2日続けて山歩き <スッカン沢・前編>

庵滝に行った夜、ご飯を食べていると、モモクリさんからお電話が。
「明日、スッカン沢行くんだって? 何時にどこ?」 
ちょいせっかちなモモクリさんは、単刀直入な方です(笑) 
で、翌日日曜日のスッカン沢に ご同行されることになりました。


高原山のスッカン沢ツアーは、もとはと言えば25日に決まっていました。
が、私は所用のため行かれない・・・
心優しい部長のやまとそばさんは、 (後が怖いから?)「下見もあるし、18日にも行きましょう」と
言って下さり、もちろんスキー部のトレッキングさんも(無理やり)誘い、スキー部ツアーの予定でした。
それが、いきなりの 「モモクリ参戦」 で、ドキドキワクワクの幕開け、
モモクリさんといえば、キノコ名人、夜明け前から山に分け入って、どろだらけになって、
しかもしっかりと収穫されてくる、いわば山の申し子、
一度、誘っていただいて、ハナビラタケ大収穫祭を経験している私は、大歓迎なのでした。


1月18日(日曜日) 参加者 やまとそばさん、トレッキングさん、モモクリさん、私。

夜明け前の奥日光は、かなりの雪が降っていて、道路は真っ白です。
集合場所の矢板に行ってみると・・・・なんと、リンゴさんが!!
朝早くから、ご挨拶と見送りに来ていただきました。 朝から嬉しいですね!

快晴の矢板から見上げた高原山は、雪雲にすっかり覆われています。 
県道56号線に入り、峠道になってくると、いきなりの雪!、 
しかも除雪前のようで、もさもさの道路も トレッキングさんの四駆は、問題なく駆け上ります。
途中、先行しているモモクリさんから連絡が・・・・ 「吹雪だよ~」

出発地の 「山の駅たかはら」 は、確かに吹雪いていました・・・・・
支度をしているうちに、少し天候も回復、しかし、寒い!
_1000898.jpg
今日は、出発地から、アイゼン装着となりました。


高原山は、ツツジのころ来たのが初めて、どこがどこやらわからずに、ただ付いていく私です。
_1000902.jpg
まずは、ここから先が冬期閉鎖されている県道を 延々と歩いていきます。
道路と言っても、これだけの雪が積もり、なかなか歩きずらい・・・ 昨夜から20センチ以上は積もったようです。
木々も真っ白です。


地味~な道路歩き、途中、猟銃を持ったスノーモービル三台が先行していきました。
思わず、 乗せて~、と叫びそうに・・・・


このまま歩いて行ったら、塩原にいっちゃうよ~と思う頃、道路のはるか下の方に スッカン沢の上流部分が見えてきました。
_1000911.jpg
山が深い!


道路は九十九折となり、ど~んと下ると、いよいよスッカン沢の入り口
_1000926.jpg


雪の下は階段、おそるおそる降りて行きます。
_1000928.jpg
はっきり言って、怖いです。


下から見上げた道路、さぁ、いよいよ沢沿いを歩いていきます。それにしてもすごい雪!
_1000954.jpg
トレースは一人分付いているようです。


沢に入ったので、風も弱まり、回りはまっしろな世界、思いがけず、まるで北欧のような世界に
思わず顔もほころびます。
_1000957.jpg
大雪の直後の今日、なんてラッキーなのでしょう。


木の間ごしに、岩盤からしたたる氷が見えてきました。
_1000961.jpg
葉が茂ると見えにくいですよね、落葉し、しかも凍りついた姿は、この時期だから見えるのだなぁ。


雄飛の滝へ向かいます。
_1000968.jpg
きちんとしたハイキングコースです。
もっとも、冬のこの時期は、アイゼンなどは必須です。


11月~12月のカレンダーに出てきそう。
_1000973.jpg


可愛いものも
_1010004.jpg


_1010205.jpg


もう少し時間がたったら、あるいは気温が上がったら、落ちてしまいそうな雪。
_1010018.jpg



仁三郎の滝
_1010030.jpg


雄飛の滝展望台に着きました。 先客一名、どうやら先行されている方のようです。
_1010043.jpg
それにしても立派な展望台です。


見下ろすと・・・
_1010058.jpg


岸壁からしみだす水が凍ったツララ、繊細なレース糸のようです。
_1010070.jpg
 

展望台をおり、沢に下りてきました。 見上げる岩盤が美しい。
_1010109.jpg


奥の本流に、雄飛の滝が落ちています。
_1010119.jpg


_1010136.jpg


_1010147.jpg


_1010141.jpg




いきなりの風に、まわりの雪が巻き上げられ、一瞬あたりは真っ白になります。
_1010174.jpg



下流に目を転じると、スッカン橋が見えてきました。 素晴らしい渓谷美です。
_1010087.jpg
もう、ほとんどホワイトクリスマス~、ここはノルウェイ、フィンランド?


続く・・・・・・

Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/717-90116928

Comment

やまとそば | URL | 2015.01.21 07:13 | Edit
先日はお疲れ様でした。
いやあ、今見ても凄い雪、でしたね。
氷柱の成長はいつもより遅いのですが、新雪に覆われたスッカン沢は最高、でした。
雪深い中、本当によく歩きました。
Layla | URL | 2015.01.21 14:24 | Edit
きれいで良かったですねー。
お写真もすばらしぃ~!
うらやましいけど、歩くのも大変そうでしたね。
いや~、期待も不安も大きくなってきた~(^o^;

まぁ、でも今週末がんばって行ってきます!
スッカン沢、夏に行けなかったので、楽しみです!!
chikoやん | URL | 2015.01.21 15:47 | Edit
モノトーンの渓谷。
綿帽子をかぶった岩たち。で、その間からチョロッと見える
スッカンブルーの水。
ホントにきれいね~。。。私にたどり着けるんだろか?
大きな不安が~~(^^;(^^;(^^;

連日の滝巡り。。。ってか、雪道歩き。
MI年の皆様。すごすぎます。
一回り違うワタクシ、庵の翌日は灰になってましたもん~。(^^;
モモクリ@せっかち&泥だらけです | URL | 2015.01.21 18:29 | Edit
土曜の夜に急遽行けそうになって、それから冬支度したので大変でしたが、行けて良かったです。
林道は長かったですが、スッカン沢の水色は綺麗でしたね。
トレッキング | URL | 2015.01.21 18:51 | Edit
お疲れ様でした。
国道歩きながら入り口までは半分道中と聞いたときは
え!っと思いましたが
スッカン沢入り口に入ってからは初めて見る景色の素晴らしさに深雪の中気持ち良く歩けました。
スッカン沢素晴らしかったですね。
どの写真も素晴らしいです。
今まで成ったことない場所が筋肉痛に成りました。
今回4人揃ってニッパチでしたね。
ルンルン | URL | 2015.01.21 21:45
花のニッパチ四人組、凄すぎます!
どこを歩いても危険そうなのに、ちっとも怖そうに感じない。
どんな道でもとんとこい!ですね。しっかり楽しんでいますね。
スッカン沢の名前がとても面白い響きです。
yuko | URL | 2015.01.21 22:35
やまとそばさん、こんばんは
先日は、お世話になりました。
スッカン沢は初めてなので、見るもの全部新鮮! 氷柱はもっと大きくなるのですね、
深い深い雪で、大好きなモノトーン、素敵でした~
もう、県道歩きがやだ、って言わないので、もう一度行きたいくらいです。
yuko | URL | 2015.01.21 22:43
Laylaさん、こんばんは
今回、自分が歩いてみて、やっと夏にLaylaさんの行ったルートや、
みなさんのブログの内容がわかりました。
今週末は同じルートかな? それとも? お天気のようすで、きっとやまとそばさんが
みんなが へばる楽しめるルートを考えてくれるでしょう。
青空と白い雪、だったら、また素敵でしょうね~
写真、たくさん撮ってきてね。
yuko | URL | 2015.01.21 22:48
chikoやん、こんばんは
スッカンブルー!、おお!新語ですね、うまい!
ほんと、なんだか白みがかった、水色で、それはきれいでした。
岸壁から染み出る水のつららや、氷柱、初めて見るものばかり、
楽しみにしていてね~
さすがに、連日はこたえました、私は。でも行けちゃった~というのが事実で、
ちょっと体はハイテンション(笑) 
chikoやんなら、問題なしですよ。
楽しんできてね!
yuko | URL | 2015.01.21 22:53
モモクリさん、こんばんは
もう、すみません~、言いたい放題で(笑)だって、面白かったんですもん。
冬支度、お忘れ物もなくて行かれて良かったですね。私も今回久しぶりの山支度、
ちょっと焦りました。
なんだ~、みんな林道は長くて、帰りの登りで疲れたんだ!、私だけかと思っていました。
良かった良かった(なんで?)
yuko | URL | 2015.01.21 22:58
トレッキングさん、こんばんは
いつもいつも車出し、ありがとうございます。さすがの四駆、でしたね。
私も道路歩きで、相当凹みましたが、カーブのところから沢を見下ろしてからは
元気がでましたね。沢に入ってからは、感動の連続でした。本当に素晴らしい溪谷でした。
寒かったけど(笑)
最後の登り3キロ、堪えました・・・・特に最後は歩けない~、夢遊病のようでした。
yuko | URL | 2015.01.21 23:03
ルンルンさん、こんばんは
高原山、とてもきれいな山群ですが、今までご縁がなくて、
これで二回目なんです。素晴らしい山域です。
スッカン沢と言う名前、面白いですよね、滝の名称もまたちょっとへんてこな。
モモクリさんという方もニッパチで、ほんとにカルテットになってしまいました。
それもまた可笑しかったです。
みんな年を忘れて、頑張りました。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ