雲竜瀑を見に行こう!2016 <前編>

31.jpg


今年も雲竜瀑が氷結する季節がやってきました。

だけど・・・・・・温暖化による暖冬で、日光の気温は高く、雪も降らないままお正月を迎え、
一体今年の雲竜はどうなるのだろう・・・・・と危ぶまれていましたが、 1月になってまとまった雪も降り、
各地のスキー場もオープン、そして順調に気温も下がり、どうやら雲竜瀑も見に行かれるらしい・・・・ということで、
行ってきました。


2月7日(日曜日) 雲竜瀑を見に行こう!!2016
参加者 やまとそばさん、トレッキングさん、yosiさん、モモクリさん、Laylaさん、私

季節限定の雲竜瀑、年々人気も高まり、ツアーもたくさん出ているので、早出が肝心、
なにしろ、凍りついた林道のなるべく奥に停めたい、とは、誰もが思うところです。
ということで、7時過ぎには、現地に到着!、無事に、奥の方に停めることが出来ました。
何しろ、滝尾神社あたりに停めたら、結構傾斜がある林道を延々と歩くことになります。


ということで、出発~!  ヘルメットとアイゼンが必須ですが、まだ使わずに・・・・・
なにしろ、ここからも長~い林道歩きが始まるのです。
IMG_1004_convert_20160209155819.jpg
(photo by トレッキングさん)


つづら折りの林道を、時々ショートカットしたり、
P2070179_convert_20160209160603.jpg
(photo by yosiさん)

ちょっと日が差してきた~と、喜んでみたりして~
IMG_5410zzz_convert_20160209160746.jpg
(photo by やまとそばさん)


稲荷川展望台に到着  まだまだ雲は切れてくれません。予報は晴れ、なんだけどなぁ。
_DSC5185.jpg


そして、なおも、延々と林道を歩くと、洞門岩に到着しました。
ここからは、沢に降りて行くので、アイゼン、ヘルメットを着用
_DSC5190.jpg
あら? 空の雲が切れて、所々青空がのぞき始めましたよ。
ということで、いよいよ! テンションも上がります。

IMG_5415zzz_convert_20160209164211.jpg
(photo by やまとそばさん)

向うに白い稜線が見えてきました。
_DSC5197.jpg



荒々しい山懐に分け入って行きます。
_DSC5204.jpg


沢を渡り
IMG_1646mb_convert_20160209155933.jpg
(photo by Laylaさん)


_DSC5208.jpg


急傾斜を登りきると・・・・
_DSC5209.jpg


雲竜溪谷入り口の展望台に到着しました! 真ん中あたりに、友知らずの氷瀑が見えてきます。
_DSC5219.jpg


いよいよ入溪です。 凍りついた階段を慎重に下り・・・・・
IMG_5442zzz_convert_20160209170010.jpg
(photo by やまとそばさん)


沢を渡り・・・・・
_DSC5221.jpg


友知らずの氷瀑群に到着です!
IMG_5455zzz_convert_20160209170109.jpg(photo by やまとそばさん)

P1040162_convert_20160209180926.jpg
(photo by トレッキングさん)


私たちの入溪を待っていてくれたかのように、この辺りから、一気に空が明るくなり
_DSC5239.jpg


見上げたり、
_DSC5255.jpg


沢の流れを見たり、
_DSC5260.jpg


なかなか先に進みません。
_DSC5267.jpg


廊下状の友知らずを過ぎ、いよいよ核心部へ分け入ってきました。
_DSC5271.jpg


女性のクライマーが取りついています。かっこいい!
_DSC5277.jpg



そして、核心部へ  向うの大きな氷瀑が雲竜瀑です。
_DSC5281.jpg


左側の廊下状のところに登り、雲竜瀑をバックに収めます。
_DSC5285.jpg

33.jpg


P1040184_convert_20160209181012.jpg
(photo by トレッキングさん)


何かの標識が凍りついていました。
_DSC5288.jpg


上部の岩盤から沁みだす水が作り出す芸術、美しいですが、怖い所・・・・です。
_DSC5292.jpg


正面が雲竜瀑本瀑です。 さすがの高度感、これでも、例年に比べると小さ目だというのですから。
_DSC5296.jpg


頭上を見上げると・・・ 怖い! 自己責任の世界です。 日陰とはいえ、気温が上がれば、落ちる可能性もあるのです。
_DSC5300.jpg


明るい所に出てきて、一安心。 さぁ、今日は本瀑にもっと近づきますよ。


Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/817-5ae99534

Comment

やまとそば | URL | 2016.02.09 20:38 | Edit
先日はお疲れ様でした。
天気に恵まれ楽しい一日となりました。
今年は温かめで氷柱の成長も遅めだったかもしれませんが、十分満足出来ました。
2週続けての雪遊び~良かったですね。
また宜しくお願いします。
Layla | URL | 2016.02.10 13:38 | Edit
やっぱり28パワーは偉大だぁ~!、という一日でしたね。w

天気予報に反してあの曇り空にはがっかりでしたが、
その後の霧氷、そして晴れ渡ってきた空には感動でした!
氷も思った以上に成長していて、
行くことができて良かったですね~!
yuko | URL | 2016.02.10 16:13
やまとそばさん、こんにちは
本当に、2週連続、感動の山行でした。
氷瀑は小さ目なんですか? 私には十分大きくて立派に見えました。
それに、当日、核心部に着いてからの青空には 本当に感動ものでしたね。
風もなく、真冬にしたら暖かく感じられるほど、素敵な一日となりました。
yuko | URL | 2016.02.10 16:17
Laylaさん、こんにちは
前日に引き続いて、お疲れ様でした~
肝心なところで青空~の2日間でしたよね。 
そうか!!28パワー×4 でしたか!
いい時に、みなさんとご一緒出来て、感動を共有、それが一番うれしかったですね。
私には、氷瀑、大きいと思いましたよ。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ