半月の半分へ

夢のようだった雲竜溪谷から菖蒲に戻り、暖かな日差しの中、ビール片手に
のんびりと読書したりして過ごし、体力回復!


この週末、やりたいことは、あと一つ残っていました。 それは、新調した登山靴の履き馴らしでした。


山に雪にと苦楽を共にした登山靴、ものすごく履きやすくなっているけれど、なにせ3シーズン用、
お手入れ怠りなくしていても、1月の庵滝スノーシューでは、浸みはしないながらも、
少しの不安を感じるようになっていました。


ということで、思い切ってオールシーズン用を新調、時間をかけて選んだけど、
いきなり歩くのは心配なので、雲竜へは今までの登山靴で行きました。
幸い渡渉を繰り返しても問題なしでした。


翌日曜日、少しだけ歩いて帰ろう、そう思って奥日光の予報を見ると、11時ごろから雪、または雨。
早めに出て、2~3時間履いて歩いてこよう。


ということで、グッモーニン男体山 2月8日(日曜日)_1010834.jpg
なかなか結構な青空ですね。 全然早めじゃない8;00出発~


社山もいつの間にか、こんなに白くなっています。
_1010826.jpg
今日はどこまでいけるのか? 足が痛くなるかもしれないけれど、とにかく10時まで歩いて、引き返そう。


人っ子一人いない道を歩いていきます。 イタリア大使館公園も雪に埋もれています。
_1010838.jpg
道は圧雪路に雪がふんわり。


イタ大の浜辺に出ました。
_1010840.jpg


しぶきが凍ったものでしょうか。
_1010847.jpg
なんでこんなになるのかな?


面白いな。
_1010849.jpg


昔の船宿跡にできた、新しい別荘、今日も誰も来ていないみたい。
_1010860.jpg
除雪しながら、ここまで入るのは大変でしょう・・・・・
ここのすぐ先から、林道はゲート外となり、圧雪もされない道となります。


ほどなく、狸窪  半月峠への分岐です。
_1010868.jpg
ここまで40分、途中、写真を撮っていたりしたせいもあるけれど、
普通は30分くらいだから、やっぱり雪があると時間がかかるなぁ。


あれ、靴のこと、忘れてた!、というわけで、靴の調子も良さそうで、あと1時間はある、
半月峠(方面)へ行ってみようか。


トレースもそこそこ付いているので、とりあえずここからアイゼン装着、歩き始めます。


雪の深さは、ずぼっと埋まると膝上くらい、うまく行けば靴が埋まる程度、でまずまず。
スノーシュー持って来ればよかったよ~。 トレースの跡は アイゼンとスノーシュー入り乱れ。
つぼ足もあります。 半分ラッセルな感じで、きれいな林の中をゆっくりゆっくり登ります。


そこそこ登って
_1010872.jpg
少し曇ってきたかな? もう青空は見えなくなっています。


もう少し登ると、八丁出島が見えてきた。
_1010878.jpg
あらら、男体山のてっぺんに雲がかかってきた・・・・


おもいのほかラッセルに時間もかかっていたようで、ここまで30分、行程は多分、半分くらい。
通常だったら、狸窪から半月峠まで1時間なので、あと40~50分も登れば峠なのでしょうけど・・・・
_1010881.jpg
このあたりはちょっと平らで、歩きやすかったのだけど、天気も悪くなってきたので、引き返しましょう。
衣類の調節をして、お茶を飲み、いちご大福を食べ終わったら、10時、 あらら、男体山が見えなくなっちゃった。
と同時に、ちらほら小雪も舞ってきました。 まさに引き返し時ですね。


湖畔の道に着いたら、10:30  なんとなくほっとして・・・・ 雪は舞いつつも、幸い風はありません。
_1010899.jpg
アイゼン外して、あとはのんびり帰りましょう。 靴の調子は良さそうです。 良かった~
雪もそこそこ本降りになってきました。


しぶき氷を撮ったポイントも、うっすらと八丁出島の影が見えるだけ。
_1010904.jpg
社山も隠れてしまいました。



歌が浜に帰り着いて、11:15  山が見えないと、なにがなんだか~
_1010926.jpg



今日の雪は、レインウェアに付くと、すぐに水滴に。 気温が高くて湿っているようです。
_1010938.jpg
今朝は-2度だったし。



新しい靴は、3時間履いてストレスなし、当たり!ですね。
今日のミッションはこれにて終了でした~

       

Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/726-9a421291

Comment

Layla | URL | 2015.02.11 21:42 | Edit
社山、きれいですね。
イタ大浜辺の飛沫氷も小さいなぁ。
やっぱりあまり冷えてませんよね。

トレースの人たちは半月山まで行くのでしょうか?
白い中禅寺湖外輪山を見に半月山まで登ってみたいなぁ。


yuko | URL | 2015.02.11 22:50
Laylaさん、飛沫氷はここなのですか? 歌が浜にもあるのよね?
これからまだ冷え込み、強風、いろいろあるでしょうから、また行ってみたい。
この時期、来たことがなかったので、新鮮でした~
やっぱり少しは成長したかな?(笑)
半月のトレースはずっとついていました。 しばらく雪が降っていなかったので、
ばっちりでしたよ。 天気の様子をみながら、今度はもう少し上まで行ってみたいです。
茶ノ木平という手もありますね。
ルンルン | URL | 2015.02.12 17:00
yukoさん、こんにちは。
靴慣らしに半月峠まで~?もう、すご過ぎます。
途中のイタ大ぐらいまでなら行ってみたいけど、道具がないな。そのうち。
歌が浜まで歩いて飛沫氷を撮影したことがありますが、気応えありますよね。
数年前に歌が浜まで行くのに恐る恐る歩いたのを思い出しました。
その時も社山や白根山が真っ白で素敵でした!また見てみたいな~。
来年あたりは行けるかな(骨折の恐怖よりの脱却なるか)
モモクリ | URL | 2015.02.12 19:02 | Edit
山登りで一番大切なのは靴なので、フィットして良かったですね。
私はこれまでで、ピッタリ合った靴がないのでうらやましいです。
雪も湿ってくると、春も近いのかな?
ちょっとさみしい気もします。
yuko | URL | 2015.02.12 22:31
ルンルンさん、こんにちは
いや、半月は途中までですよ~、天気がよくて、時間があったら行きたかったけどね。
今回、半月分岐までの湖畔の道は、登山靴であれば大丈夫でしたよ。
もし怖かったら、手軽に靴に取り付けられる滑り止めもあるので、
そんなのも利用したらどうでしょうか。 
yuko | URL | 2015.02.12 22:34
モモクリさん、こんにちは
靴の履き馴らし、心配だったので・・・ほっとしました。
まだ固いけれど、3時間歩けたので、大丈夫でしょう。
今日あたり、東京はほんとに春らしくて、手袋がいらない陽気、でもまた明日は冷えるそう。
こうやって段々と春になるんですよね~、う~ん、ちょっとさびしいかも(笑)
やまとそば | URL | 2015.02.13 18:42 | Edit
雪遊びもそろそろ後半、ですね。
明日の苗場は大雪なので、またまたハンタマとなります。
メールしましたので宜しくお願いします。
yuko | URL | 2015.02.13 20:28
やまとそばさん、こんばんは
雪遊び、折り返したでしょうか。
また苗場に行かれませんね〜。残念!
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ