八重山の風に吹かれて  <与那国島編 最終回>

_DSC1080.jpgシルクの与那国花織



8月16日日曜日
楽しい時間はあっという間に過ぎて行き、いよいよ明日は帰る日、与那国で過ごせる最後の一日となりました。


朝の内に、祖納を散歩してきました。
_DSC0923.jpg

_DSC0931.jpg

_DSC0824.jpg

_DSC0839.jpg
島唯一の ふくやまスーパー



元気になったMちゃんと一緒に、みなで三女の家へ。
_DSC0151.jpg
あ、また来たの? ゴンが言っているみたいです。


Mちゃんは、ゴンとは初対面。
_DSC0955.jpg



三女の家は、お義父さんが1人で島豆腐を作っています。 本当は豆腐作りが見たかったけど、
暗い内から作るということだし、今日は日曜日、お休みです。
_DSC0186.jpg



島豆腐の型
_DSC0154.jpg



内地の豆腐とは違って、しっかりとした島豆腐、うすい塩味は、海水を使って作っているからです。
_DSC0156.jpg



このかまどはお餅用、
_DSC1176.jpg
行事にかかせないお餅も、作ります。



さて、今日の午前中は、すぐ裏にある 「花ゆり工房」で 与那国織りの体験をしてみることになりました。
_DSC0965.jpg



織り機の構造は複雑だけど、簡単な操作で、ちゃんと模様も入るようになっています。
_DSC0985.jpg



YUIも真剣に作っています。
_DSC1022.jpg


 
織った布は、きれいにストラップにしていただきました。
_DSC1170.jpg



綿糸と違って、繊細な細い絹糸で織った花織り、 糸の染料は、すべて与那国の自然素材だそうです。
_DSC1124.jpg


_DSC1155.jpg


_DSC1149.jpg




与那国で過ごした三日間、なんだか夢のようだったなぁ・・・・・




_DSC1204.jpg



ポークと島豆腐のゴーヤチャンプルー、そしてまたじゅーしぃと八重山そばをお昼にいただいてから、
午後は、少し曇り空のナーマ浜で、最後のシュノーケルを楽しみました。




なんだか切ない・・・・・・もう旅も終わりなんですね。



すっかり荷造りを終わらせてから、夕飯は、久部良の居酒屋へ。
fc2blog_2015082611005425b.jpg
最西端の居酒屋だそうです。 海響、と書いて、いすん、と読みます。


大騒ぎの夕飯を終えると、空は満天の星、このまま戻るのも寂しいので、
また東崎に 星を見に行きました。

浦野墓地群を抜ける海沿いの道、本当にまっくらな、漆黒の闇は、なかなか経験できません。
車のヘッドライトに浮かび上がる、与那国馬のシルエット・・・・・・
馬たちは、闇の中で、静かにたたずんでいました。
ガサゴソ、 音がした! 大きなヤシガニが ワシワシと歩いています。

同じ時間が流れているとは思えない、与那国での日々、

最後の夜が更けていきます。




8月17日月曜日

いよいよ与那国島ともお別れです。  
婿さんも仕事を抜け出して、見送りにきてくれました。


恒例の6人写真
_DSC1217.jpg


_DSC1229.jpg

_DSC1245.jpg

_DSC1232.jpg


_DSC1262.jpg


_DSC1270.jpg


中学のころからの友達、Mちゃん、熱を出したのは残念だったけど、一緒に旅行できて、楽しかったね!
たくさんの気配り、ありがとう!
_DSC1275.jpg


お義母さんとおばあちゃんも、見送りに来てくれました。
_DSC1319.jpg


しっかりと島に根を下ろした末っ子の三女、みんなに好かれて友達もたくさん、
介護士として地域に溶け込み、頼りにされ、なにより、一家のかなめとして、日々頑張っています。
それが親として、なにより嬉しかった・・・・・



KUNI も
_DSC1249.jpg


HINAも
_DSC1257.jpg


YUUSAKUも、みんな可愛い! 元気で大きく育ってね。
_DSC9227.jpg



そんな思いで後にした、与那国島、
_DSC1333.jpg


ばいば~い! また会いましょう!
_DSC1335.jpg

fc2blog_2015082811342745d.jpg


Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/771-ee6e26dc

Comment

ルンルン | URL | 2015.08.29 23:49
流れる時間はまたたく間でしたね。M ちゃんも織物や郷土料理も楽しめたようですね。毎日、盛りだくさんの充実したお楽しみがどれも新鮮でしたね。6人のいとこ達も年に数回しか会えなくっても、すぐ仲良しになれますね。最西島という離れた与那国島をしっかり目に焼き付けているyuko さんの涙が見えるようです。楽しかった分、より別れは辛くなりますね。今度は東京で会える日を・・・ですね。

最後はホロリとしてしまいました。
yuko | URL | 2015.08.30 07:44
ルンルンさん、こんにちは
思い返しても、夢のような数日間、よくぞあんなに遠いところに住んでいる、と、
地図を見るたびに思います。でもそんな考えは傲慢なのかもしれません。
自分たちの島の良いところを、みんなが感激していて、KUNIも嬉しそうでした。
もう夏も終わり、HANAたちは「あー、もう、学校行きたくなくなったよ〜」なんて
言ってますけどね。
またお金を貯めて、夏には与那国島!行きたい!
次回は最南端の波照間島も見てみたいね!と盛り上がってます。
波照間島は石垣島から船で行けるんですよ。
Layla | URL | 2015.08.31 00:24 | Edit
やっぱりゴーヤチャンプルーにはスパムですよね!
っていう話じゃなくて。w

思い出深い旅行になりましたね!
初めて与那国に来た時はあーだった、こーだった、
と一生語り継がれることでしょうね。w

たくさんの島の体験ができ、美味しいものも食べ、
yukoさんもHANAちゃんたちみんなも本当に良かったですね!
私もおじいちゃんの島豆腐食べた~い!!

yuko | URL | 2015.08.31 14:43
Laylaさん、こんにちは
台風に閉じ込められることが昔から多かった沖縄、保存食品を上手に使った料理が名物にになったとか。
そういう意味でも、 そうめんチャンプルとか、缶詰のポークは、便利なんでしょうね~
スパム、私はちょいと敬遠していたのだけど、やっぱり、チャンプルには合います!
ということでたまに作る時には、スパムを使うことにしました。

今、ドクターコトーブーム真っ最中、島の風景がたくさん出てくるので、見ていて楽しい。
北の国から の 南国版、かな。

HANAは、「ああ、もう学校行きたくな~い、与那国行きたい~」だそうです。
それだけ印象も強烈、忘れられないのでしょうね。

Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ