足尾 ・ 晩秋

_DSC3605.jpg
久しぶりに訪れた足尾、 バイパス道路から望む「古河掛水倶楽部」



11月20日(金曜日)


先週は東京にいて、2週間ぶりとなった日光、
今朝は、あいにくの霧の立ち込める湖畔です。
_DSC3546.jpg



予報では曇り・・・・だけど思ったよりずっと天気は良くないみたい。
出来たら、社山でも行きたいなと思っていたけれど、これでは・・・・・
_DSC3568.jpg
でも、こんな天気で、本当はちょっとほっとしたのです・・・・・



先週は、東京で一つの訃報が届きました。 
あまりにも突然のことで、茫然・・・・・ 



少し気持ちを落ち着けようと、いつもより一日早く日光に行くことにしました。
やみくもに歩いてみれば、いいかもしれないな、と用意はしてはみたものの、
あまり気持ちは前向きになれず・・・・・



取り合えず、行先は、久しぶりの 「足尾」 に決めました。
足尾地区は、以前、気に入って毎週のように通ったところ、一通り見て回ったので、
その後はしばらく遠ざかっていました。



足尾の町の手前で、バイパスに入り、まず、目に入ったのは、わたらせ溪谷鐵道でした。
_DSC3614.jpg
ちょうど、パノラマカーの 「わっしー号」が走ってきたのに出くわしました。

 

この左側に、冒頭の写真の 「掛水倶楽部」 があります。
掛水、というのは、地名ですが、足尾銅山を経営していた 古河鉱山の迎賓館として建てられ、
今は公開されています。 和洋折衷の素晴らしい建物で、庭園もきれいなところです。
_DSC3608.jpg
ここで渡良瀬川は大きく湾曲しています。



しばらく行くと、鉄橋の上から、足尾の町を遠望できる所にでました。
_DSC3626.jpg
手前には 立派な小学校が見えます。
そして、正面にそびえる 「備前楯山」 が、銅の山、ここが銅山の舞台です。
備前楯山は、向かって左側の方から林道が延びていて、ちょうど裏側の舟石林道から
歩いて4~50分、簡単に登れます。 
銅山の時代には、亜硫酸ガスの影響で、はげ山になっていましたが、植林が進んでいるのが見られます。



足尾の詳しい歴史はここでは書ききれませんが、江戸時代に発見され、昭和48年に閉山するまで、
長い歴史がありました。 最盛期の人口は4万人弱だったとか、ほとんど信じられないほどの賑わいだったことでしょう。
東照宮や江戸城、上野の寛永寺を始め、様々な建造物、さらには、寛永通宝から始まって、銅銭の材料となったのも、
ここ足尾の銅だそうです。 最盛期の明治後期~大正時代には、東洋一の産出量を誇っていました。
日本一の銅山と、公害の原点、足尾には、本物の歴史が凝縮されています。



いたるところで、使われなくなった建物や工場を見ることが出来ます。
_DSC3644.jpg
左の建物は、変電所、川の左岸には、青のトタン屋根の社宅が並んでいます。




反対側の右岸沿いにも、社宅が並んでいました。
このような社宅は、昔は町中に立ち並んでいたようですが、今は一部が残るのみとなっているそうです。
_DSC3649.jpg




私は実は、「廃墟好き」、とは言っても、大したことはないのですが、こういう「廃」には惹かれるものがあります。
_DSC3662.jpg




先ほど見えた社宅のあたりに来てみました。 今も人は住んでいる様子が見られます。
_DSC3668.jpg



社宅は長屋形式で、4戸~6戸がつながっているようです。
_DSC3673.jpg



当時、社宅は、水道、トイレ、風呂場は共同、 さらに、電気代、水道代、家の補修、畳替えまで全部が会社もち、
_DSC3657.jpg



社宅のそばには、集会所、道場、矢場、テニスコートからプールまでが備えられていて、
古河鉱山は、福利厚生にかなり力を入れていたのですね。
こんな山奥にあるものの、かなりの先進的な都会だったようです。



_DSC3688.jpg


さっきの変電所の通りに戻ります。 すぐ脇には、わたらせ溪谷鐵道の線路と、廃工場。
_DSC3707.jpg



もちろん、立ち入り禁止です。
_DSC3701.jpg
廃工場ツアーでもやってくれないかなぁ。



線路の方に上がって行くと、ちょうど、電車がやってきました。
_DSC3725.jpg



資料館に立ち寄ってみます。
_DSC3729.jpg
谷あいの狭い場所に、たくさんの店舗がありました。
明治42年の人口は 26873人、大正時代になると、3万代を超え、大正5年には 38428人の記録も残されています。
栃木県内では、宇都宮に次ぐ大都会だったわけです。

ちなみに、現在の人口は2200人ほど、与那国島よりは多いです。
先ほどの写真に写っていた小学校、と 隣接する中学校、合わせて、児童生徒数は70人、
単純計算では各学年10人にも満たないようです。 
おそらく、高齢化が進んでいるのでしょうね。




足尾地区から、山沿いに入った間藤(まとう)地区には、精錬所があり、ここには本山小学校というのがありました。
最盛期には、数千人の児童がいた、というので、驚かされます。  平成17年に閉校されました。
_DSC3730.jpg
間藤の旧本山小学校、以前に訪れた時、立派な校舎に巨大な体育館もあって、圧倒されましたが、
閉校した学校、不気味な雰囲気で、とても1人では行かれません。



お昼も過ぎて、お腹もすいた~  通洞駅ちかくの「さんしょう屋」でお昼ご飯を。
_DSC3739.jpg



数年前、備前楯山に登った帰りに、ここでお昼を食べました。 
名産の 山椒をたくさん使った 「から揚げ定食」が美味しかったので、今回も同じものを。
_DSC3738.jpg
鶏肉も柔らかくて、山椒の香りが引き立ち、生野菜には、山椒ドレッシング。
手作りを売っていたので、迷わず購入しました。



腹ごなしに、ブラブラと街歩き、 きれいな花屋さんがあったけど、
_DSC3740.jpg
全体的に、やはり寂しい街並み・・・・・・



寛永通宝をかたどった 「足字銭最中」、ガイドブックに出ていたので、買おうと立ち寄ったけど、閉まっています。
どうやら、ずっと閉まっている・・・ようで、表戸もたててありました。 残念。
_DSC3741.jpg


_DSC3743.jpg



「足尾駅」に寄ってみました。 このあたりは、無人駅も多くて、ここもそうです。
_DSC3749.jpg



自由に構内に入れるので、写真を撮っていたら、・・・・・
_DSC3755.jpg鐵道と写真にやたらと詳しいおじさまが話しかけてきて、しばし、カメラ談義(笑)
どうやら桜のころが最高のようです。 溪谷鐡道に乗る時には、下りは右側に座ること、
線路は川の左岸に沿っているからだそうです。



そんなこんなで、また電車がやってきました。
_DSC3762.jpg



天気は一日中曇りでしたが、幸い、ほとんど降られることもなく、意外に楽しく一日を過ごしました。
足尾は、精錬所のある本山地区も見ごたえ十分なので、またいつか行ってみたい所です。


Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/796-65d87662

Comment

ルンルン | URL | 2015.11.25 07:35 | Edit
おはようございます。
足尾の紀行文として、素晴らしい流れるような文章に感銘していました。
近いけど、今のバス事情では時間が足りませんね。でも一度はゆっくり歩く足尾だと思います。
過去の栄華が薄れた今こそ、新しい活性のある街になれるといいですね。
layla | URL | 2015.11.25 13:22 | Edit
yukoワールドですねぇ〜。
いい雰囲気が出ていて、本当にビックリします。
どうしてここでシャッターを切ろうと思えるのか、
考えながらみていると、私には理解できなくて面白いです。w
いや、いい意味ですからね。
センスが違うのだろうなぁ、と感じます。
足尾の歴史も興味深く拝見できました!
yuko | URL | 2015.11.25 20:56
ルンルンさん、こんにちは
コメントありがとうございます。足尾のルポ(笑)本当はあっさりと終わらせようと思ってましたが、
書くうちになんだか熱くなってしまいました。好きなんでしょうねぇ、
世界産業遺産登録を目指している、と言うことだけど、なかなか難しいようです。
やはり過去の公害も問題も大きいのでしょうね。

機会があったら、ご案内しましょうね。写真に撮りたいところがたくさんありますよ。
(って、私だけかな?笑)
yuko | URL | 2015.11.25 21:11
Laylaさん、こんにちは
コメント、ありがとうございます。
私的ワールド全開ですか?(笑)やはり好みの場所に行くと夢中になってしまいますね。

> どうしてここでシャッターを切ろうと思えるのか、
> 考えながらみていると、私には理解できなくて面白いです。w

ですよね~、というか、なんでここを?と、よくカメラの仲間にも思われてますから(笑)
やはり「廃」が前提になっているからかな。
そういう意味では、足尾は実際には非公開のところが多くて、ちょっと残念なんですよ。
それでも、まだまだ見るところもたくさん残っていて、奥が深いです。
また、松木渓谷にも行ってないし。ここも別の意味で奥深いです。。


Layla | URL | 2015.11.26 14:18 | Edit
あ、足尾や廃墟を撮る理由がわからない、という意味ではないのですよ。
たとえば、一番上の写真で枯れ落ちたようなサクラ?の葉を前面に持ってくるとか、
社宅の写真で物干しざお?をドンと真ん中に持ってくるとか、
そういう所ですね。
そして、それらの写真にとても興味をそそられるのです。
まぁ、私にはできません。

yuko | URL | 2015.11.26 15:33
Laylaさん、こんにちは
あはは、物干しざお、ですよね~(笑) 向うにいる猫ちゃんを撮ろうとしたら、
どうしても物干しざおが入ってしまい・・・・ ついでに向うをぼかした・・・だけです。
まぁ、水滴も付いているから、いいっか、ってね。 
トップの写真、主役はなにか、というところですね、まぁ、感覚的に・・ 

トレッキング | URL | 2015.11.28 20:21
足尾の写真懐かしいですね。
むかしむかし日光に通っていた頃は、
関越道も高速道路もなかったので日光は大間々(今の緑町)から足尾の町の中を走り抜けて(足尾バイバスも出来て無く)日足トンネルも無かったので今のトンネルの手前から峠を抜けて奥日光に遊びに行ってました。
町の中の様子や工場跡も昔と変わっていないですね。
思いで探しに足尾も散策して見たく成りました。
yuko | URL | 2015.11.29 08:34
トレッキングさん、こんにちは
以前の様子は知らないまでも、足尾は多分あまり変わってないのだと思います。
それにしてもトレッキングさんの日光通いは、年季物!
バイパスはわかるけど、日足トンネルもそんなに前からはなかったのですね〜、
もっとも、夫は昔の日光の路面電車やケーブルカーに乗ったと言ってますから、
今の60台なら、その辺りは知ってるんだ!と。大間々から来て、峠を越えて、さらにいろは坂、
日光は奥地ですね〜

Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ