秋色の尾瀬 2

_1090201.jpg
雨の朝、 見晴にて



昨日の夕方から降り出した雨、夜の間もずっと降り続き、朝早く起きたものの、雨音を聞きながら、
また布団にもぐっていました。



今回泊まった弥四郎小屋、見晴の一番端にあります。 
_1090193.jpg
昨日は、雄大な見晴を望める、という お風呂に入りました。
そこそこ空いていたので、個室に入れましたが、少々寒かった~(笑)  部屋には暖房はありません。
ダウンを着こんで、毛布にくるまって、談話室(も寒かったので)にあった コミック本 「岳」 を読破。
たまには、こんな時間も悪くない。



今日は燧裏林道を帰るだけなので、のんびりと7時過ぎに出発です。
_1090198.jpg



小屋のすぐ前の分岐、左は尾瀬ヶ原をまっすぐ、私は、右へ行きましょう。
_1090207.jpg



雨が意外にしっかりと降っているので、しばらくはカメラはリュックにしまっておきました。
滅多にレインウェアを着て歩く、ということはないので、前回はいつ着込んだのかなぁ?
温泉小屋まで来たら、体もほどよく温まり、一枚脱いで、先へ進みます。



雨は降ったりやんだりしているようだけど、木々の葉っぱについた雨粒が落ちて来ます。
_1090210.jpg
静かな裏林道。
昨日は、沼へ戻って、大江湿原を見て帰ろうか、と一瞬思ったけれど、やはりこちらへ回って良かった。



雨の林の中を黙々と歩く。 案外なにも考えてない、ただ歩いているだけだけど、
そんな時間が愛おしい。


カメラをしまっていたので、写真も撮れずに黙々と。


静かな静かな燧裏林道、とっても好きだなぁ。 そんな気持ちで歩いていると、やっぱり
ソロの人とポツリポツリとすれ違う、ここは、あまり大勢で歩くところではないのかもしれません。


裏燧橋まで来ると、約半分過ぎて、ここからは、薄暗い林を抜けて、明るい田代が連続して現れます。


通行止めになっている、渋沢温泉小屋との分岐を過ぎると、まずは天神田代。
タイミングよく、雨も止んできました。


明るい気持ちになってきた~
そうしてこういう処には、ナナカマドの赤い実もたくさんあるのです。
_1090234.jpg



こちらは、ムシカリの赤い実、
_1090249.jpg実は良く似ているけど、葉っぱがちがいますね~
葉もほどよく紅葉してきました。


_1090245.jpg



天神田代、西田代、横田代、ノメリ田代、と連続して現れるので、どこがどこやら~(笑)


_1090261.jpg



そして、上田代、ここからは、平が岳が良く見えますが、今日はもちろん雲の中。
_1090272.jpg
一年前の9月27日、私はお隣の会津駒ヶ岳に行っていて、その間、夫っとが、ここ上田代のベンチで、
大満足の昼寝をしていたそうな。
この日は、そうです、御岳山がまさかの噴火をして、尊い命がたくさん奪われた日、
下山して、そのニュースを聞いた時の衝撃を思い出しました。



もう一年ですね。



御池も近くなってきました。
_1090278.jpg



そしてほどなく、ゴール!
_1090309.jpg


時期的には、草紅葉もあと少しかなぁ、という感じでしたが、目的は燧ケ岳に登ること、
幸い、雨になる前に登ることも出来て、大満足。


御池ロッジでお風呂にも入り(ここはとても清潔な上、ドライヤーもいいものが置いてあるので、お気に入りです)
ゆっくりと帰路に着きました。


帰り道、栃木県に入ってくると、国道121号線、通行止め解除とのこと。
おそるおそる通ってきましたが、一番被害の大きかった個所は、日塩もみじラインの交差点のすぐ手前、
片側一車線の道路が、半分近く無くなっていました。


そのほかにも、山側の沢が土砂で埋まり、片づけられたばかり、という状態で、おそらくやっと開通した、
といったところでしょうか。


三依あたりの道路、および、周辺は一見被害もないようにみえますが、以前立ち寄った
三依渓流釣り場
豪雨で、相当の被害を受けられたそうです。 早期の復旧をお祈りしています。


この日、四国からの出張帰りに日光にやってきた夫っと、最終のスペーシアで到着予定でしたが・・・・
埼玉の駅での人身事故で、大幅に遅れ・・・・・・ なんと、到着は午前1時半過ぎ、
いったん、家に戻ってから迎えに出た私は、駅で2時間以上も待つ羽目になりました。 
でも!、待っているだけなんだから、雨の被害に比べたら・・・・ と、思い直し。


連休も終わりました。

Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/781-1cbdf8dc

Comment

ルンルン | URL | 2015.10.03 00:32
私が泊まった山小屋は第二長蔵小屋でした。弥四郎小屋のコーヒーを飲んで寛いだんですよ。まだ骨折する前だから元気に早朝撮影を楽しんだんでしたが・・・
すごいですね。山に慣れているyukoさんだからひとりでも何の不安もないんですね。うらやましいな~。あの先が三条の滝ですごかった道もひとりで行ったんですものね。尊敬してしまいます。足元にも近寄れない私・・・。
ナナカマドの水滴が素晴らしいです。御池までのコース素敵です。いつか行けるようになったら歩きたいコースです。
yuko | URL | 2015.10.03 19:47
ルンルンさん、こんにちは
いえいえ、不安だらけですよー、1人だと地図も飽きるほど見るし、
朝も早く出ないとと、と焦るし(笑)
特に急な所でなくても、どこにでも危険は潜んでるのは、
ルンルンさんもよくご存知ですよね。
本当はあまり人が来ないところに、行ってはいけないのでしょうが、
尾瀬はやはり平日でも人の気配はありますから、ちょっとは安心です。
燧裏林道は、いいですよー、お気に入りです。
余裕を持って歩けば、尾瀬ヶ原とまた違った良さがあります。
いつか是非。
Layla | URL | 2015.10.10 12:37 | Edit
雨は残念でしたね~。
でも、雨には雨の過ごし方があるって感じで、
良い時を過ごせたようですね。

帰路のしっとりした景色が美しい。
特に前のエントリーから、ナナカマドの赤い実が、
背景まできれいでステキです。
ムシカリやゴールの落ち葉&木道の色合いもステキですね!

yuko | URL | 2015.10.10 16:40
Laylaさん、こんにちは
朝起きた時にはがっかりしたのですが、歩いていたら、案外、雨も楽しい、と
思えたのは、収穫でした(笑)滅多に泊りで行かないので、雨予報だと
歩くこともなく、だから新鮮。
草や木には、恵みの雨ですもんね。
ただ、帰り道には、同じ雨の爪痕を見ることになりました。
何事もほどほどに・・・・
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ