羽根つき餃子

だいぶ前のNHKの「あさイチ」の料理コーナーで、餃子が取り上げられていました。

みんなの大好きな餃子、よく作るけど、焼き方がイマイチ確定しない、焼きすぎたり・・・・・
番組を見て、普通の餃子の焼き方はすぐにわかりました。
蒸し焼きには、必ず熱湯を使う、ということでした。

そして・・・・最後に紹介されていたのが

「羽根つき餃子」 

これは、過去、自己流で何回も試みて、うまくいかずに諦めていたもの。
今回、番組を見てから、自分なりに何度か繰り返し、なんとか失敗無く作れるようになりました。 

ここから先は細かい手順なので、興味のない方は、見ないでね~(笑)


まずは、羽根になる「魔法の水」を作ります。
1_convert_20150225143655.jpg2_convert_20150225145143.jpg3_convert_20150225143748.jpg
小麦粉 大 1 をふるいます。
そこに 熱湯300ccを 2~3回に分けて注ぎいれて、丁寧にかき混ぜます。 
(小麦粉 1 に対して、熱湯 20 の割合、量を増やす時にはこの割合で)
小麦粉は溶けにくいので、必ず熱湯を使います。
よく溶けたら、そのまま冷ましておきます。 これで魔法の水の準備はできました。



餃子を用意します。 (なにしろ数が多いので、結構、雑・・・・)
4_convert_20150225151014.jpg
チルドでも冷凍でも良いですよ。



いよいよ焼きます。
適当な大きさのテフロンのフライパンに、軽く油を引いて、餃子を並べ入れます。
羽根がわかりやすいように、間隔を空けてあります。
5_convert_20150225151439.jpg7_convert_20150225151524.jpg6_convert_20150225151503.jpg
餃子を並べたら、さきほどの「魔法の水」を注ぎいれます。 
よく、蒸す水分は餃子の高さの 1/3 とか言いますが、これは 1/4 もないくらいかなぁ。
もう少し入れてもいいかもしれません。
フタをして、それから火を付けます。 中火~強火くらい、
ちょっとだけ中をのぞくと、こんな感じにグツグツしています。



魔法の水の水分が抜けてきました。 こんな感じ(一枚目の画像)に膜が張るようになってきたら、
火を弱火に落とし、ごま油を全体に回しかけます(二枚目の画像)
9,2_convert_2015031121503810_convert_20150311215303.jpg11_convert_20150311215320.jpg
ごま油は、小麦粉の膜に浸みて行きます(三枚目の画像)
このくらいになると、少しゆすると膜ごとフライパンから離れるのがわかります。
もちろん、餃子もくっついているので、慌てずに。



火加減は弱火程度で、このまましばらく様子を見ています。 
羽根付き餃子は、この小麦粉の羽根になる膜の色が好みの焼き加減になるまで、目で確認できるので、
羽根なしの普通の餃子のように、少しひっくり返して色を確認する必要はありません。



いい色に焼けてきました(一枚目) このくらいになると、ふちの部分の羽根が、
ひらひらと浮き上がるようになっています。
フライパンごと揺すると、羽根と餃子が一緒に動きます。
12_convert_20150311215338.jpg13_convert_20150311215354.jpg14+(2)_convert_20150311215410.jpg
皿に取り出すには、フライパンより一回り大きな皿を直接かぶせて、ひっくり返すのですが、
フライパンも熱いので、少々やりにくいですね。そこで、フライパンより一回り小さな直径のフタがあれば、
二枚目の画像のようにして、一度フタを乗せ、そのままひっくりかえし、次に皿にスライドさせて乗せます。
この方が簡単ですね。
パリッとした羽根がついた餃子が焼けました。



子供たちは、羽根から先に食べてしまいます。 美味しいです。
15_convert_20150311215428.jpg16_convert_20150311215444.jpg17_convert_20150311215501.jpg
もし、餃子の皮が余ってしまったら、こんな風に細切りにして、素揚げにすると、そのままでも、
また、サラダのトッピングにしても美味しく食べられます。



今回は、小さ目なフライパンで焼いていますが、蒸し焼き用のフタ、取り出し用のフタは必要です。
フタが用意出来るのであれば、どんなフライパンでも良いでしょう。

Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/732-b40433c4

Comment

モモクリ | URL | 2015.03.12 18:05 | Edit
お~~!やっとレシピ出ましたね。
羽根が焼けたサインになるのがいいです。
餃子焼くのが下手な我が家なので、早速試してみます。
yuko | URL | 2015.03.12 18:20
モモクリさん、お待たせしました(^^)
羽根の部分が、美味しくて、つい先に食べてしまいますよ。
手作りでなくても、行けますから、気軽に試してみてくださいね!
羽根なしの時には熱湯をいれてから、フタをして火をつけて蒸し焼き、
水分が減ったら、ごま油を入れて、焼き色を付けます。
晴れ | URL | 2015.03.12 22:17
あ、あー。自分がその見事な出来上がりにどこまで近く出来るのか?
挑戦あるのみです〜。
リンゴ | URL | 2015.03.12 22:47
料理上手のyukoさんが作る餃子は美味しそう~♪
あっ、やばい!
就寝前なのに食べたくなってきた(;^ω^)
ルンルン | URL | 2015.03.12 23:16
私にもできるかな?
なんたって新婚時代に失敗して以来、二度と餃子とシュークリームには手を出すまいと強く心に誓って今日まで生きてきました(笑)
せっかく美味しいレシピを教えていただいたんだから挑戦してみようかな〜?
Yuko さんは遊びも家事も全力投球で頑張りやさんですね。ステキです。
chikoやん | URL | 2015.03.13 08:54 | Edit
餃子って、子供たちが東京に行って我が家の
食卓から消えたメニューの一つです。
そして、餃子が大好きだったなおやん。
彼の人生の中での(笑)反抗期MAXだった時でも、
何をしてる時でも必ず手を止めて包むのを手伝ってくれた、
魔法の食べ物でした~。(*^^*)

ん~、次の変人会の宴は、羽根つき餃子?
包むの手伝うよ~♪(^O^)
yuko | URL | 2015.03.13 10:04
晴れさん、大丈夫!
ちゃんと手順を踏めば、ちっとも難しくありません。
私が何回か迷ったというのは、魔法の水の配合だったんです。
結局、放映されていた通りの配合が、やはりベストだと分かったわけで。
ぜひ、一度どうぞ。売ってる餃子でも美味しく出来るよ~
yuko | URL | 2015.03.13 10:06
リンゴさん、こんにちは
餃子は男性に人気ですよね~、ラーメン店に入ると、とりあえずビールと餃子、ですもんね
家庭の味もいいですよ。どうしても油分が多くなっちゃうけど、そこは数を控えてね。

Layla | URL | 2015.03.13 10:06 | Edit
熱湯ですか!?
そして餃子と魔法の水を入れた後に火をつけるのね。
ほぉぉ。
○人会で餃子!
いいですねぇ~、栃木だし。
キノコのおじさんはキャベツや白菜も作ってるかな?
食材から手伝うけど。w
yuko | URL | 2015.03.13 10:11
ルンルンさん、こんにちは
あはは、禁断の餃子、生涯作ることはないだろう!の餃子だったのですか。
どうですか、ここらへんで一回リセットしたら?(笑)
私たちには脂っこいから、たま~に食べるのもいいかもしれませんね。
遊びmax、の 私、ですねぇ・・・・・ 家事も遊び感覚で楽しめれば、と。
そう思うと、結構実験っぽくて楽しめます。 

yuko | URL | 2015.03.13 10:16
chikoやん、こんにちは
うう~む、目に浮かぶ、反抗期だけど 餃子は食べたいなおやんが、
いまより ちょっと若い母chikoやんと並んで、黙々と包む・・・・・
いいねぇ、男の子の子育ての思い出には、餃子は欠かせない、か(笑)
大量の餃子ねぇ・・・・ たくさん焼くと、羽根のスペースがなくなっちゃうんだわ。
羽根が美味しいのよね。 検討しましょ。
yuko | URL | 2015.03.13 10:22
Laylaさん、こんにちは
私も、熱湯か、水か、いつも迷っていてはっきりしなかったのが、今回でクリア~になりました。
水だと 熱くなる前に餃子の皮がふやけるそうです。
それじゃ、魔法の水は冷たくてもいいの? と思うけどね~、これはいいみたいよ(笑)
プロがやっていたからいいのでしょうね。
なんかもう餃子パーティの構想? 
初めは、おっしゃれ~なパーティ料理だったのが、どんどん居酒屋風へ?(笑)
キノコさんちの畑、なんでもありそうよ。

キノコの変なおじさんです | URL | 2015.03.13 18:58 | Edit
呼んだー?
なんでyukoさんがお姉さんで、同い年の私がおじさんなんだーww
白菜やキャベツは初冬にならないと、採れないよ。
まずは、初夏のジャガイモからかな?
でも、作っているのは奥さんです。
yuko | URL | 2015.03.13 22:17
> 呼んだー?
聞こえた? 地獄耳ですねぇ。
> なんでyukoさんがお姉さんで、同い年の私がおじさんなんだーww
同い年ではないですって、一つ年上ですよね~ 都合のいい時だけ、学年、学年(笑)
で、「変な」、とは言ってませんから。

> 白菜やキャベツは初冬にならないと、採れないよ。
> まずは、初夏のジャガイモからかな?
> でも、作っているのは奥さんです。
うう~、そうですね・・・・お店に行けば一年中手に入るから、ついつい。
じゃぁ、ジャガイモ料理ですね~ 奥さまによろしく~
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ