雲竜瀑を見に行こう!2016 <後編>

9.jpg
雲竜本瀑



去年は本瀑へは行きませんでしたが、今年は行ってみよう!

もちろん、高巻をしていきます。これが当然だけどなかなかの急傾斜
_DSC5308.jpg


ふと、見下ろすと、さっきまでいた燕岩の氷の神殿があんなに下に!!
_DSC5309.jpg


大勢の人が入っているので、そこそこステップはありますが、やはり怖いな
_DSC5312.jpg


本瀑の下部に着きました。 ここは要するに滝壺なので、少し平らになっていて、大勢の人が休んでいます。
_DSC5314.jpg


いつの間にか、空はこんなに晴れ渡り・・・・・
_DSC5321.jpg


暖かい日差しが降り注いでいます。
_DSC5322.jpg


本瀑横の崖にのぼり、・・・・
_DSC5325.jpg


絶景を楽しみます。
P1040206_convert_20160209183524.jpg
(photo by トレッキングさん)



立っているところは結構狭いのです。
P2070225_convert_20160209183718.jpg
(photo by やまとそばさん)


少し下に下り、安全なところで、まったりとランチタイム
1_convert_20160209183812.jpg(photo by Laylaさん)


本瀑をバックに~
_DSC5332.jpg


6人勢ぞろいで撮っていただきました。
IMG_1007_convert_20160209183135.jpg


記念写真も撮ったし、そろそろ下山開始~
結構な高度です
6.jpg



下山路も渋滞~
_DSC5358.jpg


と、思ったら
_DSC5368.jpg


遊んでる~
P1040217_convert_20160209183600.jpg
(photo by トレッキングさん)


さぁ、氷の神殿ともそろそろお別れです。
_DSC5372.jpg


今年の燕岩の見納めです。
7.jpg



_DSC5391.jpg


氷の廊下を通って~
_DSC5392.jpg


氷の階段を登って
_DSC5410.jpg


展望台へ戻ってきました。
_DSC5415.jpg


たくさんの人が下山し、それを上回るほどの人が入山していきます。
_DSC5419.jpg


洞門岩まで戻り、アイゼンをはずしました。
_DSC5426.jpg


稲荷川展望台からの眺め
_DSC5434.jpg


楽しかった一日を振り返り~
_DSC5437.jpg


お疲れ様でした。
P1040237_convert_20160209183633.jpg
(photo by トレッキングさん)



駐車場に戻ってきて、解散~、だったけど、念願の 「まったりとお茶タイム」にも行かれました。

楽しい一日をありがとうございました。

Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/818-62a2673e

Comment

Layla | URL | 2016.02.12 22:02 | Edit
本当に楽しい一日をありがとうございました!
これ、何回も言ってますね。w
でも、そのくらいいつも一緒に良い経験をさせていただいて、
感謝してますよ~!

yukoさん、途中でレンズを広角に替えましたか?
ダイナミックでいい感じに撮れてますよ~。
私ももっと広角レンズの効果的な使い方を勉強しよ~!
yuko | URL | 2016.02.13 11:35
Laylaさん、こんにちは
いやいや〜、本当にそんな感じでしたよね。こちらこそお世話になりました!
今回は、初めから広角ズームでした。18〜35だったかな?でも、後で見てみたら、18で撮ったのが多かったですね。
なので、人物はかなり寄って撮りました。ただ、周辺の歪みはちょいと問題かなー?
下から見上げるようにするとそうなってしまいますね。
いつもの望遠もザックに入れてあったんですが、結局出しませんでした。
久しぶりに広角を使えて楽しかったです〜。
のんびり夫婦の山遊び | URL | 2016.02.13 13:37
yukoさん、こんにちわ!
皆さんとの雲竜渓谷、素晴らしい氷柱群と氷瀑を
楽しまれましたね。
ここの友知らずの氷柱群、本漠のスケールの大き
さ、本当にビックリポンですよね。
本漠の下まで上り、見上げるとその凄さにさぞ
感動されたことと思います。
天気が良く、最高の雲竜渓谷でしたね。
yuko | URL | 2016.02.13 20:22
のんびり夫婦の山遊びさん、こんにちは
昨年行った時は本瀑の下まで行かなかったので、今回は感動ものでした。
幾分小さいと言われていますが、私には十分にすごいスケールで、
麓から見上げた雲竜渓谷は、女峰の山懐の奥深さをしみじみ感じました。
お天気にも恵まれたので、本当に素晴らしい1日となりました。
今年はどうもお天気が予測できませんが、ある内に、氷瀑を見に行ってみてくださいね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ