たまには、そんな時もあるんだって。(^O^;
えー!そうかなー? もう戻れないんでは?(≧∇≦)
とはいえ、また奥日光にもおいでください〜(^^)
Layla | URL | 2014.11.21 23:16 | Edit
おぉ。
水面まで良い色に焼けましたね。
ホザキシモツケに降り注ぐ雪景色もステキです。
最後の千手ヶ浜はほんとに同じ場所に見えませんね。
千手に着いて上の景色だったら、
あら、がっかり。。。でしょうが、
数分後に下の景色になったら、
それだけで上がりますね。w
yuko | URL | 2014.11.22 23:44
Laylaさん、こんばんは!
最近、お忙しいようで、奥日光には来てませんよね〜、
何と言っても師走が近いから。
冬になったり、晩秋に戻ったりと、季節が前後しているこの頃、
今日は秋の1日でしたよ。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ