雲竜瀑を見に行こう! <前編>

いよいよ あこがれの雲竜瀑に行く日がやってきました。
去年、行きそびれた雲竜瀑、期間限定の素晴らしい氷瀑を見に行きたい~
気持ちは高まり続け、Laylaさんと共に、山師匠のやまとそばさんに無理やりお願い(笑) 
いつも心優しいやまとそばさんは、下見までしていただいて迎えた決行日、空はあくまでも澄み渡り、
この時期としては暖かく、快晴無風の一日、素晴らしいメンバーに恵まれて、堪能してきました。


女峰山の山懐奥深く、雲竜溪谷、そこの滝は、冬のこの時期、凍りついた美しい姿を見せてくれます。
気温の下がり具合、そして河原を歩きやすくする雪の積もり具合などなど、
行ける期間、見頃の期間は意外に短く、1月中旬から約一か月ほど。
また東南に向いた幅の狭い溪谷は、午前中しか日が当たらず、春になり、気温が上がれば、
氷柱は溶け、巨大なつららは、凶器のごとく落下する、なかなかスリリングな場所なのです。


2月7日(土曜日)雲竜瀑を見に行こう!
参加者 やまとそばさん、トレッキングさん、yosiさん、naoさん、Laylaさん、私


そろそろ見頃の期間を終わるというこの週末、絶好のお天気に恵まれて、集うメンバー6名、
早速、支度を整え、出発します。

下見の時にはなにかと大変だったという日陰の林道も、今日は意外にスムーズ、
やまとそばさんの指定の場所にドンピシャで止められました。
時間が早いせいもあるかもしれませんが、それでも林道ゲート前には、駐車スペースはなし。
林道ゲート出発は 07:11
雪をかぶった凍りついた林道をひたすら歩きます。 まずは展望台まで。
_1010460.jpg


こんな穏やかなお天気、長い長い林道もみんなが一緒で、段々と山懐に入るワクワク感がはんぱない
_1010451.jpg


最初のポイント、稲荷川展望台には 08:09
展望台からはこんな景色がひろがります。 正面は赤薙山、そして左は女峰山
_1010478.jpg


いよいよ~の景色に、気持ちもはやります。
_1010488.jpg


次のポイントに着いた~
_1010496.jpg


洞門岩 08:40 です。 で、岩はどこかな?(笑)
_1010501.jpg
洞門岩からは、林道コースと沢コースの二つに分かれます。 私たちは沢コースへ。


 ここでいよいよアイゼン登場~
_1010547.jpg
ヘルメットもかぶって・・・・・持っていない私に、なんとトレッキングさんがご自身のを貸してくださって・・・・
なんて優しいのでしょう(涙)  用意が悪くてごめんなさい!
氷瀑を見に行くのですが、鋭利な氷の落ちてくる可能性があるので、やはりヘルメットは必要でした・・・・


さて、アイゼンを効かせてサクサクと
_1010514.jpg


P1010342_convert_20150209145746.jpg
(写真提供 トレッキングさん)



こんな溪谷に入って行きます。
_1010519.jpg
なんだかインディージョーンズの世界みたいだ。
沢を渡り、溪谷の高巻道をヒィヒィ登ると・・・・



そこが雲竜溪谷の入り口でした! 09:21
_1010546.jpg


展望台のようになっています。 林道コースとは、ここで合流するようです。
_1010531.jpg
たくさんの人でにぎわっています。


おお!着いた! とトレッキングさん、いよいよですね~
_1010536.jpg


氷と化した急な階段を降りるのは緊張・・・・いやぁ、アイゼンすごいわ。
広い河原、いよいよほんとの雲竜溪谷に入ってきました。
_1010555.jpg


何回も渡渉します。 見守る隊長・・・・
_1010573.jpg
水に落ちるのは嫌なので、慎重に・・・・・


いよいよ目の前に現れました! 友知らずと呼ばれているそうです。
_1010593.jpg


私を含め、初めての3人、どうしたって笑顔笑顔~ 
_1010587.jpg


P1010361_convert_20150209150107.jpg


P1010378_convert_20150209150025.jpg
(上二枚、写真提供 トレッキングさん)


そりゃ、こんな氷の芸術を間近に見られたら、
_1010595.jpg


友もほったらかしで、撮りたいよね
_1010601.jpg


_1010607.jpg   _1010610.jpg


みんな嬉しそうです。
P1010369_convert_20150209145928.jpg
(写真提供 トレッキングさん)



おお!、アイスクライマー!
_1010647.jpg



かっこよくて見とれました。
_1010634.jpg


そしていよいよ核心部、燕岩が見えてきました~
_1010673.jpg
いやというほど、写真で見た光景が目の前に・・・・・



後編に続きます。


Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/724-b701bd1b

Comment

やまとそば | URL | 2015.02.09 19:05 | Edit
先日はお疲れ様、でした~。
おおっ~良い所で~続く、ですね~♪
yukoさんもブログの展開が上手くなって(笑)
でも、本当に素晴らしい一日、でした。
皆様の精進の賜物でしょう~♪
リンゴ | URL | 2015.02.09 20:40
この日は文句なしのお天気でしたね。
仕事なんかしている場合じゃなかった・・・(^^;)
yukoさん目線の写真も素晴らしいです。
ルンルン | URL | 2015.02.09 21:37
yukoさん、まぶしそう♪
どこまでも続く青空と白い雪!
歓声が画面から飛び出しそうな皆さんの足どりですね。
氷柱がすごいですね~!
携帯忘れてもカメラをちゃんと持っていかれたんですから、
嬉しい写真が見られます。
後編はどんなかしら?ワクワクしています。
yuko | URL | 2015.02.09 22:34
やまとそばさん、こんばんは
ブログを書いていて、また当日の感動がよみがえり~、なかなか進みません(笑)
大好きな女峰山の奥深くまで行ったのだなぁと、地図を眺めてはため息を・・・・
女神様は、微笑んでくれましたね。
> 皆様の精進の賜物でしょう~♪
執念、でしょうか?(笑)
yuko | URL | 2015.02.09 22:50
リンゴさん、こんばんは
この日は休日出勤でしたか? 
あこがれの雲竜、やっと行ってきました。
リンゴさんたちのレポと 氷の状態を見比べてみたりしてみたら、
すこしずつ違うのが面白い。 燕岩のとんがった先端が 長く伸びながらも折れていました。 
本当に素晴らしいお天気で、大満足の一日となりました。
yuko | URL | 2015.02.09 22:52
ルンルンさん、こんばんは
たくさんの人でにぎわっていましたが、白い世界に色を添えるようで、かえってきれいでしたよ。
女峰山、女神のような山ですが、本当に懐に飛び込むような奥地に この滝はあります。
そこに行かれたというのが、まず本当に嬉しかった~
後編も見てね~
トレッキング | URL | 2015.02.09 23:17
お世話になりました。
素晴らしい天気に恵まれ暖かい日差しのなか
雲竜瀑を楽しめました。
白い雪と氷瀑が眩しいくらい輝いてました。
雲竜渓谷良かったですね。
続編が楽しみです。
モモクリ | URL | 2015.02.10 01:27 | Edit
天気が良くて最高の1日でしたね。
嬉しい気持ちが伝わってくる文です。後半に続く所も、もう少しで燕って言うにくいとこで切りますね。
晴れ | URL | 2015.02.10 01:37
やまとそば隊さすがでございますまっ*\(^o^)/*
皆さま憧れの雲竜瀑ツアー、ご無事でなによりです。

yukoさんの見た景色、いいです
yuko | URL | 2015.02.10 06:38
トレッキングさん、こんにちは
改めて、ヘルメットを貸していただいて、ありがとうございました。
ああしてみると、やっぱり必要だなぁ、と実感です。
きれいな写真もたくさん、ありがたく使わせていただいてます。
楽しい一日でしたね~!
yuko | URL | 2015.02.10 06:41
モモクリさん、こんにちは
初めて行った、という感動で、一気に?というところでしょうか。
ブログを書きながら、蘇ってきています。
やまとそば隊長の準備あればこそ、青空と楽しい仲間あればこそ、で
なんの心配もなく、初雲竜でした。幸せです!
yuko | URL | 2015.02.10 06:48
晴れさん、こんにちは
お天気に味方されて、とにかく楽しい一日でした。
長い林道歩きと、渡渉は何か所もあるけれど、
装備さえしっかりしていれば、十分楽しめると思います。
連れて行ってもらった私が言うのも何ですが(笑)
来年は、一緒に行きましょうね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ