残雪ふたたび・・・・・会津駒ヶ岳

ちょうど一週間前の4月26日、至仏山に登り、大絶景に恵まれました。
29日には スキー部の納会で、快晴の志賀高原の横手山を滑り、志賀草津道路の雪の壁も見て、
さて、会津駒ヶ岳、天気は持つかな? と思っていたら、好天続きのこの連休、
行ってこられました、残雪再び、快晴の会津駒ヶ岳。



5月3日(日曜日) 会津駒ヶ岳登山
参加者 やまとそばさん、Laylaさん、私


集合場所のアルザ前の村営スキー場、雪もほとんど消えています。 春は確実に。
_1060338_convert_20150508100039.jpg


標高の関係か、歩き始めから暖かい感じ、上着もなしで出発します。
_1060341_convert_20150508100303.jpg


登山口の除雪はされていて、車でも登れる?わけはなく、途中からはたっぷりの残雪。
雪解け水がごうごうと流れています。
_1060355_convert_20150508100458.jpg


なるほどね~、車道ではない登山道、ショートカット
_1060364_convert_20150508100940.jpg


さくさくと登っていくと、ほどなく
_1060367_convert_20150508101456.jpg


おなじみの木の階段、この辺までは余裕です。 まだ登ってないじゃん
_1060375_convert_20150508101823.jpg


会津駒ヶ岳、山の形をみるとわかるけど、たっぷりのボリュームの大きな山、
上の方こそ、池塘があったりなだらかだけど、立ち上がりはすごい、というわけで、
のっけから急登です。 見覚えのある夏道をどんどん登り・・・・
_1060377_convert_20150508102504.jpg


途中からアイゼン装着。 さぁ、いよいよ。
_1060379_convert_20150508102837.jpg


朝のうち、白っぽかった空も、目に染みる蒼に、ほんとに目に沁みます。
汗が止めどもなく流れて、目に入る~(笑) これはやまとそばさんのような鉢巻、いるな。
_1060381_convert_20150508103147.jpg


かなりの急登です。 くだりは降りられるのか? 
_1060382_convert_20150508103346.jpg


息をつきながら、上を眺めて、しばし現実を忘れて・・・・・
_1060388_convert_20150508104620.jpg


ううう~、つらい!!、 なんだか体が重い、体調悪い? もしかして寝不足か? と言い訳ばかり頭に浮かんで・・・
_1060390_convert_20150508104041.jpg


と、燧岳の双耳峰が見えてきたことに気付く
_1060394_convert_20150508105156.jpg
急に、ちょっとだけ力が湧いてきます。


右手には駒に続く白い稜線が。
_1060396_convert_20150508105631.jpg


苦しいながら、確実に標高を上げてきていることだけが 励みに・・・・・
_1060403_convert_20150508110313.jpg 


森林限界あたりから。 駒の小屋にはよらずに、まずは斜面をトラバスして山頂へ向かいます。
雪があると、こういうコース取りができるんですね。
_1060410_convert_20150508112158.jpg


もう、一歩一歩よろよろと、多分Laylaさんも相当つらい・・・・・
_1060411_convert_20150508113023.jpg


だけど、広い広い真っ白な世界、大好き! ここに自分がいることだけでも、嬉しい!
_1060414_convert_20150508113536.jpg
はるか昔の20歳のころ、お正月休みに八方尾根の黒菱小屋に泊まり、スキーをしていたころ、
朝、目覚めて、眼前の真白い山の稜線に魅せられたことを思い出しました。
山登りの原点かも。


でも、今はこうして、自分の足だけで、ここまで来ている、満足感。
_1060416_convert_20150508120220.jpg


山スキーにヘルメットにピッケル姿、日に焼けた半そでの元気なお兄さんたちに先を譲り・・・・
_1060422_convert_20150508120430.jpg


振り返れば、Laylaさん、ポーズ取ってくれる。 さぁ、あと少し頑張ろう。
_1060426_convert_20150508121348.jpg
最後の胸突き八丁、堪えました。よれよれです。しかも上からは、軽装の人たちが 思い思いに
歓声を上げながら、滑り降りてくるし・・・・ はぁ・・・・あと少し!


山頂、着きました。 雪に埋まっている標識、見たかった~、上に座りたかった~、と思ったのか、
お兄さんが登ってる(笑) 真似したい気分だけど、見るだけ(笑)
_1060428_convert_20150508122638.jpg


山頂です。 おめでとう!
_1060431_convert_20150508123258.jpg


風はそよそよ心地よい。景色を見ながらお昼ご飯を。
_1060433_convert_20150508123328.jpg


もちろん、そうはならないで、まずは撮影タイム~
_1060446_convert_20150508123430.jpg
_1060448_convert_20150508123501.jpg


中門岳  たおやかです。
_1060449_convert_20150508123526.jpg


越後駒と中の岳  至仏山からもよく見えました。
_1060450_convert_20150508123554.jpg


圧巻はやっぱり燧岳と至仏山、間に尾瀬ヶ原、素晴らしい景観です。
_1060435_convert_20150508123359.jpg
残雪の燧岳、登ってみたい!! と思ったら、この写真を見たトレッキングさん、3日後に登って来たそうです(笑)
う!!、羨ましいぞ!


とんでもないTシャツ姿のLayla さん、決まってます。
_1060459_convert_20150508123635.jpg


誰もが笑顔になるよね。
_1060464_convert_20150508123705.jpg


お見苦しいので、小さく(笑)
_1060467_convert_20150508123736.jpg


山頂で、ぞんぶんに撮り、休み、体力も回復したので、そろそろ下りましょう。
白根山、日光連山を眺めながら、まずはヒップそりで~
_1060478_convert_20150508123839.jpg


駒の小屋に寄りました。 駒の大池もすっかり雪に覆われています。 この季節ならではです。
お兄さん、お姉さんにご挨拶もできたし、トイレも借りられてホントに助かります。
ここで、半年ぶりの例の用事も済ませ、名残惜しいけれど、下山しましょう。
_1060485_convert_20150508123913.jpg


なんだか不思議な雲。
_1060490_convert_20150508123944.jpg


林の中でも、できる限りソリで降りていきます。雪はぐずぐずなので、それほどスピードも出ない・・・・けど、
_1060497_convert_20150508124011.jpg 


勢い余って、こんなところにまで滑り降り~(笑)
_1060501_convert_20150508124040.jpg
怪我がなくて、よかった!


急斜面が終わると、いよいよ雪道ともお別れ。 アイゼンを脱いで、どんどん下る、と、あっという間に木の階段。
登りに5時間かかったのに・・・・なんだかあっけない。
_1060504_convert_20150508124135.jpg


ジャン、やったね!、とLaylaさん
_1060507_convert_20150508124202.jpg



残雪の会津駒ヶ岳、自分自身にとって、かなりハードルは高かった~
なにより、駒ヶ岳自体が私にはきつい、雪があるのが楽な部分もあるかもしれないけれど、
山頂まで行けたのは、なんと言っても、やまとそばさんとLayla さんの励ましがあったから。
本当にありがとうございました。 絶景、忘れません。
朝早くから、大充実の一日でした。


帰り道、駒の湯、ならぬ、燧の湯では、やまとそばさんのお友達にばったり。
ご主人の雪焼けしたパンダ顔に、思わず笑ってしまったけれど、お互いによい一日を過ごせましたね。
お風呂で解散~、お疲れ様でした。


さて、長期休暇となったこの連休、当初はやらない予定だったサンルームの床張り、夫っとが頑張ることになりました。
駒に行く前に、材料は買ったものの、 買い足すことになり、桧枝岐の帰り道、藤原と日光のホームセンターに寄り、
菖蒲に着いたのは、夜の8時半、出発は朝の3時半、いやぁ、人間頑張ればできるんだね。


快く山に行かせてくれた夫っとのためにも、床張りを手伝わなくちゃ。


え、これからまた会津にも行くんだった・・・・ できるのか?床張り・・・・・


Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/752-37919407

Comment

Layla | URL | 2015.05.09 11:03 | Edit
ホールインワン、撮ったなぁ~。w
最後のドヤ顔写真もありがとうございます。w
でもほんと、ドヤ顔にもなりますよね。
辛かったけど、よく頑張ったと思う。←自分で言う。w

私にとって今回の会津駒は yukoさん無しには考えられなかったし、
最後のひと押しをしてくれたやまとそばさんにも感謝です。
お天気も味方してくれて、最高の初残雪会津駒になりました。
また一緒にどこかへ行きましょう!!

そのためにも床張り頑張ってねぇ~!w
夫っとさんにもよろしく~!!


やまとそば | URL | 2015.05.09 15:17 | Edit
GWは至仏と会津駒に登り、横手山で春スキーと存分に雪遊びが楽しめました。
今年はお天気が良かったので、何時になく充実した日々でした。
この日も快晴・無風~暑すぎたかもしれませんが皆頑張りましたね。
山頂~の景色が最高~でした。
今度もまたみんなで楽しみましょう~♪
ルンルン | URL | 2015.05.09 20:35
yukoさん、ハードル高い連休ですね。
今回はすごい迫力で駒ヶ岳制覇、おめでとうございます。
頂上の絶景が眺められるのも登ったたからこそ。
私には絶対に見られない景色ですよ。いいな~♪
写真で楽しませていただきました。
トレッキング | URL | 2015.05.09 20:40 | Edit
残雪期の会津駒ヶ岳良いですね。
山頂に小屋が有るのは何か安心感が有って良いですね。
天気にも恵まれてヒップソリも楽しそうです。
燧ヶ岳からも会津駒ヶ岳がよく見えましたよ。
積雪も豊富で45°の斜面を1人ヒップソリで爆走(笑)
この時期の燧ヶ岳もお勧めです。
yuko | URL | 2015.05.09 21:01
Laylaさん、
> ホールインワン、おめでとう!ってw
すいーっと吸い込まれましたね(笑)
まぁ、笑い話になったからよかったし、
もっと深い穴でなくて幸いでした。
本当は私もビクビクで、どこでギブアップになるかとおもったけど、
ギブアップする機会を逃して上まで行った?のが真相です。
ともあれ、本当に最高な1日になりました。またでかけましょう!









yuko | URL | 2015.05.09 23:04
やまとそばさん、こんにちは
このGW,本当に珍しくよいお天気が続きましたね。おかげで全ミッションが終了~でした。
GWが終わった途端、雨となりました(笑)
山もスキーも存分に雪と戯れて、充実の日々、最後の会津駒では、もちょっと休憩したかった~
上で立ち止まって待っているやまとそばさんのところまで、やっとの思いで着くと、
すぐに出発~(笑)の繰り返し、でもそのおかげで、なんとか山頂までたどり着きました。
お世話になりました。また行きましょう。
yuko | URL | 2015.05.09 23:13
ルンルンさん、こんにちは
え?迫力ですか? そうかな?今回はもう必死の覚悟でしたから、それ?(笑)
ありがとうございます。やっと登ってきました。
会津駒は、まだこれで三回目、少しだけ山の様子がわかってきたかな?というところです。
雪に覆われた山頂の様子は(至仏山も含めて)格別なものがありました。
お花や紅葉の時期も素敵ですが、私は残雪期、好きだなぁ。
yuko | URL | 2015.05.09 23:19
トレッキングさん、こんにちは
(笑)あれ?予定では???でしたよね? 
音沙汰ないので、どうされたかな?と思っていたら、沼に宿泊でしたね。
さすがに、すごいですね~、燧岳からの爆走、いやぁ、怖そうですが、45度??
来年は、行くぞ~!!と心に決めました。
どんなふうに雪に覆われているのか、興味津々。

Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ