秋色の尾瀬 1

_1090040.jpg




連休も終わり、みんな23日には東京へ帰りました。

が、私は居残っています(笑)  仕事の取引先へお願いして、木、金曜日、お休みさせてもらい、
もう少し、秋を楽しませていただいています。

東京へ帰る夫っとを駅まで見送り、その足で、桧枝岐村を目指しました。


9月の大雨で、日光市も甚大な被害を受けました。 連休前に東武特急は復旧しましたが、
国道121号線は、23日の時点では、まだ通行止めが続いていました。
龍王、川治あたりに大きな被害が出ていて、
福島方面に行く迂回路は、大笹牧場を経由して、川治温泉を越えて、121号線に戻るルートです。

川治ダム周辺の被害はないものの、121号線に入り、三依あたりでは、所々路肩がくずれ、
道幅が狭くなっていたり、道路わきの沢が、土砂で埋まっていたり、たくさんの個所で
被害を目の当たりにしました。

福島に入ってからも、もう水は引いていたものの、川筋には、流木や洪水のゴミが積み上げられていました。


今日は、ゆっくりと御池ロッジまで入ります。
山に行くときに、前日の睡眠が大きく影響する私、とてもとても車中泊などは出来ないので、
贅沢だけど、日程を取って、前日は泊まるようにしています。 もう年ですから、無理はできません。

事前に何回も天気予報をチェック、泊まった日も宿でチェック、よし!24日は晴れマーク、登山指数もAだ、と
安心していましたが、どうやら、急速に天候は変わったようです。



9月24日(木曜日) 燧ヶ岳登山 単独


燧ヶ岳の登山道は、現在3通り、そのうち1番好きなのは御池からの登山道、
そこで、戸倉や大清水経由で入れば近い尾瀬だけど、わざわざ桧枝岐村からエントリーしました。


朝5時15分
_1090007.jpg


まだ薄暗い山道を黙々と登ります。
_1090012.jpg

 

少し登ったところで、向こう側から吹いてくる風が、妙に生暖かい、
天気が良くないサインですが、空はしっかりと高曇り、
_1090014.jpg



ひと登りで広沢田代に出ました。御池からの登山道が好きなのは、ここや次の熊沢田代が、
まるで登りのご褒美のように現れるから、
_1090018.jpg

_1090036.jpg



広沢田代を過ぎて、またひと登りで熊沢田代に入ってきました。
燧ヶ岳がまるで手に届くように近く見えます。
_1090062.jpg
二つある池塘に挟まれてベンチもあり、のんびりしたいところですが、写真を撮るだけで先を急ぎます。



_1090084.jpg




ここから先は以前来た時に、ぎっしりと雪の詰まっていた急峻な谷を直登、
_1090087.jpg



去年の7月27日には、まだこんなに雪が詰まっていました。
_1770843.jpg



尾根筋に出ると、こんな風に見通せます。
右側に最初の広沢田代、そしてさっきまでいた熊沢田代、二つの池塘が見えます。
そして、その上あたりの灰色の点は、御池ロッジの建物です。 はるか正面には、会津駒ヶ岳。
_1090106.jpg




そして、右側に目をやると、日光連山が見えてきて、テンションも上がってきます。
_1090099.jpg
う~ん、きれいだ!  日光連山が見えると、やっぱり嬉しい。



このあたりで、すでに9合目、ずいぶん登ってきました。
そして、シャクナゲロードが現われて、
_1090107.jpg



ふと、右側に目をやると・・・・  キター!!!
_1090108.jpg
いつのまにか、こんなに登ってきたんだ、と感動、燧ヶ岳の最高峰、柴安嵓です。 



ほどなく、巨岩がゴロゴロの、俎板嵓に着きました~  やった~!!
_1090111.jpg
うぁぁ~、絶景です。 尾瀬沼の向こうには、日光白根山も見えます。 三日前にはあちらから見ていたんですね。



3日前、日光白根山から見えた燧ケ岳、双耳峰の右側が、俎板嵓、左が山頂の柴安嵓、
今、私がいるのは、俎嵓です。 
_1080813.jpg
見る場所によって形を変える燧ケ岳、このすっきりした双耳峰が、一番素敵です。



そして、俎板嵓から、柴安嵓越しに、尾瀬ヶ原と至仏山、
_1090120.jpg
前回、雲に隠れていたので、ここからきっちりと尾瀬ヶ原を見られるのは、初めてです。
風は強いけど、意外にも展望が良くて、良かった~



そして・・・・・ 21日に火災で全焼してしまった、沼尻の休憩所をアップで。
_1090112.jpg
痛ましい限りですね。
連休中の昼時の火災、たくさんの人が休憩していたことでしょう。



風も強いので、とりあえず写真を撮ってもらったら、
_1090124.jpg



柴安嵓に向かいます。 ちょうど中間点くらい。
_1090125.jpg



ひと登りで、燧ヶ岳山頂に着きました。 2356Mです。
_1090129.jpg



前回、見ていない尾瀬が原をここから見てみましょう。
_1090130.jpg



青空でないので、映えませんが、尾瀬ヶ原もすでに秋の色ですね。
_1090135.jpg
今は閉鎖されている見晴新道、このロープの先なのかな? 本当に直登コースだったのですね。
一度登りたかったなぁ~



帽子も飛ばされそうな強風、とりあえず記念写真をお願いして、
_1090138.jpg
岩の陰でちょっと休憩したら、下ることにします。



再び、俎嵓目指して登りかえし、ほとんど山頂手前で、分岐があります。
←ヌマ(長英新道経由で尾瀬沼方面)   ←ハラ(柴安嵓経由で尾瀬ヶ原方面)  ←ミイケ(御池方面)
といった簡素(笑)な、岩にペンキで書かれた分岐ですが、これが重要。
私が下るのは、ヌマ、です。



分岐からすぐ。 まだちょっと早いけど、色づきも始まっています。
_1090148.jpg
左端に見えるミノブチ岳を目指しています。



ミノブチ岳の手前に、今度はナデックボに降りる分岐、今日はここを下ります。
_1090152.jpg



最上部より。 登山道最短コースのナデックボは、登りが2時間、下りが1時間20分、
_1090153.jpg



まるで奈落の底に落ちるような感じ。 真下に見える沼めがけて、まっさかさまか?
_1090157.jpg



でも、ジェットコースターではないわけで、ただ、急傾斜、岩や石がゴロゴロ、笹が深く積もって、
うっかりすると踏み抜く・・・・・という 神経を使う山道、 平日だし、誰も通らないよね?と
思ったら、意外にも4人、登ってくる人とすれ違いました。
下りは、さっき、最上部で追い越したオジサマに、 とうとう追い越されることなく、沼まで。



単独行の時には、ことさら怪我がないように、気を使いますが、ここの道はまさにそれ!
ひたすら、慎重に慎重に、捻挫したりしないように、ひたすら慎重に・・・・・・



苦闘1時間20分、 CTぴったりで、沼畔に到着です。
_1090159.jpg
平らな道に出て、さすがにほっとしました。


_1090160.jpg



振り返れば、
_1090166.jpg
真ん中のちょこんとした三角がミノブチ岳、その左に直登するような、ナデックボ道、
なかなか面白かった~、 今度は登ってみようかな。



そして、すぐ前に、全焼した、沼尻休憩所の残骸がありました。
_1090171.jpg
少し離れたところにあるトイレは無事だったけれど、小屋から電力の供給を受けていたため、
ここも使用できないそうです。 また、沼南岸道も通行禁止になっていました。
国立公園内の、建物の再建は、規制が多くて、難しいと聞いています。
本当に素敵な場所に建っていた沼尻休憩所、ただただ残念。


時間は11時半前、歩き出しから、もう6時間もたつので、ここからはのんびりします。


林の中をゆっくりと。
_1090174.jpg

_1090173.jpg

_1090186.jpg


今日は久しぶりに見晴に泊まります。
子供たちが小さいころ、泊まったきりなので、泊りはほぼ30年ぶりでしょうか。


見晴に着くころには、雨が降り出してきました。


CT
御池登山口 05:15 ~ 広沢田代 06:04 ~ 熊沢田代 06:51  ~  7合目 07:30 ~8合目 08:07
俎板嵓 08:34  ~   柴安嵓 09:00 ~   分岐 09:40 ~   ナデックボ分岐 09:53 ~ 沼尻 11:19
見晴 14:00
沼尻まで 6時間04分



Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/780-9f0bbb0e

Comment

やまとそば | URL | 2015.10.01 21:22 | Edit
尾瀬~行かれましたか。
草紅葉の良い時期でしたね。
ただ先日の大雨で御池までの通いなれた道が崩壊した後を通る(見る)気がしなくて…(汗;)
会津駒と燧は今年はパス、かな?
yukoさんのレポで楽しみます。
晴れ | URL | 2015.10.01 23:16
タイトルを見て、いつ行かれたのかと思いましたよ^o^連休中だったんですね。秋色なんだけど、それは美しさを感じて嬉しいんだけど・・・ちょっと切ない感じがしました。
yuko | URL | 2015.10.02 00:34
やまとそばさん、こんにちは
帰路には、121号線は開通していました。随所にまだ爪痕が残っていて、自然災害のものすごさを
肌で感じました。遊びの帰りに通らせていただいて、申し訳なかったです。

草紅葉はきれいでしたが、日の光が足りなくて、鮮やかさには欠けました。
今年はあまり山に登れなかったので、駆け込み、で行ってきました。

yuko | URL | 2015.10.02 00:42
晴れさん、こんにちは
みんなが働いている時に遊びに行くって、ちょっと罪悪感がありますね(汗)
あっという間にもう10月に入り、すでに秋も短かったような気がしています。
やはり秋は切ない、ですね~
トレッキング | URL | 2015.10.02 20:29 | Edit
わぉ!御池から燧ヶ岳行って来ましたか
しかもナデッ窪から下りましたか
やっちゃいましたね。素晴らしい!
ハラ方面は下りて行けないんででしょう。
4月の残雪期に燧に登ったとき山頂で一緒に成った方がナデッ窪から降りると言って先に出発しましたがけっきょく長英新道経由で戻って来ました。
そうか見晴らし経由で戻ったのですね。
なんとも素晴らしい事です。
yuko | URL | 2015.10.02 22:31
トレッキングさん、こんにちは
どうしても燧ケ岳に行きたくて、頑張りました(笑)
青空は望めなかったけれど、意外にも展望はよかったんですよ。
山頂からの尾瀬ヶ原を初めてみました。
見晴新道は、今後も復旧の予定がないようで、廃道になる可能性もありそうです。
ナデックボは、まぁ、ひたすら、という感じで、だらだら登るのが意外に嫌いな私には
案外良かったかな? 下りだったからかも(笑) 平日でも登ってくる人がいて、驚きました。
いずれにしても、残雪期には、厳しいでしょうねぇ。その時期に行かれたトレッキングさん、尊敬です!

Layla | URL | 2015.10.10 12:32 | Edit
結局今年も行けませんでした。(ToT)
お天気には逆らえませんでしたね。
けど、今年はみんなで雪の至仏にも登ったし、
御池から沼を一周できたし、
尾瀬も徐々にハマって行きたいと思います。

私も燧ヶ岳山頂から沼や原を見たいよ~!(^O^)
姉さんすごい~!!

大雨での道路崩壊や、沼尻休憩所の火災。
いろいろありますが、
早く復旧して、以前と同じように登山者、観光客が
たくさん訪れるようになることが一番ですね。
yuko | URL | 2015.10.10 16:56
Laylaさん、こんにちは
では、来年は残雪の燧ケ岳に(笑)
燧ケ岳から原を見られたのは初めてでした。やっぱり景色が良いと楽しいです。
そうですね~、 私も今年の夏はいろいろあったので、あまりあちこち行かれませんでした。
だけどそれなりに充実していましたよ。尾瀬もまたぼちぼち行きましょうね!

行きたいところがいっぱいで、ほんと、大変ですねぇ。
年々、気候が激しくなっています、来年は大きな災害が起こらないことを祈りたいです。




Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ