雲竜瀑を見に行こう! <後編>

燕岩までやってきました。 雲竜瀑は この巨大な氷の緞帳ごしに見てみたい。


だけど、この氷の裏側に行くのは、怖そう・・・・・・・
_1010693.jpg


ツルツルの斜面をおっかなびっくり登って、
_1010699.jpg
ちょっとピッケルが欲しい感じです。


裏側はほの暗く、幻想的なブルーアイス
_1010703.jpg


そして、向うには、やっとたどり着いた~の 、雲竜瀑が! 
竜がうねるがごとくの素晴らしい滝です。 これがクライマーあこがれの雲竜なのね~
でも、なんだかここは怖いぞ。
_1010706.jpg


ここは自己責任で上がってくるところ、
_1010708.jpg
やまとそばさん達も、そそくさと通過して行きます。 
きれいだけど、明るい所でほっとしたい・・・・(笑)


と、対岸を見ると、いつの間にか yosi さんが!
_1010711.jpg
燕岩をねらったつもりが、自分が撮られていますね~(笑)


振り返ると・・・・
_1010715.jpg
naoさんが可愛らしく覗いてる~
そうか!愛妻を撮ろうとしていたのね、yosi さん。



そんな私の頭上は、これ・・・・
_1010778.jpg

_1010723.jpg
しかも、すぐ脇には、落下したツララが大小さまざまで積み重なっている・・・という・・・
と、すさまじい音と一緒に ツララが落ちた!、ギョッ!!!


いや、本当にヘルメットは必須でした。 ここに着いて改めて実感。
トレッキングさん、ごめんね!


というわけで、毛糸の帽子のトレッキングさん、ご無事でなによりです。
_1010729.jpg


やや安全地帯に移って、みんなゆっくりと記念撮影。
_1010737.jpg



頼りになる男子部です~
_1010746.jpg



アップ~
_1010752.jpg
いい笑顔ですね~



つづいて女子部~
P1010502_convert_20150209205421.jpg
嬉しくてたまらない(笑)



本瀑でもアイスクライミングをしている姿がありました。 すごいなぁ。
_1010740.jpg
半分の歳だったら、私もやりたい~、  って、え?? 半分と言っても30なんですが(涙)



振り返って見た燕岩、 本瀑も迫力満点だけど、この燕岩、素晴らしいです。
_1010761.jpg



え?燕岩にもう一度行けって?
P1010528_convert_20150209205450.jpg
びびりつつも、もう一度(笑)



いい写真を撮っていただきました。
P1010580_convert_20150209210633.jpg
(写真提供 トレッキングさん)



「俺はやったぜ!」 という感じの yosi さん。
P1010596_convert_20150209205552.jpg



雲竜瀑と、雲竜溪谷、想像以上にダイナミックで、圧倒的な自然の力に、心をガシっとわしづかみされました。
この景色を見せていただいて、ありがとう! 
大好きな女峰の女神様は 微笑んでくださいました。 


名残惜しくも、今来た道を戻りましょう。



何回目の渡渉かな
P1010604_convert_20150209205654.jpg
幸い、だれも水にはまることもなく、無事に通過。


雲竜溪谷入り口まで戻ったのが、10:37
風のない暖かく感じるような日差しの中、早めのお昼にしました。
たっぷり遊んだ割には、まだこんな時間です。 これにはびっくり。



その後、洞門岩でアイゼンなどの装備をはずし、あとはのんびり林道歩き。
帰り道はいつも切ない、だけど、楽しくお喋りしながら、ときおり、ツルっとしながら・・・・・



ゲートを経て、駐車場所まで戻ったのが、12:53  ゴール!!
P1010608_convert_20150209205756.jpg
(ここまで写真提供 トレッキングさん)


あこがれの雲竜瀑をこの目で見られて、本当に楽しい一日(半日?)となりました。
もうこの冬はこれでコンプリート?? っという感じになるほどの、充実感でした。
やまとそばさん始め、みなさん、ありがとうございました。


Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/725-4a03dd8c

Comment

やまとそば | URL | 2015.02.10 07:49 | Edit
今思い出しても楽しい一日、でした。
氷柱から水が流れるほどの温かい日でしたが、間に合いました。
皆さんと無事に行って来られて良かったです。
さてっ~と今週からスキー部再会、です~♪
Layla | URL | 2015.02.10 11:42 | Edit
おぉっ! もう書き終わってる~!w
私はようやく半分書き終えました。(;´д`)

雲竜剣の直下には立てませんね。
大氷柱の裏側でも私は岩ギリギリの後方にへばりついていました。
でもその風景は圧巻でしたね!

色々感動、楽しかったのですが、
皆さんとご一緒できたことも幸運でした!
トレッキング | URL | 2015.02.10 12:24
雲竜瀑スケールの大きさに感動するばかりでした。
たくさんの人達が訪れる人気スポットなのが解りました。
早く起きたせいか短時間だった割には戻ってから眠気が、どっと来ました。
天気の良い日に行けて良かったですね。
皆さんとご一緒できて楽しかったです。
スキー部、週末の天気が気になります。
ルンルン | URL | 2015.02.10 16:51
ちょっとした探検家の皆様ですね。
そんなすごいところにいったからこそ感じる感動を
共有できるのかもしれませんね。とっても羨ましい限りです。
ブルーのアイスカーテンは見てみたいな〜♪
みんなの笑顔が素敵です。
モモクリ | URL | 2015.02.10 18:16 | Edit
雲竜は不知友から燕岩、雲竜暴とまったく違った景色が続くので、それがたまりませんね。
上まで登って、大岩から先のY字峡に掛かる幾つかの滝を眺めると、ぞくぞくしますよ。来年かな?
chikoやん | URL | 2015.02.10 19:21 | Edit
お天気に恵まれた素敵な1日でしたね~。
氷の回廊にたどり着いた時の感動を思い出しました♪

あはは~。
でも~、稜線フェチな私。
青空に浮かび上がる、美しい女峰山の稜線に萌え萌えよっ。(^^ゞ
yuko | URL | 2015.02.11 07:13
やまとそばさん、こんにちは
ほんとにツララが溶けていました。隊長が「間に合った」というのは
実感でしょうね。それにしても、目配り、気配り、本当にさすがの隊長でした。
雲竜に行きたい~と最初に言った時の、隊長の微妙な顔、
「このメンバーで行くの?」みたいな(笑) 忘れません~
> さてっ~と今週からスキー部再会、です~♪
さぁ~、また弾けましょう! それ? 
yuko | URL | 2015.02.11 07:23
Laylaさん、こんにちは
> 雲竜剣の直下には立てませんね。
> 大氷柱の裏側でも私は岩ギリギリの後方にへばりついていました。
裏側、ほんとに怖かったですよね。みんな記念撮影していたけど、
あそこ、マジに斜めだし。って、帰り際の最後にはやっぱりポージングしちゃった(笑)
「7日、OKよ~」から始まったミッション、水落事故もなく、
完璧な準備の隊長の指揮の下、大成功でしたね。
yuko | URL | 2015.02.11 07:30
トレッキングさん、こんにちは
本当にたくさんの人出でしたが、人気の訳は十分わかりました。毎年訪れたいところですね。
行動は半日でしたが、私も午後はぐったり・・・・(笑)
いろいろお世話になりました!

> スキー部、週末の天気が気になります。
いよいよ、トレッキングさんの縄張りにお邪魔します~
朝も早いので、頑張らないとね。 スキーヤーの聖地、
プリンスホテルを真下に見る写真を見ると、なんかラグジュアリー感いっぱいですよね。
楽しみにしています!
yuko | URL | 2015.02.11 07:37
ルンルンさん、こんにちは
感動の共有、ほんとうにその通りです。誰もが笑顔、その中でも
やっぱり仲間と共に楽しめる、というのは、素晴らしいことです。
振り返れば、そこに笑顔とポージング?(笑)
実際は、沢の渡渉とか、ツルツルの斜面登りとか、いろいろ怖いことも
ありましたが、完璧な隊長の目配りがあったので、安心して行ってこられました。
yuko | URL | 2015.02.11 07:42
モモクリさん、こんにちは
不知友は遠くからでも見えて、溪谷に分け入り、まずは大感動・・・・
そこで終わらない、もっと先には、また違うパノラマが開けている、
という雲竜溪谷、思った以上に素晴らしい所でした。
上までって、トラバスするのですよね? 私には無理~。
大勢が登って行っていましたが、そこから黒岩滝が見えるのかな?
ぞくぞくする前に、びびってしまいます。
yuko | URL | 2015.02.11 07:49
chikoやん、こんにちは
氷の回廊にやっと行ってきました。期間限定に間に合った良かった。
想像以上に素晴らしい所で、これだけ人気があるのもよくわかった。
> 青空に浮かび上がる、美しい女峰山の稜線に萌え萌えよっ。(^^ゞ
稲荷川の合流地点からも、素晴らしい稜線が朝からばっちり。
Laylaさんがチェックしてましたよ~ いいよね、いいよね~、って。
赤薙山から、なおも遠い女峰山、私もいつかは歩いてみたい。
周回ルートを歩ける体力、つけたいな! 
あ、chikoやんなら多分大丈夫!、一回り下なんだもの。
Layla | URL | 2015.02.11 21:35 | Edit
ギョギョッ!
違いますよ!
「いいよね~」じゃなくて、「あれを歩くなんてすごいねぇ~」、
って言ってたんですってば。(;´д`)

いやぁ~、私には女峰は無理だと思う。
菅沼~白根~五色沼~菅沼の周回でバテバテですから。
志津側からなら挑戦したい気持ちもあるけど。。。

でも、yukoさんが「体力つけたいな!」って言うのをきくと、
「私だってがんばらなきゃ!」ってなんか勇気がわきます。w
ほんとに姉さんはさすがだなぁ。
yuko | URL | 2015.02.11 22:42
Laylaさん、いやいやぁ、ここで言うのもなんだけど
あこがれの稜線なのだから、行きたい~って宣言して目標にしましょ、と
いう事ですよ~ 
ずっと思っていれば、いつかは行かれる、はず。
まずは志津から登って様子見、次は赤薙まで行ってみるとかね。
いつもいつも眺めていただけの女峰山、雪が消えたら、今年もまた行ってみたい。
もしかしたら、大昔のリベンジをしたいのかもしれないな。
yosi | URL | 2015.02.11 23:07
こんばんは。先ほどやっとアップしました。
素晴らしかった!の一言に付きます。
氷柱と天候と、やはり隊長と隊員でしょ。
過去2回は林道歩きでいい加減いやになりましたが、この日はそんなこと全く無く。
ご一緒いただきありがとうございました。
また近いうちに!
yuko | URL | 2015.02.11 23:26
yosiさん、ブログアップお疲れ様でした。
長い林道もみんなで歩けば悪くない、な感じでしたよね。
あれだけ奥地に入るのだから、と後で地図を見ながら反芻しました。
それにしても送電線が気になった私、どこまで延びているのでしょうか。
渓谷の奥深さに圧倒された1日でしたね。
またご一緒出来るといいですね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ